神谷浩史×宮野真守×上坂すみれ 36年ぶりアニメ化『うる星やつら』オーディション秘話

公開: 更新: フジテレビュー!!
神谷浩史×宮野真守×上坂すみれ 36年ぶりアニメ化『うる星やつら』オーディション秘話

令和版『うる星やつら』でメインキャラクターを演じる、3人の人気声優が出演。

12月25日(日)の『ボクらの時代』は、声優の神谷浩史さん、宮野真守さん、上坂すみれさんが登場します。

神谷浩史「やめろ」から一転「やらせてください!」

36年ぶりに再アニメ化された『うる星やつら』(毎週木曜24時55分~/フジテレビ)で諸星あたるを神谷さん、面堂終太郎を宮野さん、ラムを上坂さんが演じています。

3人は、オーディションによって選ばれたといいます。

『ボクらの時代』に出演する神谷浩史 神谷浩史

神谷:あのオーディションをやる前に、どうやら(『うる星やつら』を)やるかも、みたいなうわさはあったのよ。

上坂:うわさが。

宮野:確かに。

神谷:そのときは、関われないかもしれないと思っていたから「やめろ、やめろ」って思ったよ、僕は。

宮野:『うる星やつら』はもう、本当に伝説級だから。

神谷:で、オーディションの話が来たのよ。ま、そしたら話は違うよね(笑)。

宮野:「やらせてください!」って?

神谷:それはもう「やらせてください」でしょ。

宮野:うははははは!

神谷:当たり前じゃん、そんなの!だって、もう好きで好きでしょうがなかったんだから。

宮野さんが「もしかして(あたる役と面堂役)両方受けました?」と聞くと、「受けた」と神谷さん。

3人は『うる星やつら』のオーディションにかけた思いや、舞台裏、アフレコ現場のエピソードを語ります。

神谷浩史『うる星やつら』で新旧のラムに挟まれ「脳がバグる」【声優FILE.】

上坂すみれ「私が一番とんちきかましていたとき」

3人は、初共演した作品を振り返ります。

『ボクらの時代』に出演する上坂すみれ 上坂すみれ

神谷:すみ(上坂さん)とまもちゃん(宮野さん)って、何で会ってるの?

上坂:『クロスアンジュ 天使と竜の輪舞』(2014年)とか『DOG DAYS″』(2015年)とか。私が、一番“とんちき”かましてたときに…。

宮野:“とんちき”だったね、確かに(笑)。

上坂:そうなんです(笑)。

神谷:どういう「とんちき」なの?

上坂:全然、社会のことを知らなくて、養成所とかも行ってなくて。子役モデルから急に声優になったもんで、すごい素人だったんです。素人だけだったらよかったんですけど、外に出るのが怖い時期で、ロリータファッションを着ないと大学とかにも行けないっていう。

神谷:はぁー。

上坂:鋼の装備をしないと…。

宮野:ガードしてたんだ。

上坂さんが「一番対人スキルがなかったころ」と振り返ると、神谷さんは「アニメーション業界は、コミュ障が多いのよ」と反応。

ここから3人は、人見知りが多いというアニメ業界におけるコミュニケーションの大切さを語ります。

上坂すみれ『うる星やつら』ラム役に!平野文からのバトンを受け「絶対にいいものを」【声優FILE.】

宮野真守「台本以外の活字が読めない」

宮野さんは、思わぬ‟職業病“を打ち明けます。

『ボクらの時代』に出演する宮野真守 宮野真守

宮野:俺、活字が読めなくて。台本しか。

上坂:でも、台本読めるのすごいですね。

宮野:誰よりも、台本読めると思ってますもん。

神谷:あ、ホントに?

上坂:すごい。

宮野:けど、本が読めない。

宮野&上坂:(同時に)何でなんだろう?

宮野:(笑)!

すると、神谷さんも「仕事で読んでるから、プライベートな時間で文字読みたくない」と言い出し…。

宮野真守『うる星やつら』アフレコが「楽し過ぎてテストから全力に」【声優FILE.】

『ボクらの時代』に出演する宮野真守、神谷浩史、上坂すみれ

ほかにも、仕事への原動力になっている思い、最近の趣味、キャラクターとの出合いに思うことなど、さまざまな話題を展開します。

PICK UP