人々の“資産”を見いだす人間投資家・大陽(竜星涼)登場<『スタンドUPスタート』第1話完全版>

公開: 更新: フジテレビュー!!
人々の“資産”を見いだす人間投資家・大陽(竜星涼)登場<『スタンドUPスタート』第1話完全版>

『スタンドUPスタート』第1話完全版

三星大陽(竜星涼)は、「資産は人なり」「資産を手放す投資家はいない」を理念とする自称“人間投資家”。

投資会社「サンシャインファンド」の社長として、会社組織で上手くいかない人や生きづらさを抱えている人たちに、「スタートアップ(起業)しよう!」と声を掛けては彼らの持つ可能性を見いだしてきた男だ。

<ドラマ『スタンドUPスタート』これまでのあらすじ完全版>

実は大陽は、財閥系大企業「三ツ星重工」前会長の次男坊。三ツ星重工は現在、大陽の兄・大海(小泉孝太郎)が代表取締役社長を務め、先代のころからの副社長である叔父・義知(反町隆史)とともに会社を支えている。

大海は、社長就任後すぐに大規模なリストラなどの社内改革を断行し、巨額負債を返済して三ツ星重工をよみがえらせていた。

ある日、大陽は、ゲーム会社「ハイパースティック」の社長・小野田虎魂(吉野北人)らと一緒にクラブで飲んでいた。

虎魂は、中卒で前科持ちという過去があったが、大陽からの出資でスマホ向けゲームアプリを開発し、若くして成功した起業家だ。

その店で大陽は、林田利光(小手伸也)という中年男に出会う。かつて、メガバンク「みその銀行」の融資部門次長だった林田は、あることがきっかけで左遷され、子会社「リリーフ保険」に出向させられていた。

銀行員時代の古い名刺を使ってホステス相手に自慢話をしている林田に興味を抱いた大陽は、「スタートアップしよう!」と声を掛ける。

林田を追いかけ、一緒に落ちてしまった川の中での出来事だった。

大陽は、優秀な専属秘書・M(雨宮天)に林田について調べさせる。林田がみその銀行から出向させられたのは、将来有望だったベンチャー企業への融資を断ってしまった責任を取らされてのことと判明した。

別の日、林田は、保険の営業でシニア向けマンションのオーナー・中川(松本利夫)に会いに。そこで、マンションの管理人をしている音野奈緒(安達祐実)と出会う。

中川は、よほど奈緒のことを信頼しているのか、保険の件は彼女に任せると言いだす。実は空き室だらけだったマンションを満室にしたのは奈緒の力なのだという。

奈緒が、このマンションで働くまで、仕事の経験ゼロの専業主婦だったと聞かされ、驚く林田。

大陽は、それからも何かと林田につきまとい、起業を勧めた。林田との会話からヒントを得て、彼には融資を受けたい起業家と銀行の間を取り持つサポート業務が良いのではないかと判断し、事業計画書まで用意する大陽。

林田は、そんな大陽のことが気になりつつも、頑なに断り続けていた。

保険の件で再び奈緒と会った林田は、彼女に仕事を勧めたのが大陽だったことを知る。奈緒の夫・圭一郎(大東駿介)は、仕事に忙殺され、心配する奈緒に対しても毎日のように嫌味を言うようになっていた。

その中で、仕事を経験すれば圭一郎の気持ちにもっと寄り添えるのではないか、と考えた奈緒は、中川のマンション管理の面接を受けたのだ。

林田から、「まったく知らない世界に飛び込むことが怖くなかったのですか?」と問われた奈緒は、「1歩踏み出せばいつだって自分の人生は変えられると知ってうれしかった」と返した。

林田は、職場だけでなく家庭にも居場所がなく、自信を持って仕事をしているとは言えない自分自身の不甲斐なさにも気づいていた。

みその銀行時代の上司・田中通久(勝村政信)が、林田を押し付けた件でリリーフ保険に謝りに来たことを知った林田は、いつの日にかみそのに戻る、という夢も破れる。

そんな林田の前に現れ、「今のままで良いのか、変わりたいのか?」と問いかける大陽。「変わりたい。誰かに必要とされたい」。大陽は、そう答える林田に、「じゃあ、スタートアップしよう!」と言って右手を差し伸べる。

「俺はこの手を絶対に離さない」。大陽はそういって林田と固い握手をかわした。

大陽は、ホールに将来有望なベンチャー経営者100人を集めた。そこで大陽は、この半分の50人に銀行の融資を取り付けるよう、林田に指示する。

林田は、起業家たちとの個別面談を行い、銀行時代の経験を生かした資料作りなどに必死に取り組んだ。

やがて林田は、大陽から提示された50件の融資決定をクリア。だが、独立するにあたり、大陽からの融資は断りたいという。大陽は、林田の申し出に怒りだした虎魂を制してそれを了承し…。

そんな中、大陽は奈緒に会いに行き、独立してマンション管理事業を広げてみてはどうかと提案する。しかし奈緒は、「仕事を始めたことが逆に夫を追い詰めてしまったようだ」と言って申し出を断る。

それに対して大陽は、「音野さんは本当に優しい。音野さんが我慢して、平和解決ってわけだ」などと、挑発するかのように告げた。

大陽の言葉に怒り、感情を顕わにする奈緒。大陽は、そんな奈緒に「もし傷ついて壊れても、また直せる。スタートアップしよう」と再び提案した。

その夜、奈緒は、圭一郎と向き合う。そこで圭一郎に自分の気持ちを伝え、「会社を辞めてほしい」と涙ながらに伝える奈緒。離婚を切り出されるものと思っていた圭一郎は、戸惑いつつも、奈緒の気持ちを受け止めた。

ほどなく奈緒は、「カラーライブ」という会社を興す。

半年後、「株式会社スタートマッチ」という会社を興した林田は、田中に会いに行く。そこで林田は、これまでに手掛けた300件もの案件をまとめたファイルを提示。田中は、林田の手腕を認めるしかなく…。

それから数日後、三ツ星重工の定時株主総会が開かれる。

その席で、4年前に大海によってリストラされた造船所の現場責任者・武藤浩(塚地武雅)が質問に立ち、自分を道具のように使い捨てた情のない会社に未来はあるのか、と大海に問いかけた。

すると大海は、自分が社長に就任したとき、造船事業はまさに沈みかけの船だった、と返し、現状に甘んじ、能力の研鑽を怠ってきた人をいつまでも乗せてはいられない、と言い放つ。

武藤は、大海から、4年前に受注した客船の工事総額や、着工時と俊工事の変動費を比較した際の上昇率を問われても答えられなかった。

するとそのとき、武藤のマイクを男が奪う。それは大陽だった。

大陽は、道具が負債と資産のどちらになるかは社長次第、と言うと、「もっと彼の可能性を信じてみたらどうですか?」と告げる。

総会後、大海と対峙した大陽は、武藤をスカウトしにきたと告げ…。

<ドラマ『スタンドUPスタート』は、FODでも配信中(最新回は期間限定で無料)>

PICK UP