慶應義塾大学 フジテレビとNetflix共同で「コンテンツビジネスの現状と将来」について学ぶ寄附講座を開講

公開: 更新: フジテレビュー!!
慶應義塾大学 フジテレビとNetflix共同で「コンテンツビジネスの現状と将来」について学ぶ寄附講座を開講

慶應義塾大学メディア・コミュニケーション研究所は、フジテレビ、Netflixとともに、慶應義塾大学三田キャンパスにおいて、「コンテンツビジネスの現状と将来」について学ぶ寄附講座を、2023年4月7日(金)から開講します。

複雑かつグローバル化する現代社会の中で、日本のコンテンツビジネスに関する教育と研究、さらには有為な人材育成が急務とされている状況を鑑み、開講。

コンテンツビジネスに関する専門用語や概念のほか、業界の課題を理解した上でコンテンツビジネス業界で活躍するための素養を身につけて、ビジネス案を企画提案できる能力を身につけることを学習の到達目標としています。

本講座では、テレビ業界や動画配信サービスの現状と課題のほか、映画やドラマ、アニメ、ニュース、コンテンツビジネスにおける著作権について、政府の関わり、韓国コンテンツのヒットの秘密、そして、人気のドラマがどうやって生み出されるのか、などについてフジテレビ、Netflix、映画会社から現場のプロフェッショナルや政府関係者(予定)をゲストスピーカーとして招き、最新事情を伝えます。

<講座概要>

「コンテンツビジネスの現状と将来〜現場のプロフェッショナルから聞く最新事情~」

主なテーマ:コンテンツビジネスにおける海外展開、政府の関わり、著作権、作品づくりのプロセス、放送業界を取り巻く環境、日本市場における現状など

開講期間:2023年度春学期 全14回

開講場所:慶應義塾大学三田キャンパス

担当教員:

鈴木秀美(慶應義塾大学メディア・コミュニケーション研究所教授)
森守弥子(フジテレビ)
杉原佳尭(Netflix)

(敬称略)

対象学生:慶應義塾大学生 約40人(予定)

PICK UP