<試写室>圧巻!!さまざまな複雑がとてつもなくシンプルに処理されるクライマックス

公開: 更新: フジテレビュー!!
<試写室>圧巻!!さまざまな複雑がとてつもなくシンプルに処理されるクライマックス

気になる最終回のできばえですが・・・、

とっても良いです!!とっても、良い!!ですッ!!!!!

つーことで、さっさと「最終回を見終えた僕の感想」をお伝えしてしまいましたが、最終回が“良い”だなんて、これまでを見てきた人なら当然、ってわかりきってるわけで、んなことより何より、最終回前の、あのラストに投下された、2つの爆弾の行方!!あんな爆弾、投下しときながら、一体全体、どんな“良い”が待っているのか??っていう、その“爆弾”、ちゃんと処理できんのかい!!っていう、そこ、そこですよね?

ってことで、前回の“爆弾”をおさらいしつつ、それがどう処理されるか?を、ネタバレ一切なし!きっとなし!(どっち!?)で、今回の「試写室」をお送りしようと思います!!

浅はかな予想を一気に覆してくる、超爽快な“体感2秒”

爆弾①

女性へ“異性化”した真尋ちゃん(紺野彩夏)が、好きになった久美ちゃん(泉マリン)…。意を決してすべてを告白!!する!!!ってなった次の瞬間…。まさかの両想い発覚!!!奇跡!!!まさに大逆転の奇跡!!!これまでの、真尋ちゃんの、“せつなすぎる”が一気に好転する、超超奇跡!!!なんちゅうビューティフルハッピーエンド!!!…(視聴者大号泣!)…(次の場面)…え!?待って?!ちょっと待って??何が起きた!?久美ちゃん、街中で、“男”と、親し気に歩いてるんですけど!?“男”と、歩いてるんですけど!?!一体誰!?!なんなの!?!?久美ちゃん、なんなの?!真尋ちゃん、どうなっちゃうの?!!?

っていう、これですよ(どれ)。

結論、言います(珍しく早い)。この爆弾、“体感2秒”で処理されます!!

この第8話の最終回、冒頭で前回までのおさらい…をすんなり済ませたと思ったら、視聴者にそのおさらいを噛み締める余韻すら与えず、間髪入れず、マジで、“体感2秒”で、処理されます!!で、この“体感2秒”ってのが、ミソで、超爽快、なんです!!

普通、あんだけの爆弾が投下されたら、画面の中、物語上でいかにうまく処理がなされたとしたって、視聴者の思考は追いつかない=処理しきれない、じゃないですか。なんだけど、そうなんだけど、この『個人差あります』だからこそできる、今作の“特殊な設定”を、これまでずっと丁寧に丁寧に描写し続けてきたからこそ、の、爽快感!!が待ち受けているのです。

いやでも、前回、「久美ちゃんと親し気に歩く“男”」って爆弾が最後に投下されたとき、そら、僕だって、あの“男”、一体なんなの!?久美ちゃんも久美ちゃんで、なんなの!?真尋ちゃんを弄(もてあそ)んでんの?っていう…。…いや、なんか違うな…。つーか、ていうか、それいる??それ、今、いる???はいはいどうせ、“ただの男友だち”なだけでしょ?それか“ただのお兄ちゃん”とか、そういう類でしょ?最終回に向けて、視聴者へ大きな“引き”をつくる、それだけのための“爆弾”、そういう、そういうことなわけでしょ?!っていう、僕ってホントにドラマ好きなの?って疑いたくなる、ひどい邪念。このドラマを甘く見すぎた浅はかな予想。をしちゃってたわけですが、そんなことは一切、ございません!!そんな心配、いりません!!僕みたいなチンケなドラマ脳を一気に覆してくる、超爽快な“体感2秒”が待ち受けますので、今回も、冒頭から、目を離さず!!お見逃しなく!!!

新川優愛だからこそ出せた“マリア様感”によってここまで誠実で美しいドラマに!!!

爆弾②

苑子(新川優愛)…、男とか女とか、関係なく晶(夏菜)が好き!!やっぱり好き!!!だから、性別関係なく、晶と一緒にいたい!!…いや、でも、晶が、何より自分が、それを求めるなら、それ、で…いいの?いつか自分が、男性の体を求めるときが来ても…それで、いいの?いいのか?…(そんなこんなの葛藤がありつつ)…苑子、“女性による女性のためのプライベートサービス”で、カオルさん(音月桂趣味:香水集め)と知り合う…。??え??知り合う??“女性による女性のためのプライベートサービス”??なにそれ??どんなサービス??苑子、一体、何をしようとしているの???

っていう、これですよ(どれ ※2回目)。“爆弾”の種類、わからなすぎる!!処理、難しすぎる!!っていう、これですよ。

いやー、これについては、苑子が“小説家”ってのが、すっごく活きてきます。

この苑子ってキャラクター、すっごく秀逸ですよね。だって、いくら夫が“異性化”したからって、不倫を容認する…。男だった夫が、女になって、それでもって別の男に抱かれる…ってさ、この、とてつもなくややこしすぎて、簡単に処理できるはずもない、夫の不貞行為を、容認しちゃう、ってさ、相当な“思考”が必要じゃないですか。下手すると、ただただ夫への依存が強すぎる、ある意味意思が弱い女性にも見えちゃいそうじゃないですか。だけど、苑子は“小説家”ってので、なんだかとてもすんなり納得しちゃうんですよね。だって、誰よりも深く深く考えられるし、何より、理解するためなら、自分で確かめたい!っていう、そんな探求心もある!それこそが“小説家”だろうし…(僕が小説家の何を知ってんだって話だけど…)。

『個人差あります』のシーン

あと、新川優愛さんだからこそ出せた“マリア様感”、半端なかったよね。マリア様感=母性の強い女性っていう、僕の勝手な解釈で話進めますけど、新川優愛さんの圧倒的マリア様感によって、決して弱い女性には見えなくって、すべてを受け止める強さがあって、だからといって男勝り!って感じでもない…。そんな絶妙な、マリア様感。で、今回待ち受ける“生々しさ”が、ちっとも、生々しくないんですよ。このドラマにおいて、生々しさって多少は必要になってくるけど、過剰だと、変な消費のされ方になって、そうなったら、変な目線のドラマになっちゃった可能性、あったわけですよ(どんな)。なんだけど、新川優愛さんだからこそ出せた、そのマリア様感によって、ここまで誠実で美しいドラマ…、に仕上がったと、僕はそう思うのです。で、それはきっと、僕が新川優愛さんが好きだから…って、ことじゃあ、決してない…と思う…んだ。

『個人差あります』のシーン

クライマックスがとにかく圧巻!です!!

で、肝心の、この、“爆弾”についてですが、これまで、男と女?性別?ジェンダー?多様性?好きって何?などなど…さまざまな“複雑”がこのドラマで展開されてきたわけですが、そんな “複雑”がとことん丁寧に描かれてきたからこそ、ようやくたどり着く、とてつもない“シンプル”が浮かび上がってきます!とんでもない爆弾を、とてつもなく“シンプル”に、処理されるのです!!もうこのクライマックスがとにかく圧巻!です!!

『個人差あります』のシーン

で、そんなこんな、真尋ちゃんの結末、主人公夫婦の行方、が美しく帰着していく…のはもちろんのこと、最終回ってことで、印象的な“あのアイテム”にもちゃんと意味があったり、澤部長でありスミレさん(大浦龍宇一)の、彼/彼女なりのハッピーエンドが用意されていたり、ラストにちょっとしたインパクトを残して終わったり、なんやかんや、最低!超最低!と口では言っときながら、最後の最後までどうしても憎めない存在だった、俺たちの雪平先輩(馬場徹)!!が、このドラマももう終わりだな…ってんで、“何か”を取り戻しにかかってくる…。

“何か”、それは、よくわかんないけど、“何か”を取り戻しにかかってくる…。え?最終的に?なんだか?やっぱり??カッコいい??…イケメン風情??出してくる?…イケメン?風情??…はぁ??雪平??はぁ?俺は、雪平のこと、許してねーかんな!!!!っていう(?)余韻、すさまじい…。このドラマって、ホントはもっと、人間ドラマ的なとこ、深堀りすべきだったのではないか…いや、だけど、ドラマって、楽しんだもの勝ち!だよね!!つまりつまり、それぞれのドラマの感想はあなたのもの、で、僕の感想は僕のもの!!(意味不明&どういう締め!?)つまり、最終回も、お見逃しなく!!!

PICK UP