映画「ザ・マジックアワー」が中国でリメイク! 興行収入533.8億円の大ヒット

公開: 更新: フジテレビュー!!
映画「ザ・マジックアワー」が中国でリメイク! 興行収入533.8億円の大ヒット

2008年に日本で公開された、三谷幸喜さん脚本・監督の映画「ザ・マジックアワー」が、中国でリメイクされて大ヒット。2022年中国映画興行収入ランキング3位という快挙を成し遂げました。

映画「ザ・マジックアワー」は、暗黒界のボスの愛人に手を出した男が、命を助けてもらう代償に伝説の殺し屋を連れてくることを命じられ、売れない役者に映画の撮影だとウソをつき、殺し屋に仕立て上げたことから始まるオリジナル・ノンストップ・コメディ。

佐藤浩市さん、妻夫木聡さん、深津絵里さん、綾瀬はるかさん、西田敏行さんら豪華な顔ぶれが集結し、2008年に公開。興行収入39.2億円というヒットを記録しました。

映画「ザ・マジックアワー」が中国でリメイク! 興行収入533.8億円の大ヒット (C)2008 フジテレビ 東宝

日本のコメディ映画のリメイクを考えていた中国テンセントグループの大手映画配給制作会社・新麗伝媒が、この「ザ・マジックアワー」に目をつけ、フジテレビに中国でのリメイクを打診。

日本公開から14年の歳月を経て、映画「这个杀手不太冷静(日本語訳:この殺し屋はクールじゃない)」として生まれ変わり、春節にあたる2022年2月1日(火)に公開されました。

映画「ザ・マジックアワー」が中国でリメイク! 興行収入533.8億円の大ヒット 映画「这个杀手不太冷静」ポスタービジュアル

公開当時は、1ヵ月で上映を終了する見込みでしたが、中国でもファンが多い三谷幸喜作品のリメイクと言うことに加え、この作品で映画初主演となった男優・魏翔(ウェイ・ショウ)さんが舞台俳優だったことがストーリーとリンクしていることも話題となるなど、SNSで反響を呼び、7ヵ月にわたって上映されるという異例のロングラン。

最終的な興行収入は、26.27億元(約533.8億円)を記録し、2022年中国映画興行収入ランキングで第3位にランクインしました。

これまで中国でリメイクされた日本映画で最もヒットしたのは、「鍵泥棒のメソッド」をリメイクした「人潮汹涌」(2021年)で、興行収入7.62億元(約140億円)でしたが、「这个杀手不太冷静」はこの記録を大幅に更新する記録的大ヒットとなりました。

PICK UP