『転職の魔王様』千晴(小芝風花)に最大の危機が!「すごく大きな試練の回」

公開: 更新: フジテレビュー!!
『転職の魔王様』千晴(小芝風花)に最大の危機が!「すごく大きな試練の回」

『転職の魔王様』第10話より、小芝風花さんのコメントが到着しました。

成田凌さん主演・小芝風花さんヒロインの月10ドラマ『転職の魔王様』第10話(9月18日/カンテレ・フジテレビ系)が放送されます。

このドラマは、「転職の魔王様」の異名を持つ、毒舌敏腕キャリアアドバイザー・来栖(成田)が、求職者の仕事や生き方への悩みを辛辣(しんらつ)な言葉で一刀両断しながらも、働く自信と希望を取り戻させる、心ゆさぶる“転職”爽快エンターテインメントです。

求職者たちの人間ドラマはもちろん、未経験者の転職限界年齢や、求人票に掲載されない“裏スペック”の存在など、転職エージェントの知られざる舞台裏が描かれ、さらに、出世や、逆マタハラの現状など、会社を舞台に次々と勃発する問題の描写がリアルだと話題に。

また、荒治療ながらも、求職者たちに自分の本音と向き合わせる“魔王”こと来栖の導きが、心に刺さるとの感想も。

第10話では、これまで少しずつ明かされてきた来栖(成田)と千晴(小芝)の知られざる過去が明らかになります。

千晴が「シェパードキャリア」に来る前、ある雨の日の出来事…。「シェパードキャリア」の看板猫・タピオカがつないだ2人の出会いとは――。

『転職の魔王様』のシーン

求職者一家の思わぬトラブルに巻き込まれた千晴(小芝)は…

第10話に登場する求職者は、家族のため給料2倍を希望する求職者・矢吹健一(高橋光臣)。

収入について妻が何気なく発した一言がプレッシャーとなり、「給料を今の2倍にしたい」と熱望する、家族思いのサラリーマンです。

今回、“魔王”来栖(成田凌)が不在のため、健一を1人で担当することになった千晴(小芝風花)は、これまでの経験を活かして健一に異業種への挑戦を提案しますが、実は転職は本人の一存。転職先が決まってから伝えて家族を喜ばせたいという理由だったが、それがのちに妻の怒りを買うことになり…。

今回の見どころのひとつは、「シェパードキャリア」の大阪支社設立を機に来栖から独り立ちした千晴が、1人で求職者と向き合うところ。

“魔王”を見返すと、やる気をみなぎらせる千晴でしたが、求職者の矢吹健一が転職を家族に内緒にしていたことから雲行きは徐々に怪しくなり、夫が転職活動をしているなど知るよしもなかった妻の江美里(大西礼芳)の怒りの矛先は、担当アドバイザーである千晴にも…。

『転職の魔王様』第10話に高橋光臣がゲスト出演
左から)高橋光臣、小芝風花

そんな千晴の集大成ともいえる姿を描いた第10話の放送を前に、小芝さんからコメントが到着しました。

『転職の魔王様』のシーン

『転職の魔王様』第10話は、9月18日(月)22時より、カンテレ・フジテレビ系で放送されます。

<小芝風花 コメント>

『転職の魔王様』のシーン

――――これまでの放送を終えて、周囲の反応は?また、前クール『波よ聞いてくれ』(テレビ朝日)のミナレ役とのギャップに驚く視聴者が多いと感じます。

そうですね。そういう声を一番多くいただいております。千晴は、前クールで演じたミナレと真逆のタイプなので…「あ、同じ人だったんだ」というのは、よく言っていただきますね。とてもありがたいです。

あとは、『転職の魔王様』の放送が進むにつれて、千晴が少しずつ明るくなって、少しずつ成長しているとか、来栖とのコンビ感含め、細かい変化に気づいてくださる声もいただいて、ドラマを楽しんでいただけているんだなとうれしく思います。ありがとうございます。

―― 印象的な放送回、ゲスト出演の方をあえてあげるとすると?

やっぱり、マモ(宮野真守)さんですね(笑)。いろんな意味で強烈でした。

普段、バラエティ番組でご一緒させていただいている人と、ドラマの現場でご一緒できるのが、まずうれしかったです。

あとは、八王子というキャラクターが強くて…(笑)。マモさんご本人も、とても明るい方なので、現場がめちゃくちゃ楽しかったです。撮影中、スタッフもキャストもみんなずっと笑っていましたね。すごく印象に残っています。

――ここまで千晴を演じてみていかがですか?

台本上でみると、千晴が急に人との距離が近くなると感じることがあって。仲間の一員となり、仲良くなっているという表現だとは思うのですが、急に馴れ馴れしくなったり、少しキツめに感じたりするときは、そのちょっとしたセリフのニュアンスに気をつけました。

千晴の良さは、とにかくまっすぐで、人に対して親切でまじめだと思うので、千晴らしさは崩さないように、監督と相談しながら、セリフのニュアンスを調整したりしていました。

例えば、彼女ならこのワード、この言い回しは、この段階では言わないんじゃないかなとか。前半で少しずつ積みあがった来栖さんとの関係性、距離が少しずつ縮まっていって、それがドラマ後半につながっていくように意識しました。

――2023年も半分以上過ぎましたが、どんな日々でしたか?

一言でいうと…怒涛(笑)。怒涛でしたが、一番は、お芝居を頑張りたいと思っていて、また、明るい役だけはなく、いろんな役柄に挑戦して、演技の幅を広げたいと思っていたので、そういう意味では今年は本当にありがたかったです。

まず、交通課の警察官の役を演じて、『波よ聞いてくれ』で爆発して、また今度は『転職の魔王様』で、真逆の自分に自信がない千晴と…いろんな役柄を演じることができて、ありがたい年でしたね。

お芝居が好きなので、役をいただいて、その役について考えたり、現場で演じられるというのは、ありがたいなと思った日々でした。

――第10話の見どころ、視聴者へのメッセージをお願いします。

第10話は、「家族にとっての転職」というのが、大きなテーマだなと思います。

転職して喜ばせたい、驚かせたいという思いがあっても、生活をともにする家族に内緒にしていいものではない。「転職」は、人生の大きな決断であり、分かれ道なので、特に家族がいる場合、自分一人の問題じゃない。確かにそうだなって再認識した回でもありました。

また、千晴にとってすごく大きな試練の回です。これまで、いろんな求職者が登場しましたが、今までとはまた違った求職者の悩みや葛藤が描かれています。

また、嵐と千晴、2人の出会いも明かされますので、ぜひ注目していただけたらうれしいです。

公式HP:https://www.ktv.jp/tenshokumao/

公式X(旧Twitter):https://twitter.com/tenshokumao

公式Instagram:https://www.instagram.com/tenshokumao

PICK UP