博多華丸・大吉×タカアンドトシ「大阪の勢いのある芸人さんが…」地方出身芸人の不遇時代

公開: 更新: フジテレビュー!!
博多華丸・大吉×タカアンドトシ「大阪の勢いのある芸人さんが…」地方出身芸人の不遇時代

“大阪芸人”に対して感じたという、分厚い壁について語ります。

10月9日(日)の『ボクらの時代』は、博多華丸・大吉博多華丸さん、博多大吉さん)とタカアンドトシタカさん、トシさん)が登場します。

吉本興業の地方芸人と大阪芸人

博多華丸・大吉タカアンドトシの共通点は、吉本興業の「地方事務所出身」というところ。

華丸さんと大吉さんは吉本興業福岡事務所の、タカさんとトシさんは吉本興業札幌事務所の、それぞれ1期生でした。

『ボクらの時代』に出演する博多華丸・大吉、タカアンドトシ 左から)博多華丸博多大吉、タカ、トシ

大吉:札幌と福岡で離れてるから、名前を知ってるくらいで、仕事もそんなにやったことないし、仲良くなることはなかったんだけど…。

トシ:そうですね。

華丸:交わることがなかった。

大吉:年に一回だけね、大阪の深夜生放送、吉本特番。

タカ:はい。

大吉:あれに、かき集められるんですよ。大阪の芸人さんがメインで。

華丸:メイン。

大吉:地方吉本から、(僕らが)1組ずつかな。

トシ:そうですね。

『ボクらの時代』に出演する博多大吉 博多大吉

当時は、お互いに、あいさつをする程度の関係だったといいます。

そこで「大阪の勢いのある芸人さんが、楽屋に入ってきて…」と、4人は当時を「不遇な時代だった」と振り返り、大阪芸人に感じた分厚い壁について明かします。

タカアンドトシ、華々しくデビューしたものの…

博多華丸・大吉は、上京するまでに15年、タカアンドトシは7年かかったといいます。

『ボクらの時代』に出演するタカ タカ

大吉:その7年は、どういう活動してたの?札幌で。

タカ:最初のデビューは、北海道芸人第1号という…。

華丸:うちらと一緒ね。

タカ:もう、それはそれはね。札幌のメディアもレギュラー番組もすぐ決まりますし。バーッと売り出してくれるんですけど。

大吉:一緒、一緒。

タカ:やっぱ、実力がすぐにバレるんで。

トシ:そうです。やったことないんでね。

大吉:(笑)。

タカ:それで、3年くらいでレギュラーもなくなり。もう、自分らでライブやるしかないんですよね。

『ボクらの時代』に出演するトシ トシ

当時、23、4歳。「このまま、チケット売りする人生なのか」と将来について考え始め、「30歳までには決めよう」という思いがあったと語ります。

そんななか、『爆笑オンエアバトル』(NHK)をきっかけに、上京を決め…。

博多華丸・大吉、福岡にレギュラー残して東京進出

一方の華丸さんは、東京で勝負する気は「まったくなかった」といいます。

『ボクらの時代』に出演する博多華丸 博多華丸

トシ:でも、全部捨てて、(東京に)くるわけですよね。

華丸:捨てないよー!捨ててないのよ、これが。

トシ:捨てなきゃ無理でしょ!福岡と東京なんて。

華丸:いやだから、ちゃんとレギュラー残して…。

タカ:あははは。ちゃんとね。

トシ:あ、そうなんすか?

華丸:だから、「行くとしても、1年」と思ってたから。

大吉:うん。

タカ:ああ。1年行って、ちょっと様子見て…。

華丸:『(爆笑)オンエアバトル』で、1回受かるやん。そしたら、半年くらい反響でやっていけるのよ。「東京で漫才ウケた」って。

大吉さんも「本当に、人生の転機だった」と、2組とも『爆笑オンエアバトル』が、東京進出のきっかけだったことが明らかになります。

4人は、上京前の東京のイメージと実際とのギャップや、ブレイクの経緯、現在のコンビ仲、「老い」の問題など、多岐にわたる話題を展開します。

PICK UP