稲垣来泉 心臓病の少年に思いを寄せる少女役で『PICU』に出演!

公開: 更新: フジテレビュー!!

吉沢亮さん主演の月9ドラマ『PICU 小児集中治療室』第話に、稲垣来泉さんが出演します。

広大な北海道を舞台に、小児専門のICU(=PICU)で駆け出しの小児科医・志子田武四郎(しこた・たけしろう/吉沢亮)が、先輩らとともに、どんな子どもでも受け入れられるPICUを作るため、そして、1秒でも早く搬送できる医療用ジェット機の運用を実現するために奔走する姿を描きます。

未熟ながらも懸命に子どもと向き合う武四郎のひたむきさが大きな感動を呼んでおり、不器用ながらも少しずつ医師として成長していく“しこちゃん先生”を応援する声も日々大きくなっています。

このたび、11月14日(火)放送の第6話に、稲垣来泉さんの出演が決定。

稲垣さんは、連続テレビ小説『とと姉ちゃん』(NHK/2016年)、『スカーレット』(2019~2020年)、主人公の幼少期を演じた『ちむどんどん』(2022年)と3作の朝ドラに出演し、瞬く間にお茶の間の人気者に。

月9ドラマには『トレース~科捜研の男~』(2019年)、『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』(2019年)にゲスト出演。

また、明石家さんまさんが企画・プロデュースを務めたアニメ映画「漁港の肉子ちゃん」では主題歌を担当し、吉田拓郎さんの楽曲「イメージの詩」をカバーしてCDデビューも果たしています。

丘珠病院PICUで治療を受けている小児患者・小松圭吾の同級生

稲垣さんが演じるのは、函館に住む小学校6年生・藤原優里(ふじわら・ゆり)。

現在、札幌の丘珠病院PICUで治療を受けている小児患者・小松圭吾(こまつ・けいご/柊木陽太)の同級生です。

『PICU』に稲垣来泉が出演! 稲垣来泉

ある日、優里は休みを利用して突然丘珠病院を訪ねます。理由はただ一つ、圭吾に会うため。

幼いころからずっと一緒に育ってきた親友同士の二人。今では、圭吾に対して友だち以上の感情を持っている優里ですが、圭吾が2年前に重い心臓病を患って以来会えずじまい。

「子どもは会っちゃだめ」という大人の言いつけをずっと守ってきましたが、優里はどうしても圭吾に伝えたいことがあり、はるばる函館からやってきたますが…。

心を閉ざした小児患者の少年と、元気で明るく一途(いちず)な少女。純粋な子どもの思いに触れ、武四郎が取った予想外の行動とは?

そして、住む世界の違う二人がたどり着く未来とは――。

PICU 小児集中治療室』第6話は、11月14日(月)21時より、フジテレビで放送されます。

<稲垣来泉 コメント>

ドラマを見ていたので、出演が決まったときは「とてもすてきな役者さんたちと一緒にお仕事できるんだ」と思ってとてもうれしかったです!

私が演じさせていただく優里ちゃんは、入院している圭吾くんの力になりたい、圭吾くんのために何ができるのかな、と常に考えている女の子です。

優里ちゃんのやさしい気持ちを表現できるといいなと思っています。優里ちゃんの言葉にしづらい気持ちや、圭吾くんへの思いが作品に詰まっていると思います。見てくださるとうれしいです!

公式HP:https://www.fujitv.co.jp/PICU/

公式Twitter:https://twitter.com/PICU_cx

公式Instagram:https://www.instagram.com/picu_cx/

PICK UP