<試写室>一切合切説明不要!有無を言わせぬ怒涛の展開で中島ハルコを拝む

公開: 更新: フジテレビュー!!
<試写室>一切合切説明不要!有無を言わせぬ怒涛の展開で中島ハルコを拝む

さーて、始まってしまいました(しまいました?)

この秋、最もクレイジー&アグレッシブ!!なドラマであること、すでに確定!?の、『最高のオバハン中島ハルコ』、まさかの続編(まさかの?)ですが…。僕、前回、どんな感じで、このドラマを楽しんでたのか?手前味噌にも程がありますが、自分の「試写室」で振り返ってみたんですけど…(本編見ろ)、

演出の文法はラブコメなのにラブコメじゃないし、見慣れない新鮮な風景は名古屋だし、かっこよく啖呵切ってるはずなのにありがたみはないし、何より主人公・中島ハルコ(大地真央)が、結局のところ最後の最後まで、あんた誰!?

(1話「試写室」より一部抜粋&意訳)

って、我ながらひどい。その後にちゃんとフォローを入れてはいるものの、「ありがたみはない」とか、主人公だってのに、「あんた誰!?」とか、なんてひどい。とか言いつつ、最終回の「試写室」がこれまたひどい。

最終回だってのに、なんてひどい!!爆笑!ってのでもなくて、もっと破壊力的なとこに重きを置いた感じ?まあ、とにかく、ひどい!ひどすぎる!これまで以上に、全力でひどくって、フルスロットルで、隙間なくひどい。ふと油断しようものなら、そんなわけないだろ!!って重ねて”ひどい”をぶっこんで来る、”ひどい”連続コンボ炸裂しまくり。

(最終回「試写室」より一部抜粋&意訳)

うん。もう、なんていうか、“ひどい”しか、言ってない。ドラマを多くの方へ見てもらうべく啓蒙する場=「試写室」だってのに、ここまで“ひどい”を連呼してしまう僕も相当ひどいんですが、そんなことより、何より、ホントに“ひどい”のは、“ひどい”と言わせてしまうのは、このドラマ、『最高のオバハン中島ハルコ』のせいですから―――――――!!!!!(逆ギレ)

ハルコの“ひどい”は、ひどければひどいほど、楽しい!おかしい!おもしろい!!

っというわけで(?)結局ここまで、中島ハルコ=“ひどい”、ってことしか言ってませんが、そうです!!そうなんです!!(何が?)中島ハルコが、“ひどい”!?うん、間違ってません!!!(偉そうに)前回と今回で違うところがあるとすれば、それは、舞台が名古屋ではなく、岐阜!!ということのみ!!!あとは、前回同様…、いや、違うな、前回以上に“ひどい”!!!ハルコファンには間違いなく伝わるであろう、あの“ひどい”、が、帰って来ます!!お見逃しなく!!!

うん、だけど、それじゃあ、ハルコファン以外の、前回を見てなかった人には、ここまでの“ひどい”、をネガティブにとらえてしまうじゃないか!!(ポジティブな“ひどい”って何!?)だけど、そう!そうなんです!!違うんです!!“ハルコ”の“ひどい”は、ひどければひどいほど、楽しい!おかしい!おもしろい!!そういうこと、そういうこと!!なんです!!信じてください!!!

『最高のオバハン中島ハルコ』のシーン

一番のドラマティックは、“中島ハルコにしかできない所業”――これに尽きる!

ってことで、『最高のオバハン中島ハルコ』が、どんなお話か?を簡単に解説すると…。婚期を逃したアラフォー雑誌記者のいづみ(松本まりか)が、ひょんなことからなんだか偉そうな、女医をやってるっぽい?ゴージャスだけどケチな中島ハルコ(大地真央)と出会い、行く先々で巻き込まれるさまざまな事件、人情、色恋沙汰を、中島ハルコが中島ハルコらしく、中島ハルコにしかできない所業で、バッサバッサと成敗&啖呵切る!!!!そんなお話、です。で、ここで重要なのは、いづみが婚期を逃したとか、雑誌記者だとか、ハルコが女医?とかなんとか(?って書いてるけど、ハルコはホントに女医です)、そんなこたぁ、どうだっていいのです。

このドラマにおける一番の“ドラマティック”は、“中島ハルコにしかできない所業”、ここに尽きます。とにかく、ほかのドラマでは見たことのないテンション、勢い、文法、脈略、ストーリーテリングで突き進み、この第2弾の第1話も、突然に物語は始まり、突然に今回のストーリーライン(「刃物の町・関を救え!」)に突入し、あれよあれよの怒涛の展開で、最終的にハルコ痛快!!!(…な気がする!)の大団円!!で、その(…な気がする!)ってのが重要。ハルコがすっごい迫力&含蓄(がんちく)のあるお言葉でもって、昭和~平成~令和とさまざまな時代の視点を駆使して、一刀両断!!するんだけど、正しい?間違い?という、そういう次元へ一切もっていかない…つまり、明らかに見た目は“説教”なのに、まったく説教臭くない、染みるようで染みてなくて、だけどホントは、僕らの心のもっと奥深く…“バイブス”の部分では染みてる…(バイブスてなんやねん)…それが「中島ハルコ」!!!なんです!!(意味わからん)

『最高のオバハン中島ハルコ』のシーン

終わってみると…え?岐阜?…岐阜って、結構…魅力的やん??ってなってる

だから、だからこそ、そんな“勢い”があるからこそ、ハルコファンはもちろんのこと、今回初めてハルコを拝む、そんな人にも、一切合切説明不要!の有無を言わせぬ怒涛の展開で、どんな予備知識がなくとも、楽しめる!!そんな作品に仕上がっているのです。続編なのに、2も何も入ってないのは、何でも誰でもオールオッケー!!って、そういうこと!!なんです!!(ですよね?)

で、今回は特に、前回舞台だった“名古屋”から“岐阜”へと、移行するんだけど、その辺のぶっ飛ばし方が最高。なぜ岐阜なのか?なぜ岐阜が舞台だってのを本編でことさら謳(うた)うのか?を、ハルコの決めセリフ…「ま、私の知ったことじゃあ、ないけどね!」と言わんばかりに、猪突猛進に、無意味に、いや、多少の意味づけ…岐阜を舞台にした意味づけはしてはいるんだけど、しゃらくせぇ!っと突き進む…とはいえ…、あれ…?終わってみると…え?岐阜?…岐阜って、結構…魅力的やん??ってなってる…そんな仕上がり(どんな)。とにかく、とにかく、見るっきゃないの!!

そして、あれもこれも、何よりも、“中島ハルコにしかできない所業”を、すべてドラマとして正解!!とするのが、ハルコ演じる大地真央さんの魅力…ですよ。通常であれば、なぜ?どうして?あれは?これは?どうなった?を、大地真央が中島ハルコである!ってことで、すべてを突破していきます。その“突破”、こそがこのドラマの、醍醐味、なのです。

んでもって、ハルコのファッションよ。冒頭、色味を強調するかのように見せつける、あの、THEピンク!!の、あのパンツを、あそこまで違和感なく履きこなせる人、絶対にハルコ=大地真央以外に存在しません。あんなTHEピンクのパンツを履くキャラって、ギャグか、派手、でしか意味を持たせないはずなのに、ハルコ=大地真央にかかれば、THEピンクであろうとなんだろうと、何もかもハルコにとってのカジュアル=普通に落とし込んでしまう威力。その威力、規格外感!をぜひ、体感あれ!!

『最高のオバハン中島ハルコ』のシーン

あ、もちろん、ハルコの相棒、いづみを演じる松本まりかさんの痛さと哀しさと愛らしさの絶妙な塩梅(あんばい)、は、前回同様に素晴らしいし、そんなこんなの中島ハルコに立ち向かう敵…大ボスらしき人物として登場する、岐阜の剛腕政治家を演じる佐野史郎さん!!(『限界団地』以来!!by「オトナの土ドラ」)が…もしかしたら、大地真央=中島ハルコと渡り…あえる??かも??かもしれない??っていうゾクゾク感になって、このドラマの“縦軸”を、楽しませてくれそうです。

『最高のオバハン中島ハルコ』のシーン
『最高のオバハン中島ハルコ』のシーン

最後に、なぜ、今回は、僕的大好評だった、公式ページの「今週のハルコ占い」ないんですか!?!前回掲載してた最終回時の、僕の「牡牛座」はというと…「いい?きしめんは”のどごし”を楽しむものよ!平たいからってバカにしないで頂戴!【ラッキーアイテム】 筆柿」って意味わからん!!!なにをどうすればいいの??意味わからんし、たまらん!!…って、このドラマ、こんな、感じですよ!!??(?)

PICK UP