前田敦子×趣里×根本宗子の本音トーク「自分のために頑張れないのが30代」

公開: 更新: フジテレビュー!!
前田敦子×趣里×根本宗子の本音トーク「自分のために頑張れないのが30代」

公私にわたって親交のある3人が、演劇、芝居との出合いを語ります。

10月16日(日)の『ボクらの時代』は、前田敦子さん、趣里さん、根本宗子さんが登場します。

公開中の映画「もっと超越した所へ。」で共演している、前田さんと趣里さん。そして、その脚本と演出を手掛けたのが根本さん。

3人は、以前から親交があったといいます。

根本宗子 前田敦子のファンで「お金払って握手してた」

『ボクらの時代』に出演する根本宗子 根本宗子

趣里:2人(前田さんと根本さん)の出会いは?

根本:私、(前田さんの)ファン(笑)。

前田:あはははは。

趣里:そうだ、そうだ。握手してた。

根本:お金払って握手してた。

趣里:すごいね、それ。

前田:で、岩松(了)さんが「あなたのこと、すごいファンって言ってる、才能あふれる女子がいるから、一緒に観にいこう」って、で、スズナリ(ザ・スズナリ:東京都世田谷区下北沢にある劇場)に、一緒に2人で観にいって、ご飯食べに行かせてもらって。

根本:そこが、公式では初。

趣里:そっか、そっか。

根本さんは、前田さんと一緒に仕事をするようになった現在も、ふとした瞬間に「‟前田敦子“じゃん」と緊張することがあると明かして…。

趣里 バレエの道が閉ざされて…

3人は、それぞれ演劇、芝居の世界へのきっかけを語ります。

趣里:根本さんは、脚本家になりたいと思ったきっかけは?

根本:もともとは、スキーのモーグルをやっていたんです。モーグルの選手になりたかったんですけど、足をケガしちゃって、車いすの期間が6年くらいあって。車いすの期間に、大人計画のお芝居を初めて観て。

前田:へぇー。

根本:結構、松尾(スズキ)さんが書いているものに救われたので、最初は「そっち側に自分も行ってみたいな」っていうか。「何かやってみたいな」ってところから。ちょっと、足が人のようには動けなかったので。自分で書けば、自分に無理のある役は書かないっていうので、書き始めたのが、一番最初。趣里ちゃんもね、元はバレエをやって…。

『ボクらの時代』に出演する趣里 趣里

趣里:そう。元はバレエをやっていて「この道しかない」みたいに思っていて。で、(根本さんと)同じでケガをしてしまって。踊れないってなったときに…。

趣里さんは、「バレエへのあこがれが捨てきれず」にいたときに、演劇を観にいって「初めてバレエを忘れられた」と打ち明けます。

根本さんは「確実に、バレエをやっていた趣里ちゃんがお芝居の中にある」と言い、趣里さんが出演しているミュージックビデオを「大好き」と絶賛します。

また、前田さんは「アイドルをやりたいとは、1ミリも思っていなかった」と、女優を目指した理由を明かします。

その流れで、忙しかったAKB48時代の思いや、自分たちに向けられる悪意や悪口についての思いを語り合います。

前田敦子 子どもが生まれて変わったこと

趣里さんは、前田さんに「子どもができて、一番変わったことって何?」と尋ねます。

『ボクらの時代』に出演する前田敦子 前田敦子

前田:開き直りが、すごくなったかもしれない。

趣里:うん。

前田:独身で子どもがいないときは「どうしようかな、これから先」って、まだ何か可能性をいろいろ考えていたんだけど。でも、今はもう、子どもが目の前に1人いるから「よし、私はもうこの仕事をやっていく」って、開き直って。そういう意味では、精神的にすごく強くなったかもしれない。

自分のためより、子どものための方が頑張れるという前田さんは「お金の話をしてくるんですよ、子どもが」と、3歳の息子とのやりとりを語ります。

根本さんも「自分のためには、頑張れないのが30代」と語り、そこから3人の共通点が判明。

『ボクらの時代』に出演する前田敦子、趣里、根本宗子

ほかにも、苦手なタイプや友人関係、仕事にまい進してきた20代のこと、恋愛の理想と現実など、公私にわたり仲の良いメンバーならではの話題を展開します。

PICK UP