『わたしのお嫁くん』に前田拳太郎、仁村紗和、中村蒼が出演!

公開: 更新: フジテレビュー!!
『わたしのお嫁くん』に前田拳太郎、仁村紗和、中村蒼が出演!

『わたしのお嫁くん』に、前田拳太郎さん、仁村紗和さん、中村蒼さんが出演。あわせて、4月12日(水)スタートも発表されました。

4月の水10ドラマは、波瑠さん主演、高杉真宙さん共演の『わたしのお嫁くん』

原作は、講談社「Kiss」で連載中の、柴なつみさんの同名コミック。

仕事を完璧にこなし、同僚たちからも憧れの存在でありながらも、“ズボラ女子”の一面をもつ主人公が、あることをきっかけに、会社の後輩で家事が圧倒的に得意な“家事力最強男子”を嫁に迎えるという、社会派ラブコメディです。

<4月の水10は“ズボラ女子”波瑠ד家事力最強男子”高杉真宙『わたしのお嫁くん』!>

このたび、主人公を取り巻く個性豊かな同僚役として、前田拳太郎さん、仁村紗和さん、中村蒼さんの出演が決定しました。

屈託のない笑顔で周囲に溶け込む、あざとかわいい新入社員

前田拳太郎さんが演じるのは、速見穂香(波瑠)や山本知博(高杉真宙)が勤める大手家電メーカー「ラクーン・エレクトロニクス」営業部の新入社員・花妻蘭(はなづま・らん)。

『わたしのお嫁くん』に前田拳太郎、仁村紗和、中村蒼が出演! 前田拳太郎

花妻は、機転の利く性格に加え、仕事もてきぱきとこなす期待の新人。

お菓子作りが趣味で家事力も高いほか、「春らんまんで天真らんまん!かわいいは最高の褒め言葉!」というキャッチフレーズと屈託のない笑顔で周囲に溶け込むなど、その“あざとかわいさ”は、社内の上司や女性社員の心をつかんでいます。

そんな花妻ですが、実は心の中に、営業部のエースとして活躍し、自分にもやさしく指導してくれる先輩の速見に対して、憧れの気持ちがあるようで…。

前田さんは、現在放送中の月9ドラマ『女神の教室~リーガル青春白書~』に、ロースクール生役としてフジテレビ系連ドラ初出演にして、月9初出演。

クールな苦学生役から、“あざと可愛い”後輩男子役へ、2クール連続でフジテレビ系ドラマにレギュラー出演し、髪型からキャラクターまでまったく異なる役柄を演じます。

美しく実家がお金持ちの超セレブの人事部社員

仁村紗和さんが演じるのは、山本(高杉)と同期入社で、「ラクーン・エレクトロニクス」の人事部で働いている赤嶺麗奈(あかみね・れいな)。

『わたしのお嫁くん』に前田拳太郎、仁村紗和、中村蒼が出演! 仁村紗和

容姿の美しさと、実家がお金持ちの超セレブということもあり、派手なファッションで同僚からの注目を集めます。

社内では“高嶺(たかね)の花”に見られている存在ですが、なぜかいつも山本の前に現れ、鋭い眼力とともに、核心を突く言葉を残していきます。

そんな赤嶺は、同期の山本が、先輩の速見(波瑠)に向けている気持ちが気になるようで…。

仁村さんにとって、フジテレビ系ドラマへの出演は『アバランチ』(2021年/カンテレ・フジテレビ系)以来、およそ2年ぶりとなります。

ほっこり“博多弁”が魅力の敏腕営業マン

中村蒼さんが演じるのは、「ラクーン・エレクトロニクス」福岡支店で働く古賀一織(こが・いおり)。

『わたしのお嫁くん』に前田拳太郎、仁村紗和、中村蒼が出演! 中村蒼

福岡では、営業成績トップを誇り、その実力が買われて速見(波瑠)や山本(高杉)がいる東京本社へと異動することに。

実は、支店時代から速見とは仕事をした経験があり、速見も「芋焼酎のおいしさは、古賀さんに教えてもらいました」と話すなど、お互いに信頼を置いている間柄。

エリートでありながらも、面倒見もよく、上司や後輩問わずに慕われるタイプの古賀は、やさしい“博多弁”が魅力の方言男子でもあり、“社内の頼れるお兄さん”的存在として一躍人気者に。

その一方で、速見と同じくズボラで、日ごろは食事も適当に済ませてしまうなど、意外な一面もあわせ持っています。

中村さんのフジテレビ系連続ドラマ出演は『真昼の悪魔』(2017年/東海テレビ・フジテレビ系)以来、6年ぶりのこと。出身である福岡の方言を使う役どころに挑みます。

わたしのお嫁くん』は、4月12日(水)スタート!毎週水曜22時より、フジテレビで放送されます。

<前田拳太郎 コメント>

――今作のオファーを受けたときはどう思いましたか?

恋愛作品に出演したいとずっと思っていたので、目標がひとつ叶(かな)ってすごくうれしかったです。

台本を読ませていただき、キュンキュンするようなシーンや、ついつい笑ってしまうような面白いシーンがたくさんあり、映像になったときにどのようなドラマになるんだろうと撮影が楽しみになりました。

――前田さん演じる花妻蘭の印象は?

花妻君は「ニコニコ!きゅるん!きゃぴ!」って感じのキャラクターです(笑)。

でも、そんななかにも頑張り屋な部分だったり、可愛くてかっこいい魅力あるキャラクターです。演じたことのないキャラクターなので、自分の中でひとつ殻を破れる役だと思うので、全力でみなさんに花妻君の魅力を伝えていきたいと思います!

――視聴者のみなさんにメッセージをお願いします。

笑いと胸キュンを見ている方にお届けできるように頑張っていきますので、放送をぜひ楽しみにしていてください!

<仁村紗和 コメント>

――今作のオファーを受けたときはどう思いましたか?

「ラブコメ!楽しそう!うれしい!面白い日々が始まりそうだ!」という印象です。

台本を読ませていただいて、まずセリフが面白くて笑いました。速見さんや山本くんを囲む登場人物もキャラが強くてとても愉快そうですし、コミカルで笑えるところもたくさんあって楽しみなシーンが結構あります。

――仁村さん演じる赤嶺麗奈の印象は?

すごく真っすぐで、派手で計算高い印象です。とても好きなキャラクターなので、赤嶺麗奈という人を魅力的に伝えたいですし、ストーリーの良いスパイスになれればいいなと思っています。彼女は、どういった気持ちを抱えているのかも、ぜひ注目していただきたいです

――視聴者のみなさんにメッセージをお願いします。

どうもはじめまして。人事部の赤嶺麗奈役の仁村紗和です。笑えたり、キュンとしたり、共感したり、速見さんや山本くん、そして愉快な仲間たちとともに、見てくださっている方々が楽しい時間を過ごせるように、私も楽しみながら面白いドラマを作れたらいいなと思っています!

<中村蒼 コメント>

――今作のオファーを受けたときはどう思いましたか?

ラブコメというジャンルの作品にはあまり縁がなかったので、自分にできるのかためらう瞬間もありましたが、お声をかけていただいたので、それに応えたいという気持ちになりました。

個性あふれるキャラクターが多く登場していて、台本を読んでいて楽しくなりました。そして「人は見かけによらない」ということも描かれていて、人間って面白いなと思いました。

――中村さん演じる古賀一織の印象は?

営業マンで成績優秀な人ですが、ギラギラしている営業マンではなく、マイペースで困っている人にそっと寄り添ってくれるような人間なので、そういうところを意識しながら演じられたらなと思います。

そして何より、博多弁ということで、カメラの前で堂々と故郷の言葉を話すことにまだ違和感がありますが、その影響でなんだか素の自分がこれまでの作品より出るような気がしていて、そこも合わせて楽しんでいただければいいなと思います。

――視聴者のみなさんにメッセージをお願いします。

人それぞれ得意不得意があるものですが、それを補い合える人がいるのは、すごく幸せなことだなと思います。劇中の支え合う2人の姿を、ぜひ見守ってあげてください。

<番組概要>

『わたしのお嫁くん』

放送日時:4月スタート!毎週水曜22時~

出演:波瑠、高杉真宙、前田拳太郎、仁村紗和 / 中村蒼 ほか

原作:柴なつみ「わたしのお嫁くん」(講談社「Kiss」連載)

脚本:橋本夏

音楽:橋本由香利

プロデュース:中野利幸(フジテレビ)

プロデューサー:芳川茜(共同テレビ)、山崎淳子(共同テレビ)

演出:紙谷楓(共同テレビ)、城宝秀則(共同テレビ)、水戸祐介(フジテレビ)

(敬称略)

公式HP:https://www.fujitv.co.jp/oyome_kun

公式Twitter:https://twitter.com/oyome_kun

公式Instagram:https://www.instagram.com/oyome_kun/

PICK UP