草彅剛&宮澤エマがニヤリ「敵?味方?」物議をかもす『罠の戦争』オフショット

公開: 更新: フジテレビュー!!
草彅剛&宮澤エマがニヤリ「敵?味方?」物議をかもす『罠の戦争』オフショット

ドラマ『罠の戦争』に出演する草彅剛さんと宮澤エマさんのオフショットが公開されました。

草彅剛さんの主演ドラマ『罠の戦争』は、弱者による強き権力者への復讐を描く痛快なエンターテインメント。主人公の鷲津亨(わしづ・とおる)が、知略を尽くして鮮やかな“罠”を仕掛けていく様子がハラハラすると話題の作品です。

3月6日に放送された第8話では、息子の鴨井文哉(味方良介)が起こした事件の責任をとり、次期総理にもっとも近いと言われていた厚生労働大臣の鴨井ゆう子(片平なぎさ)が議員辞職を宣言。

さらに、鴨井は記者会見で、民政党幹事長の鶴巻憲一(岸部一徳)が警察に圧力をかけて、鷲津の息子・泰生(白鳥晴都)の転落事件を隠ぺいしようとしたことを匂わせる発言を。これにより鶴巻は、本気で鷲津を永田町から排除しようと、より過激な行動に。

絶体絶命となった鷲津の動向に、さらなる注目が集まります。

秘書として大きく成長した眞人(杉野遥亮)にもある変化が

月曜夜に“ワナワナ”することにも慣れてきた今日この頃、第9話の放送を前に、番組の公式Twitterでは、鷲津(草彅剛)と、週刊新時代の記者・熊谷由貴(宮澤エマ)のオフショットが公開されました。

「キリリとした取材姿勢が評判の熊谷記者。鷲津亨とのシーンは、いつも息ピッタリ。ツーショットもサマになっています」という言葉とともに投稿されたのは、鶴巻幹事長を追いつめる同志とばかりに、笑顔ながら凛々しさも残る表情でポーズをとる2人。

これには「素敵なツーショット」や「2人の空気感も大好き」という声が。

しかし、続いて投稿された「でも、もしかしたらあの人と繋がってて、罠を仕掛けてるかも…ないかも…」と公式自ら視聴者を混乱に巻き込むような一文も。

これには、「公式さん、不安にさせないで~」や「ないかも…でありますように」と、鷲津にとって熊谷記者が最後まで味方であることを願う声が多数寄せられました。

また、同じく公式Twitterは「お気づきでしょうか?鷲津議員誕生から、蛯沢秘書もパワーアップしたことを。そう、ヘアスタイルが変わっているのです」と、蛯沢眞人秘書(杉野遥亮)の変化にも言及。

これには「もちろん気づいていました」や「決意の表れってわかりましたよ」、「眞人くんに爽やかさ+大人っぽさが加わりましたね」と、眞人のビジュアルを絶賛する声が続出しました。

<『罠の戦争』第9話あらすじ>

鴨井ゆう子(片平なぎさ)が、鷲津泰生(白鳥晴都)を転落させたのは息子の鴨井文哉(味方良介)だと公表し、議員を辞職。名前こそ出さなかったものの、民政党幹事長の鶴巻憲一(岸部一徳)が警察に圧力をかけたことを匂わせたため、永田町には激震が走り、鶴巻派は対応に追われる。

鶴巻が事件の隠ぺいに関与していたことを裏づけ、追い打ちをかけたい鷲津亨(草彅剛)は、鶴巻が口封じに更迭させたと思われる管轄署の元署長から証言をとるべく、その行方を追う。

世論の反発が高まったことを受け、クリーンな政治を印象づけたい総理大臣・竜崎始(高橋克典)は、一連の疑惑を徹底的に調査すると報道陣の前で明言する。

第9話は、3月13日(月)22時から放送されます。

PICK UP