神木隆之介“奇跡の県”と称する高知の魅力をアピール「本当に素敵な場所」

公開: 更新: フジテレビュー!!
神木隆之介“奇跡の県”と称する高知の魅力をアピール「本当に素敵な場所」

神木隆之介さんが“高知愛”をアピールします。

神木隆之介さんが、⾷、⽂化、伝統、産業、⾃然など、⾼知県の⻄から東、海から⼭と、たくさんの⼈々やものに出会い、体験したガイドブック「かみきこうち」(NHK出版)が2023年3月20日に発売されます。

神木さんと高知のゆかりは、連続テレビ⼩説「らんまん」(NHK)。2023年度前期放送の同作で、高知県佐川町出身の牧野富太郎氏をモデルにした主⼈公・槙野万太郎を演じ、神⽊さんが「奇跡の県」と称した⾼知を、その魅力を求めて訪ね歩きました。

さまざまな場所で撮影された豊富な写真と、おすすめ情報が満載の神⽊流・⾼知ガイドブックが「かみきこうち」。

神木さんは、伝統や環境を守りながら、暮らしを持続的で豊かで楽しいものにする“サスティナブル”なものに触れ、地域に根差して取り組みに励む⽅々と対話を重ねました。

神⽊さんが⼼から満喫した⾼知の、豊かで懐深く、昔ながらで新しい魅⼒の数々が収載されています。

神⽊隆之介(⾼知県⾹美市にて)

「僕が感じた⾼知を皆さんにお伝えできたら」

<神木隆之介 コメント>

「かみきこうち」を発売する神木隆之介

⾼知県は、過去「桐島、部活やめるってよ」の撮影でしか⾏ったことがなかったのですが、ドラマ「らんまん」の出演が決まった後に弾丸で⾏かせてもらったのと、今回は書籍とカレンダーの撮影で巡って本当に素敵な場所だなと改めて実感しました。

あとは、出会う⽅々の笑顔の素敵さも⾒ていただけたらわかると思います。僕は埼⽟出⾝ですし、⾼知の良さは地元の⼈が知っているとは思うのですが、皆さんにこのカレンダーと本を通して、へぇ〜⾼知ってこんな素敵なところなんだ!こんな⾯⽩いところがあるんだ!こんな綺麗なところがあるんだ!など、僕が感じた⾼知を皆さんにお伝えできたらと思います。

<内容>

【メイン対談】
「にいちゅう⼆⼈」――梅原 真さん(デザイナー)
「かみきのかみづくり」――ロギール・アウテンボーガルトさん(⼿漉き和紙作家)
「海の牧野植物園?!」――神⽥ 優さん(⿂類学者)
「⽫鉢料理をつくる。味わう。」――松﨑淳⼦さん(⼟佐伝統⾷研究会代表)
「サスティナブルな⾼知の暮らし」――服部雄⼀郎さん・服部⿇⼦さん(⽂筆家)

【体験・出会い】
牧野植物園/ゆず収穫体験/むろと廃校⽔族館/カツオの藁焼き/おすそわけ⾷堂 まど…ほかさまざまに紹介

<カバーデザイン>

イラストレーター・イワサトミキさんの描いた⾼知を象徴するものたちのイラストと神⽊隆之介さんの写真をコラージュした表紙デザイン。

神木隆之介の著書「かみきこうち」のカバー 「かみきこうち」通常版

連続ドラマ⼩説「らんまん」の撮影に向けて、神⽊隆之介さんが牧野富太郎さんの考え⽅や⽣き⽅に触れるべく訪れた牧野植物園で撮影された写真を使⽤したカバーです。

神木隆之介の著書「かみきこうち」のカバー 「かみきこうち」⾼知県内購⼊限定オリジナルカバー

神⽊隆之介「かみきこうち」(NHK出版)
2023年3⽉20⽇
定価 2,090円(税込)

特設ページ:https://www.nhk-book.co.jp/pr/book/000000819312023/index.html

PICK UP