「厚着にすればよかった…」失敗しない天気予報の見方【あまたつ!お天気コラム】

公開: 更新: フジテレビュー!!
「厚着にすればよかった…」失敗しない天気予報の見方【あまたつ!お天気コラム】

みなさん、こんにちは。『めざまし8』(フジテレビ)に気象防災キャスターとして出演しています、気象予報士の天達武史です。

今年はカレンダーどおり、12月に入る今日から、今季一番の強い寒気が日本列島にどっと流れ込みます!

初雪前線も、山陰あたりまで一気に南下してきそうです。日本海側は、北日本中心に、平地でも積雪量が急増する地域が出てきそうです。雪がどのくらい積もるかは、最新の天気予報をご確認ください。

昨年12月、大雪取材で訪れた福井県。トイレは閉鎖、自動販売機は飲み物が取り出せないほど、雪が積もっていました 昨年12月、大雪取材で訪れた福井県。トイレは閉鎖、自動販売機は飲み物が取り出せないほど、雪が積もっていました

関東などの太平洋側は晴れるところが多くなりますが、日中も15度に届かず、寒い日が多くなるでしょう。ただ、12月は“冬の入り口”。1月や2月のように、寒気がずっととどまるわけではないので、2週目以降は寒さがゆるむ日もありそうです。

日々の天気予報をチェックして、体調管理をしっかりしましょう!

道路スリップの原因は、路面凍結と…?<あまたつお役立ち情報>

昨年1月、大雪が降った日の東京・渋谷。歩道橋の手すりに、かわいい雪だるまがいました 昨年1月、大雪が降った日の東京・渋谷。歩道橋の手すりに、かわいい雪だるまがいました

最低気温と、3時間ごとの気温をチェック!

天気予報を見ると、ついつい最高気温に注目しがちですよね。しかし、冬は日が短くなり、最高気温が出るあたたかい時間帯は短くなります。翌朝の最低気温や、3時間ごとの気温を目安にすると、「思ったより寒い…」「もっと厚着で家を出ればよかった!」といった失敗を防げると思います。

個人差はありますが、気温10℃以下で冬用コートの出番、5℃を下回るとマフラーや手袋など小物も活躍。お出かけする時間帯の気温を、忘れずにチェックしましょう。

路面が凍っていなくても要注意!スリップを招くのは…

急な冷え込みにより、雨上がりなどは路面が凍結する場合があります。凍結する目安は、最低気温4度以下のときです。

特に、日陰や橋の上、トンネルの出入り口付近は凍結しやすいので、車を運転する際には、十分注意しましょう。

実は、スリップの原因は路面凍結だけではありません。

落ち葉にも要注意なんです。特にイチョウの葉は油分が多く、雪道や凍結した道路と同じくらい滑りやすいというデータもあります。車の運転はもちろん、自転車やランニングなどの際も、滑らないように気をつけてくださいね。

先日訪れた、兵庫県西脇市の公園にて。とてもきれいなイチョウですが、スリップには要注意!天達武史 先日訪れた、兵庫県西脇市の公園にて。とてもきれいなイチョウですが、スリップには要注意!

12月は何かとあわただしい季節ですが、足元には十分ご注意ください!

次回は2023年1月1日(日)更新予定です。お楽しみに!

天達武史(あまたつ・たけし)
気象予報士。横浜市生まれ。専門学校でイラストを学んだ後、ファミリーレストランに9年間勤務。海が目の前の店舗で、天気で客数が大きく変動するため、過不足なく食材を発注するべく気象予報士を目指す。『めざまし8』の前身『とくダネ!』から、長年にわたって番組に出演。スポーツ観戦(特に野球)、散歩、スノーボード、温泉・銭湯めぐりも好き。

写真/天達武史

PICK UP