柴俊夫×松崎しげる×萬田久子「撮影して、飲んで」若かりし日々の思い出

公開: 更新: フジテレビュー!!
柴俊夫×松崎しげる×萬田久子「撮影して、飲んで」若かりし日々の思い出

40年来の“仲間”である3人が語り合います。

11月27日(日)の『ボクらの時代』は、柴俊夫さん、松崎しげるさん、萬田久子さんが登場します。

松崎しげる「柴さんと出会ったのは、52年前」

『ボクらの時代』に出演する松崎しげる 松崎しげる

松崎さんは「おじさんになっちゃったよな。もう73(歳)」と切り出します。

萬田:でも、そうなんだ。

松崎:そう、そんなもんですよ。

柴:いやいや全然、そんなふうに見えないもんな。全然変わってないよ。

松崎:だって、俺一番最初に柴さんと知り合ったの、1970年ですよ。二十歳のとき。

柴:昨日何食べたかわかんないのに、そんな前の話わかるわけない(笑)。

松崎:いやいや(笑)。52年前に知り合ったの。知り合ったっていうか、僕がビクタースタジオでオーディションをやっているときに、審査員じゃないんだけど来たんですよ。

柴さんは「歌い始めたら、上手くて…」と松崎さんとの出会いを振り返ります。

そして、松崎さんは「いまだに覚えている」という、下積み時代に柴さんからかけられた言葉を明かします。

柴俊夫は「厳粛でジェントルマン」

1982年に放送されたドラマ『淋しいのはお前だけじゃない』(TBS)で共演し、公私ともに親交を深めた3人。

萬田:そうですよ、23歳でした。『淋しいのはお前だけじゃない』のとき。本当に、1週間のうち、おうち帰ったの1日か2日で。あとずっと撮影して、そのあと飲んで。

松崎:ね。(萬田さんに)あの、柴さんに一番最初に会ったときに「こんな厳粛な男いない」と思わなかった?

『ボクらの時代』に出演する柴俊夫 柴俊夫

萬田:だし、やっぱりジェントルマンですよ。

松崎:でしょう?でもね、それがね、僕と西田敏行にとっては玉にきずだったんですよ。

萬田:(笑)。

松崎:もうね、3人で飲むじゃないですか。僕と西田敏行はナンパするわけじゃないですか。「みんなで飲もう飲もう」つって。で、柴さんが一言。「おい、もう遅いから、君たち帰りなさい」。(西田さんを真似て)「おい、俊夫、おまえなんてこと言うんだよ、おまえよ」って。

萬田:似てる(笑)。

「いつも、ぶち壊しにする」と苦言を呈する松崎さんに、柴さんは「違うよ。ちゃんと理由があるの」と状況を説明して…。

萬田久子と故・佐々木力さんとの関係は「男と女の理想」

松崎さんは、萬田さんとパートナーであった故・佐々木力さん(※)の関係性について言及します。

(※)萬田さんと約30年連れ添ったパートナー。事実婚のまま2011年に逝去。

『ボクらの時代』に出演する萬田久子 萬田久子

松崎:本当にこの2人…リッキー(佐々木さん)と萬ちゃんが2人でいるときって、やっぱり理想ですよね、男と女の。

萬田:なにそれ(笑)。

松崎:いや、ホント。

柴:いやいや、どっちかっていうと、やっぱり友だち関係だろ。(2人の周りに)大きな大きな輪ができてさ。

松崎:本当に。

柴:すてきな人たちばっかりだったからな。

萬田:だから、いまだにパーティとか行くと、全然知らない方でも「本当にリッキーにお世話になりました」とか、「あのときのあの言葉がもう心に…」とか、いろいろ言われるの。

松崎:わかります。もう影響力大ですよ、いまだに。

萬田:だけど(亡くなったのは)60歳でしたよ。早いでしょ。

結婚という形をとらずに過ごしてきた萬田さんですが「結婚には憧れがありますよ」と打ち明けて…。

『ボクらの時代』に出演する柴俊夫、萬田久子、松崎しげる 左から)柴俊夫、萬田久子、松崎しげる

そのほか、若手時代の仲間たちとの思い出や、長年続けてきたチャリティ活動について、現役をいつまで続けるかなど、気心の知れたメンバーならではのさまざまな話題で盛り上がります。

PICK UP