『ザ・ノンフィクション』ABU2022で審査員特別賞を初受賞!

公開: 更新: フジテレビュー!!
『ザ・ノンフィクション』ABU2022で審査員特別賞を初受賞!

『ザ・ノンフィクション』が、ABU2022で審査員特別賞を初受賞しました。

日本時間11月29日(火)夜、ABU(アジア太平洋放送連合)が主催する、ABU賞の授賞式がインド・ニューデリーにて開催され、フジテレビで2021年10月17日(日)に放送した『ザ・ノンフィクション「ボクと父ちゃんの記憶 ~家族の思い出 別れの時~」』が審査員特別賞を受賞。

<『ザ・ノンフィクション』関連記事>

アジア太平洋地域最大級の番組コンクールであるABU賞は、ABUに加盟する放送機関が制作したテレビ・ラジオ番組の中で優れた作品に贈られる賞で、今年は、加盟機関から、ラジオ部門、テレビ部門、デジタルメディア部門を合わせて300作品以上の応募がありました。

審査員特別賞は、最終選考に残ったすべての番組の中から、最終審査員によって選ばれるもので、その題材、完成度、制作価値によって、審査員に特別なインパクトを与えた番組を表彰するもの。

この賞は、必ずしも毎年授与されるわけではなく、最終審査員が適切と判断した場合のみ授与される特別な賞で、フジテレビは初めての受賞となります。

『ザ・ノンフィクション』がアジア太平洋地域最大級の番組コンクールABU2022で審査員特別賞を初受賞 左から)演出・プロデューサー:山田貴光、チーフプロデューサー:西村陽次郎

今回、審査員特別賞を受賞した『ザ・ノンフィクション「ボクと父ちゃんの記憶 ~家族の思い出 別れの時~」』は、いわゆる「ヤングケアラー」と呼ばれる、緑に囲まれた千葉・睦沢町で暮らす高校3年生の林大介さんを追っています。

大介さんの父・佳秀さんは、50歳の時に、若年性アルツハイマー型認知症と診断されました。それから15年、大介さんは母・京子さんと妹と3人で、徐々に記憶が薄らいでいく父の介護を続けてきましたが、それがついに“限界”を迎えようとしていました。

介護施設へ入所させれば、毎日家族と顔を合わせることでようやくつながっている家族の記憶は薄まり、また認知症が一気に進行してしまうかもしれない…。

この番組は、そんな悩みを抱えながら若年性認知症の父の介護で揺れる息子と、その一家のひと夏を見つめたドキュメンタリーです。

かつては、スーパーマンのような存在だった父の記憶から家族の思い出が消えてゆくという、誰の家族にでも起こりえる苦悩と現実を追うドキュメンタリーが、審査員特別賞という形で高い評価を受けました。

<富田望生 認知症の父を気丈に介護する17歳に「言葉を選ばずに言うなら…『なんていいやつ!』」><NYフェスティバルで銅賞受賞!『ザ・ノンフィクション』特別編を放送>

<チーフプロデューサー・西村陽次郎(フジテレビ情報企画開発部)コメント>

数ある番組の中から、特別な、そして栄誉ある賞をいただきありがとうございます。日本の片隅で生きる、一つの家族を描いた番組が、日本国内だけでなく、多くの国の人々の心に届き、高い評価を得たことは、本当にうれしく思います。

この番組は、若年性認知症になり、徐々に記憶が消えてしまうお父さんとその家族の物語です。大好きなお父さんの中から“家族の記憶”は消えていったとしても、家族の愛は変わることがないということを、この一家は教えてくれます。

番組を通じて、認知症や、その介護をする家族への理解が深まることを願っています。

<演出・プロデューサー:山田貴光(ドキュメンタリーSAMURAI)コメント>

特別で栄誉ある賞をいただきありがとうございます。国を越え多くの人々の心に届いたことに感謝。まずこの受賞について、林さん⼀家に喜びをお伝えしたいと思います。林さん⼀家と出会ったのは、8年前。当時、11歳だった息子・大介さんは、父の認知症に 「頑張ってボクが父ちゃんの病気を食い止める」と語っていました。

そして、17歳の夏。ヤングケアラーの大介さんと再会。変わらぬ父への思い…しかし、認知症の父と家族は、涙の別れのときをむかえました。

この作品を通して、認知症とその家族へ理解が深まること願い、日本の片隅で生きる“深い愛で繋がった林さん⼀家”を伝えられたことに誇りに思います。

<番組概要>

『ザ・ノンフィクション「ボクと父ちゃんの記憶 ~家族の思い出 別れの時~」』

放送日時:2021年10月17日(日) 14時~

チーフプロデューサー:西村陽次郎

演出・プロデューサー:山田貴光

構成:たむらようこ

(敬称略)

公式HP:https://www.fujitv.co.jp/thenonfx/index.html

PICK UP