八木勇征 堀夏喜の言葉に“胸アツ”「もっと頑張ろうってモチベーションになる」

公開: 更新: フジテレビュー!!
八木勇征 堀夏喜の言葉に“胸アツ”「もっと頑張ろうってモチベーションになる」

八木勇征さん(FANTASTICS)が、メンバーの素顔を明かしました。

4月18日(火)スタートのドラマ『ホスト相続しちゃいました』。カンテレ・フジテレビ系火曜23時に新設される、30分の全国ネット連ドラ枠「火ドラ★イレブン」の、第一弾として放送されます。

叔父の遺言で、突然、歌舞伎町のホストクラブ「MAJEST(マジェスト)」を相続することになった、広告代理店に勤める本橋久美子(桜井ユキ)。

直樹(三浦翔平)、Masato(八木)、夜空流星(宮世琉弥)、神童ルイ(鈴木ゆうか)ら、ひとくせもふたくせもあるイケメンホストたちとともに、つぶれかけのホストクラブを立て直していくオリジナルストーリーです。

八木さん演じるMasato(まさと)は、「MAJEST」 のナンバーワンホスト。危険な香り漂う、オラオラ系男子です。負けず嫌いで、オーナーの座に躍り出た久美子を目の敵にします。

フジテレビュー!!は八木さんにインタビュー。作品や役柄の魅力、お芝居に対する思い、好きだという“妄想話”について聞きました。

<【写真8枚】この記事の写真を見る>
<桜井ユキが歌舞伎町のホストクラブのオーナーに『ホスト相続しちゃいました』放送>

八木勇征が見つけた、アーティストとホストの共通点とは?

――出演オファーを受けたときの心境を聞かせてください。

僕自身、お芝居の経験がたくさんあるわけではないので、与えていただいた役に、一生懸命取り組もうと思いました。そして、いろいろな作品で活躍されている皆さんと共演させていただけることが、すごく光栄です。楽しんで作品を作り上げることができたら、と思います。

――撮影に備え、キャスト陣でホストクラブを見学したそうですね。

もう圧巻でした!“エンターテインメント”です。僕は普段、FANTASTICSとしてライブも行っていますが、ステージを作ったり見たりしている側からしても、ホストクラブはエンターテインメント性に富んでいるな、と思いました。

ホストの皆さんが、目の前のお客さんを楽しませることに、100%の力を注いでいる姿を生で見て、そう感じました。ジャンルは違えど、お客さんに楽んでもらって、幸せな気持ちで帰ってほしいと思うところは、僕たちと同じだと思います。

――ホストクラブの見学以外に役作りはしていますか?

僕のなかでは、ホストのイメージってROLANDさんが圧倒的に強くて。ROLANDさんのYouTubeなどを見て“ホストとはどうあるべきか”ということを学びました。また、ホストにもいろいろなタイプの方がいて、みんな個性豊かだということも知りました。

――八木さんが思う、Masatoの魅力を教えてください。

Masatoは我が強くて、すごく頑固です。でも、家族思いな一面もあります。お店では、お客さんにどんどんシャンパンを入れさせますが、その分、接客でちゃんと幸せな気持ちにしてあげる。根はすごくピュアで、いい人というイメージですね。

――Masatoと自身が、似ていると思う部分はありますか?

スマホゲームに課金してしまうところ!Masatoの趣味もスマホゲームなので、気持ちはわかります。でも、Masatoみたいに「ガチャ回して、経済を回そう」と思っているわけではなくて(笑)。僕は、目当てのキャラクターがほしくて、ついつい課金しちゃいます。

サウナに入れば、世界が平和に!?「頭のなかで争いがなくなる」

――本作への出演について、FANTASTICSメンバーからの反応はいかがですか?

ちょうど今、ライブツアー中なので、メンバーは「体調崩さないように頑張って」とか「ドラマ面白そうだね」と言ってくれています。本当に、体調だけは崩せないです!

――体調管理のために、していることはありますか?

サウナです。とにかくサウナです。サウナに入っておけば、風邪ひかないので!あと世界が平和になる(笑)。

サウナに入ると、悩んでいることとか、すべてがどうでもよくなるんです。自分の頭のなかでも、争いがなくなる。「まぁ、なるようになるっしょ!今やれることをやろうよ」みたいに、ハッピーで前向きな気持ちになれます。だから、皆さんもサウナに入ったらいいと思います!

――現在、ライブツアー中とのことですが、最近見た“メンバーの素顔”を教えてください。

そうですね、(佐藤)大樹くんは、真面目でしっかりしているイメージが強いと思いますが、忘れ物をしたり、たまに抜けているところがあって、すごくドジです(笑)。めちゃめちゃ支えてくれるリーダーで、僕のことを思ってくれるから、大好きなんですけどね。

――どんなときに「ドジだな」と思ったのでしょう?

前に、一緒に旅行をしたとき、大樹くんがホテルを予約してくれたんです。でも当日、チェックインできなくて。「なんで?」ってなったんですけど、実はそこ、いったん予約したけれどキャンセルしたホテルだったみたいで。大樹くんがそのことを忘れていて(苦笑)。その後、ちゃんと予約していたホテルへ行きましたが、大樹くんのそういうところが、かわいいなって思いました。

あと、僕と同い年の堀夏喜は、あまりメンバーのことを持ち上げるタイプではないんですが…最近、なっちゃん(堀さん)が、「勇征のスケジュールはマジですごいと思う。めっちゃ頑張ってる」って、マネージャーさんに話していたらしくて。それを聞いたときは、胸がアツくなりました。やっぱり、同い年にそう思ってもらえるのってうれしいし、もっと頑張ろうって、モチベーションになります。

お芝居は楽しいし、アーティスト活動にも活かせている

――八木さんは最近、ドラマや映画、舞台への出演が続いていますが、八木さんにとって“お芝居”はどんなものですか?

楽しいですし、FANTASTICSとしてアーティスト活動をする上でも、いいことばかりです。お芝居で経験したいろいろな感情や表情は、歌詞の読み方や、歌うときの表現に活かせています。そこは、すごくつながっていると感じますね。

逆に、アーティスト活動の経験でお芝居に役立っているのは、“物語をイメージする力”です。

僕たちは、作詞家さんや作曲家さんが作った歌に込められた思いを、聴く人に伝えなければいけません。そこには、僕たちの解釈もプラスしていいと思っています。たとえば、歌のテーマが「愛を伝えたい」だとしたら、僕は愛を家族に伝えたいのか、恋人に伝えたいのか、友達なのか、一緒に暮らすペットなのか。考え方によって、ニュアンスがすごく変わると思うんです。

普段から物語をイメージすることで、お芝居でそのイメージに近いシチュエーションが来たときに、自分なりに想像を膨らませることができます。

――お芝居の経験から、想像力が豊かになっているのですね。

カッコよく言うと「想像力」ですけれど、僕の場合、「妄想」かもしれません。妄想がすごく好きなので(笑)。

ある日、自転車でいつもの道を走っていたら、道に未開封の宝くじが落ちていたことがあって。「ちょっと待てよ。もし拾ったら…100万円当たるかもしれない!」と妄想したり。本当に、しょうもない内容ですけれど(笑)。

あと、学生時代に通学でバスに乗っていたら、突然、窓の外にヒュッ!て、何か細長いものが見えて。「俺、ツチノコ見つけたかもしれない!今ここでバス降りて、探して見つけたら、ツチノコ発見者だ!」って考えたり(笑)。妄想していると、人生ハッピーです!

――最後に改めて、ドラマを楽しみにしている皆さんへメッセージをお願いします。

ホストの方々が実際に見せている“エンターテインメント”の世界を、僕たちがお芝居を通してしっかりと伝えられるよう、精一杯頑張っていきます。ドラマを見ていただいて、皆さんに「ホストクラブってちょっと楽しそう!」と、少しでも興味を持ってもらえる演技ができたら、すごくうれしいです。

<作品概要>

火ドラ★イレブン『ホスト相続しちゃいました
4月18日(火)スタート!(毎週火曜23時〜/カンテレ・フジテレビ系 全国ネット)

公式HP:https://www.ktv.jp/hostsouzoku/
公式Twitter:https://twitter.com/kadora_11
公式Instagram:https://www.instagram.com/kadora_11/

撮影:河井彩美
ヘアメイク:塚原ひろの
スタイリスト:藤山晃子

PICK UP