松村沙友理「嫌な先輩やな(笑)」とツッコミ!『ショジョ恋。』曽田陵介の“男らしい”!?一面

公開: 更新: フジテレビュー!!
松村沙友理「嫌な先輩やな(笑)」とツッコミ!『ショジョ恋。』曽田陵介の“男らしい”!?一面

松村沙友理さん、美波さん、曽田陵介さんが、撮影中の印象的なエピソードを明かしました。

毎週火曜0時からFODにて配信中のオリジナルドラマ『ショジョ恋。』は、雑誌「ar」(主婦と生活社)で連載された、山科ティナさんによる漫画「ショジョ恋。―処女のしょう子さん―」を原作に制作したドラマ。

誰もが憧れる存在である、主人公・庄司しょう子(松村)の恋愛コンプレックスに迫った胸キュンラブストーリーです。

過去の恋愛トラウマから抜け出せず、恋に臆病なしょう子は「自分を変えたい!」と“恋家(コイハウス)”という恋活シェアハウスに入居。

男3、女3の6人で始まる共同生活の中で、複雑に絡み合う人間関係を描きます。

フジテレビュー!! では、本作の主演を務める松村さん、恋家に同居する月島圭役の美波さん、田中有希役の曽田さんにインタビュー。

役への取り組みや、作品の見どころ、共演者同士の印象的なエピソードなどを聞きました。

<【写真19枚】この記事の写真を見る(アザーカットあり)>

左から)『ショジョ恋。』に出演する美波、松村沙友理、曽田陵介 左から)美波、松村沙友理曽田陵介

「同じようなコンプレックスを抱えた女性は多いと思う」(松村)

<松村沙友理×美波×曽田陵介 インタビュー>

──それぞれの役どころと、演じる上で心がけたことを教えてください。

松村:私が演じるしょう子は、恋愛に対してコンプレックスを感じている役です。

演じるにあたり、現場の女性スタッフの方々とお話をさせていただいたのですが、共感できる部分がみなさんにあり、私自身にも、しょう子の心情と重なる部分がたくさんありました。

しょう子は、恋愛ができないわけではなく、一つのことに一生懸命になってしまうタイプ。私も「これだ!」と思うと、そればかり考えてしまうところがあるので、そういう部分が似ていると思いました。

見てくださる方の中にも、同じような悩みを抱えた女性は多いのではないでしょうか。

『ショジョ恋。』に出演する松村沙友理 松村沙友理

美波:僕が演じる圭は、登場するキャラクターの中で最も若い、19歳という設定です。

物事に対しての考え方が達観していて、19歳とは思えないようなミステリアスな雰囲気を持っているのですが、ときどき等身大の幼さを覗かせることも。

そのギャップが魅力的なので、ぜひ注目してほしいです。

──美波さんは、実年齢も圭と同じ19歳ですが、自身と似ていると感じたところは?

美波:僕は、子どもっぽいところがあるので、たまに覗かせる圭の幼さが似ているかなと思います。

──現場での美波さんに“子どもっぽさ”を感じた瞬間はありましたか?

松村:子どもっぽいというよりは「19歳らしいな」と思うことがありました。いい意味で“ピュア感”があるというか「これから、いろんなことを知っていくんだなぁ」って。

つい、お姉さん目線で見ていましたね(笑)。

美波&曽田:はははは!

『ショジョ恋。』に出演する美波 美波

曽田:僕が演じる田中は、奥手で、自分の気持ちをなかなか相手に伝えることが出来ない役どころです。

恋愛に対して消極的な部分が多く、しょう子との掛け合いでは、一歩引いて相手に譲ってしまうこともあります。

この物語を通して、そんな田中の成長していく姿を、皆さんに見ていただけると嬉しいです。

──そんな役を演じる曽田さんは、積極的と消極的、どちらのタイプですか?

曽田:どっちですかね…。両方ですかね。

無理だなと思ったら(自分からは)行かないし、行くときは行くみたいな感じです(笑)。

『ショジョ恋。』に出演する曽田陵介 曽田陵介

カットがかかった瞬間に急変「役とのギャップに焦りました」(松村)

──本作では、シェアハウスで過ごす6人の間で複雑に絡み合う、人間関係が描かれます。撮影中に印象的だったエピソードはありますか?

美波:温泉街でロケがあったときに、近くのホテルに泊まったのですが、そのホテルに卓球台があって、曽田さんと五十嵐輝役の岡(宏明)さんと3人で卓球をしました。

そのときに、曽田さんと岡さんがプロレベルで上手くて驚きましたね。

松村:へぇ〜!

曽田:そうなんですよ!(笑)。

美波:僕が打ったサーブを、2人とも回転をかけて返球するんです。僕も卓球には自信があったのですが、全然球が返せなくて、心が折れましたね(笑)。

──曽田さんと岡さんは、かなりの腕前なんですね!

曽田:大体なんでもできるんですよ(笑)。岡ちゃんも上手かったけど、俺が1番上手かった!

美波:そうですね!曽田さんが1番…。

松村:なんか、嫌な先輩やな(笑)。

美波&曽田:はははは。

『ショジョ恋。』に出演する松村沙友理、美波、曽田陵介

──松村さんは、シェアハウスの女性メンバー(岡本夏美さん、寺本莉緒さん)と、どのような話題で盛り上がっていましたか?

松村:みんなが卓球をやっているときに、女の子たちで集まって、人生論のような、すごく深い話をしていましたね(笑)。

──どうして人生論の話題になったのでしょう

松村:監督を含めた4人で話をしていたのですが、監督は「あなたはこういうタイプだよね」と人の性格を見抜く力のある方で、おそらく話題はそこからですね。

気付いたら、それぞれの人生論について深く語っていました。

曽田:僕は、松村さんから、カットがかかった瞬間に役が抜けてしまうのを「やめて」と言われたことを覚えています。

松村:そう!田中(曽田さん)は、優しい男の子なんですけど、カットがかかった瞬間に、急に男の中の男に変わるんですよ!

曽田:はははは!

松村:切り替えの早さと、役とのギャップがありすぎて、「えっ誰?」って焦りました(笑)。

『ショジョ恋。』に出演する松村沙友理、美波、曽田陵介

「曽田さんは本当に“カッコいい男”」(美波)

──撮影を経て、お互いの印象に変化はありましたか?

美波:僕は、初めてお会いしたときから変わらず、2人は、テレビで見るそのままという印象があります。

松村さんは、常に明るくて、優しいですし、現場の雰囲気まで明るくしてくれる方です。

曽田さんは、本当に“カッコいい男”という感じで、人生の経験の話を僕に教えてくださいます。

松村:すごい先輩だな〜。卓球も上手いし、人生経験まで教えてくれる。

曽田:恥ずかしいよ!

美波:親身になって僕の話も聞いてくれて、ちゃんと意見をくださるので、本当に、すごくカッコいい先輩です!

曽田:(美波さんは)自分と考え方が近いなと感じるところがあって、俳優を始めた頃に自分が思っていたのと同じことを考えていたので、つい話し込んでしまうことはありました(笑)。

『ショジョ恋。』に出演する美波

──もしも自身がシェアハウスで共同生活をするとして、「これだけは譲れない」というルールはありますか?

曽田:人の部屋に勝手に入らない、というのは、ルールとして決めたいですね。ドアのノックもしないで、まずSNSで「いる?」と聞いてほしい。返事がなかったら「それまでです」ってことです。

美波:男性同士でシェアハウスをするなら、トイレは必ず座ってしてほしい。気になっちゃいますね。

松村:私は、曽田さんに似ていて、なるべく部屋にいるときは、そっとしておいてほしい。

自室以外の場所で話しかけられるのは、嬉しいんですけど、個人の部屋は自分だけの空間として分けたいなと思います。

『ショジョ恋。』に出演する曽田陵介

──最後に、視聴者へのメッセージをお願いします。

松村:今回は、シェアハウスの中で巻き起こる恋ということで、ときめき満載な作品だと思います。

また、女の子同士、男の子同士の友情物語でもあるので、それぞれの人間関係にも、ぜひ注目していただきたいです。

『ショジョ恋。』に出演する松村沙友理

<松村沙友理×美波×曽田陵介 “究極の2択”に挑戦!>

インタビュー後の3人に、恋愛をテーマにした“究極の2択”に答えてもらいました。

「追われる恋愛と追いかける恋愛、どちらがいい?」「好きな人には…甘えたい?甘えられたい?」「三角関係で優先するのは…好きな人?親友?」という質問から、各々の恋愛観が明らかに!?

<『ショジョ恋。』ストーリー>

主人公は、美人で仕事もバリバリこなし、誰もが憧れる存在の庄司しょう子26歳。そんな彼女が抱える悩みは、いまだ自分が処女であるということ。

過去の恋愛トラウマから抜け出せず、恋に臆病になっている中で、ひょんなことから“恋家(コイハウス)”という恋活シェアハウスの存在を知る。

自分を変えるために“恋家”に入居したしょう子は、男3・女3の6人で共同生活を送ることになり、さっそくミステリアスな美大生・月島圭と距離を縮めるも、関係は思ったように進展しない。

シェアハウスの人間関係が複雑に絡みはじめ、しょう子の恋は思わぬ方向に動き出していく・・・。

最新情報は『ショジョ恋。』公式サイトまで。

撮影:河井彩美

PICK UP