松本若菜『ザ・ノンフィクション』オファーに「やったー!」ラーメン店舞台の“母娘”の物語を読む

公開: 更新: フジテレビュー!!
松本若菜『ザ・ノンフィクション』オファーに「やったー!」ラーメン店舞台の“母娘”の物語を読む

松本若菜さんが、念願だったという『ザ・ノンフィクション』の語りを担当します。

松本さんは、11月20日(日)14時~放送の『ザ・ノンフィクション「母と娘のラーメン ~ピンチをチャンスに変える人~」』(フジテレビ/関東ローカル)のナレーションを担当します。

フィリピン出身のシングルマザー・カンラスさんが営むラーメン店。ビジネスマンを中心に人気を集めていましたが、コロナ禍、原材料の価格高騰で経営難に陥ります。

それでも、明るく笑顔を絶やさないカンラスさん。19歳の愛娘との遠慮のないやりとりにも、そのポジティブな人柄がにじみ出ます。大都会の一角でひたむきに生きる母と娘の日々に、松本さんがナレーションで寄り添います。

<『ザ・ノンフィクション』関連記事>

ラーメン激戦区で13年続く人気店が閉店の危機!そのときシングルマザーの店長は…

東京・神田小川町。ランチ時になるとビジネスマンが押し寄せるラーメン店があります。店を切り盛りするのは女性店主のカンラスさん(40)。フィリピン出身のシングルマザーです。

13年前にこの場所で店を開け、故郷の豚肉料理にヒントを得た「とろ肉」が名物の人気のお店。

カンラスさんが、「ホテルで働かないか?」と誘われ、貧しい家族の生活を支えるため来日したのは19歳のころ。ところが、実際の仕事はフィリピンパプでの接客でした。

『ザ・ノンフィクション』に登場するカンラスさん カンラスさん

それでも懸命に働き、実家に仕送りを続けました。そんななか、客の日本人男性との間に子どもを身ごもります。ところが、出産のため一時帰国すると男性と音信不通に。悩んだ末、生まれたばかりの娘と2人、日本で生きていくことを決めました。

帰国後、カンラスさんが選んだのは、ラーメン店でのアルバイト。しかし、店はわずか1年で閉店し職を失います。そこで、彼女は自らラーメン店を経営することを決断。

他店では食べられない味を生み出し、やがてラーメン激戦区の中でも彼女の店は、人気店に。一方、心の支えの娘は19歳になりました。

『ザ・ノンフィクション』に登場するカンラスさんと娘さん 溺愛する娘さんとカンラスさん

そして、2020年。日本を襲った新型コロナの嵐。さらに、とどめを刺すような物価高騰…必死に守り抜いてきた店は、時代の波にもまれ、閉店の危機にさらされることに。

故国を離れ、生きるためにラーメンと向き合う母と、その背中を見てきた娘。大都会の片隅で、二人三脚で生きる母と娘をカメラが見つめました。

ナレーション収録後、フジテレビュー!!では、松本さんにインタビュー。初挑戦の感想、VTRを見た印象などを聞きました。

「今後もふたりの近況が知りたい。そして、お店に食べに行きたい」

松本若菜 インタビュー>

『ザ・ノンフィクション』のナレーションに初挑戦した松本若菜

――初となった『ザ・ノンフィクション』のナレーションはいかがでしたか?

純粋に番組のファンで、ずっと「いつかはやってみたい」と思っていました。(自身が出演した)木曜劇場『やんごとなき一族』(フジテレビ/2022年4月クール)の企画で、『ザ・ノンフィクション』のテーマ曲「サンサーラ」を歌わせていただいたこともあったので、勝手にご縁を感じていました。

@yangoto_fuji

#松本劇場 第9話 】 #やんごとなき一族 第9話での、あまりに見事な「ザ・ノンフィクション」再現に「もう毎日こればっかりやってるのでは」という疑惑さえ持たれる、長男明人の嫁・美保子。 演じる #松本若菜 さんも、とうとう挿入歌を自ら熱唱🎤 遂に #松本劇場 、完成形に到達なのか!?

♬ オリジナル楽曲 – 木曜劇場「やんごとなき一族」【ドラマ公式】 – 木曜劇場「やんごとなき一族」【ドラマ公式】
やんごとなき一族』公式TikTokより

ですので、このたびお話をいただいたときは、「やったー!」でした(笑)。本当にうれしかったです。ブースに入って原稿を読んでいるときも、感慨深かったです。

――ラーメン店を舞台にした母と娘の物語にはどんな感想を持ちましたか?

「こんなに明るくポジティブなお母さんがいるんだ!」と、こちらが笑顔になるくらい元気なお母さんと、愛情をうまく言葉にできない照れ屋の娘さんというのが、ちょっともどかしくて(笑)。でも、だからこそ余計に人間味を感じました。

また年月が経つと、あの関係性も変わってくるんだろうと感じましたし、今後もふたりの近況を知りたくなりました。そして、まず、お店に食べに行きたいです。

――普段、ラーメンは食べますか?

大好きです!つけ麺で、平打ち麺というのもあまり見たことがなくて、でも、平打ち麺だからよりスープがからんでおいしそうでしたし、トッピングの“とろ肉”も本当においしそうでした。

近々、確実に行くと思います。

――サブタイトルにもあるように「ピンチをチャンスに変える」がテーマでした。共感するところはありましたか?

私はどちらかというと、しっかり“地固め”ができないと怖くて前に進めないタイプなので、ピンチに陥ったとして、すぐにプラス思考に切り替えるというのは、なかなか難しいです。

カンラスさんの切り替えの速さと行動力は、並大抵の経験では生まれないんじゃないかって。やはり、娘さん、国の家族、お店と、多すぎるくらいのものを背負っているのも大きいのではないか、と思いました。

――母と娘の関係性についてはどう感じましたか?

愛情深い方だから、娘さんをちょっと過保護にしてしまうのも、わからなくはないなぁ、と感じました。

自宅で料理をしているとき、フライパンを熱していた娘さんがカンラスさんに「火が強い」と注意されて、「んもう!」って言い返すシーンもかわいらしく、自分にもあんな時期があったかもしれないと思いながら見ました。

ほかにも、一人暮らしを巡っての、ちょっとちぐはぐで愛らしいやりとりとか、“一瞬の切り取り”は、ドキュメンタリーでないと映せない、特別なものだと感じました。

見ているほうが背中を押されたり、笑顔になれるような物語

――松本さんにも同じような経験がありますか?

私は、就職したところで、ある程度、独り立ちしたという意識になりました。私は三人姉妹の末っ子なんですが、うちでは就職したらお金を家に入れるというルールがあり、姉たち同様に私もそうしていました。

そこから自然と「自分は大人なんだ」と感じるようになったかもしれませんが、それ以前は違いました。

学生のころは、例えば、学校の行き帰りに母が車で送ってくれても「ありがとう」がなかなか言えなかった。母に「ありがとうは?」と言われても、恥ずかしくて、言わずにドアを閉めていました(笑)。

大人になると、ありがとう、ごめんなさいも自然と言えるようになって。母にも照れくささがあったのかもしれないですが、そんな私を構うでもなく、スッと受け入れてくれたのを思い出しました。

『ザ・ノンフィクション』のナレーションに初挑戦した松本若菜

――今年も残すところ1ヵ月半となりましたが、今年はどんな1年でしたか?

毎年、年頭に事務所のスタッフと「少しずつでもいいから前進しよう」と抱負を話すのですが、今年はその一歩がすごく大きかったかもしれません。

(自身の演技が「松本劇場」などと話題となった)『やんごとなき一族』によって、知っていただいた方が増えたという実感がありますし、お仕事の量も変わってきてはいます。

ですが、今までひとつの仕事に対して向けていた熱量を、仕事が増えたからといって分散させるわけにはいきません。今までも一つひとつ、しっかり向き合ってきた自負はありますが、今後もその気持ちを忘れずにやっていきたいと思っています。

デビューして15年なのですが、その15年で培ってきたものは確実にあると思いますし、今後も、それを大事に、真面目にコツコツとやっていくのが私らしいと思っています。

――最後に改めて、今回の番組の見どころを教えてください。

コロナ禍でいろいろうまくいかないこともあるなか、見ているほうが背中を押されたり、笑顔になれるような物語だと思います。

「ピンチをチャンスに変える」というのは、言うのは簡単でも実行するのはなかなか難しいこと。それを体現している人を見るだけでも、「自分ももしかしたらできるかもしれない」という気持ちにさせてくれるかもしれません。

私はナレーションでそのお手伝いが少しでもできたら、と参加させていただきました。どうぞ、楽しみにお待ちください。

<ナレーションの一部を先取り紹介>

PICK UP