村上淳×浅野忠信×オダギリジョー「友だちというより、シンプルに、好きな人」

公開: 更新: フジテレビュー!!

同世代の人気俳優3人の関係性が、明らかになりました。

9月18日(日)の『ボクらの時代』に、村上淳さん、浅野忠信さん、オダギリジョーさんが登場しました。

村上淳「同世代としてこの2人は強く意識している」

村上さんは「すごいね。浅野くんとオダギリくんと、3人で集まる日が来るなんてね」と感慨深げ。

『ボクらの時代』に出演する村上淳 村上淳

村上:うれしいですよ。20代とか、30代で集まるんじゃなくて、50近くなって集まるっていうの…良くないですか?

オダギリ:ムラジュンさんと、浅野さんって、(年齢は)一緒なんでしたっけ?

村上:同い年。

浅野:もう49になった?

村上:49になった。

村上:まぁ、ある種の同世代意識で、この2人(浅野さん、オダギリさん)は強く意識しているから。この3人がたった今、この(画面の)枠に入っているのは初なの。映画でも(3人同時の共演は)ないでしょう?

オダギリ:確かに、ないですね。

村上:浅野くんのことは、僕は19くらいのときから知っていて。

浅野:あ、ホント(笑)。

村上:というのも、UNDERCOVERっていうブランドやってるジョニオくん(デザイナー・高橋盾さん)が、「えらくすごいのがいる」って言って、見つけてきたか、連れてきて。

浅野:懐かしいね。

村上:そう。真面目な話をしちゃうと、僕も俳優活動みたいなのちょろっとしてて、浅野くんがガツンと始めて「うわー、こんな人いるんだ」って。

オダギリ:まぁ、そうですよね。

浅野:(笑)。

村上:「こんな人がいて、同じようなことやってちゃいけない」って思わせてくれた人かな。人生でも、マキシマムインパクトというか。

オダギリ:ですよね。

浅野:いやいやいや、もう。

オダギリ:芝居というものを、変えちゃいましたもんね。

村上:変えちゃった。わかりやすくいうとさ、「ナチュラルな芝居」。

オダギリ:ピカソみたいな感じで…。

浅野:いやいやいや(と恐縮)。

オダギリさんは、「誰でも描けそうみたいな感じになるんですよね」と浅野さんの芝居を表現。村上さんも、大きくうなずきました。

浅野忠信「俳優なんて恥ずかしい」たどり着いた先は…

『ボクらの時代』に出演する浅野忠信 浅野忠信

浅野さんは、自身の芝居について語りました。

村上:浅野くんの場合は、本当に…宇宙人みたいな。

浅野:いやいやいや(笑)。

オダギリ:そうなんですよ。浅野さんは、その、芝居とかって、どういうふうにとらえてたんですか?

浅野:俺もだから、現場で教わることもいっぱいあったし。でも、それと同時に、小さいころからいろんな映画を親が観せてくれて。たぶん、アメリカ映画だと思うんだけど「この人は、普段からこういうふうなしゃべり方をしているんだろう」と思ったのね。誰だかわからないけど、おじさんの俳優さんを見て。俳優始めたときに、その人を思い出したの。

オダギリ:へぇー。

浅野:最初は「金八先生!」(※)とか言って、面白かったんだけど、すぐにやりたくないモードになったから(笑)。

(※)浅野さんは、『3年B組金八先生』(第3シリーズ/TBS)で俳優デビュー。

村上&オダギリ:あはははは!

浅野:「嫌だ」と思って。バンドもやってたから「俳優なんて恥ずかしい」みたいな感じで。「どうしたら、恥かかないんだろう?」って考えたの、自分で。

オダギリ:うん、うん。

浅野:そのときに、そのおじさんのことが思い浮かんで。「普段のこのしゃべり方をやれば、普段通りなんだから恥ずかしいことはない」と思ったんだよね。

オダギリ:変に芝居するくらいだったら、素の自分でいた方がいい、みたいな?

浅野:ただね、めちゃくちゃ作り込まないと、できないということに気づいたんだよね。

村上:そうなんだよね。

浅野:「素」の表現を、クセでやるわけじゃなくて。ただやってるだけのように見られることが多いんだけど、「いや、これはめちゃくちゃ考えてきてやってるんだけど」っていうのが自分の中にあって。

オダギリさんは、「浅野さんが、そうやってちゃんと練習されていたというのがすごく意外」と声をあげました。

オダギリジョー「僕もミュージシャンと結婚しなくちゃいけないのかな(笑)」

村上さんは、オダギリさんを「アバンギャルド」と評しました。

村上:だってさ、オダギリくんもさ、すい星のように現れたじゃん?

浅野:そうだよね、うん。

オダギリ:え!そんな感じでしたっけ(笑)?

村上:ミニシアター、アート系も制覇しつつ、どメジャーもやってるっていうハイブリット感もあって。

オダギリ:それは、確かに…。

村上:今でも、そうなんじゃない?

オダギリ:そうですね。でも、それはやっぱお2人が僕の先輩にいるから。まあ、その先には永瀬(正敏)さんとかね、いらっしゃいますけど。

村上:そう、ね。やっぱ、永瀬くんはこの3人が集まったら、絶対に出る名前ですよね。

浅野:ね、ホントに。

村上:パイオニアですよ。

浅野:そうだよね。

オダギリ:そういう先輩を見て「かっこいいな」と思っていたから、「僕もインディーズにこだわろう」みたいな思いが強かったので。

『ボクらの時代』に出演するオダギリジョー オダギリジョー

また、オダギリさんは、村上さん、浅野さんの背中を追いかけるなかで、2人の結婚相手がミュージシャンだったことから「僕もミュージシャンと結婚しなくちゃいけないのかなって、本気で悩んだ」と打ち明け、2人を笑わせました。

映画監督として大切にしたいこと

俳優としてだけでなく、監督としても活躍するオダギリさん。オダギリさんの監督作品「ある船頭の話」に出演した村上さん、浅野さんが現場の様子を語りました。

村上:オダギリ組は、本当にいい現場だよね。

浅野:うん。

オダギリ:ちょっと、もっと言ってくださいよ。

村上&浅野:(笑)。

オダギリ:そういうの待ってたんですよ(笑)。

村上:ホントに理想的だと思う。

オダギリ:ホントですか!

村上:現場が、非常に穏やかでしょ。

浅野:それが素晴らしいよね~。

オダギリ:やっぱ、俳優として、俳優の気持ちが一番わかるじゃないですか。

浅野:そうですよね。

オダギリ:「ここで、もう一回やりたがってるな」もわかるし、「あ、OKだと思ってるな?こいつ」っていうのもあるし(笑)。

村上&浅野:(笑)。

監督として「俳優が楽しい現場にしたい」とオダギリさんが言うと、浅野さんも「そうだよね。(実際に)楽しかった」と振り返りました。

すると、村上さんも「5、6年前にフツフツと監督やりたいと思った」と打ち明けました。

村上:スタッフィングはすごくワクワクするの。「撮影監督は、この人がいいな。録音は、この人がいいな。美術は、この人。あ、このパターンもあるな」みたいな。ただ一つね、決定的に、僕にないもの。「世の中に発信するメッセージ」がないの(笑)。

浅野&オダギリ:(笑)。

村上さんは「伝えたいことがないから。監督はやりたいんだけど、誰かが書いてくれた脚本を撮ることはあっても、僕が脚本を書くことはない」と自己分析しました。

息子たち…今の若い世代に感じる頼もしさ

村上さんの息子で俳優の村上虹郎さん、浅野さんの息子で俳優の佐藤緋美さんの話題も。

村上:緋美くんは、2回共演していて。お父さん役と、敵対する役がオダギリ組であって。

浅野:そうだったね。

村上:オダギリ組のときの休み時間にね、「プレイリスト見せてよ」って、スマホを見せてもらうじゃない?あのね、(プレイリストの中身が)虹郎とそっくりなの。

浅野:へぇー!すごい。

オダギリ:ふーん。

村上:だから、環境?浅野くんも僕もさ、環境は違えど、同時期を…。

浅野:うん、生きてきてるもんね。

村上:だし、彼らも、親の環境とか聴いてきたものがプレイリストに入っていて。

浅野:うん。

村上:それがすごくね、印象的。あの子たち、見ていて、いいですよね。

浅野:ね。

村上:なんか、自由でいいですよね。

浅野:そうね。

村上:もちろん、彼らなりに葛藤はあるんだろうけど。今の若い20代の子とか見てると、すごくハイブリットで頼もしい。

オダギリ:うん。

村上:バラエティもできちゃうし、映画のお芝居もできるし、そのまま地続きで舞台の芝居もできるし、テレビの芝居でCMも…行き来できるものを持っているなという意味で、すごくいいと思う。

オダギリ:器用なんですかね?

村上:うーん。僕は、器用とはちょっと違う視点で見てるけど…たぶん、全部やりたいんじゃないかな?

オダギリ:何かもう、垣根を感じてないんですかね。

村上:そうかも、そうかも。舞台もそうだし。

オダギリ:そういう意味では、映画が昭和のときのような輝きを持ってないんでしょうね。

村上さんは「ミニシアターな感じだけで、やっていけないことを察しているんじゃないかな」と語りました。

『ボクらの時代』に出演する浅野忠信、村上淳、オダギリジョー 左から)浅野忠信、村上淳、オダギリジョー

また、浅野さんからは、虹郎さんとの親子共演について質問が。

浅野:親子で共演してるのは、どう?

村上:不思議。

浅野:ね。

村上:こればっかりは、不思議。

浅野:俺は、やったことないけど。

オダギリ:でも、本気でやるでしょう?お互いね。

村上:やるやる。

村上さんは、虹郎さん主演の作品で共演した際のエピソードを披露するも、今は「向こうが共演NG出してるみたい」と、笑わせました。

浅野忠信から俳優の働き方に関する2つの新提案!?

最後は、俳優たちの独立問題や、働き方、現場のあり方について言及。

村上:独立するっていう感覚は、令和っぽい感覚だなとは見てる。

オダギリ:時代が大きな事務所のような形を必要としていない感じがするじゃないですか。個人でやっていくのが当たり前の時代なんだろうなとは思うんですけど。

村上:ただ、僕はもうちょっと時間がかかるんじゃないかなって思う。個人で、本当にある種の軌道に乗せるっていうのはね。電卓のこともあるだろうし、もっといえば忖度(そんたく)も政治のこともあるだろうし。でも、増えてくると思う。

その流れで、浅野さんから「すっごい馬鹿げた考えなんだけど」と、俳優のサブスクリプション化の提案が飛び出しました。

浅野:「定額払ったら、俺をいくらでも使っていいです」っていうふうにしようかなとか。

村上:ああ、いいね。

浅野:その定額が、いくらなんだって話なんだけど。

オダギリ:あー、なるほど。

浅野:「1年に、これだけ払ってくれれば、基本出ますよ」みたいな。

村上:(笑)。

オダギリ:もう、ホントに事務所いらなくなりますもんね。

浅野:「1年間、これくらいあれば食っていけるんで」みたいな。だって、お金なんて持ってもね、使い道…ないよね。

オダギリ:(笑)。

さらに、浅野さんから「これは、冗談抜きなんだけど…」と、切実な提案も。

浅野:最近思うのが、もちろんセリフは絶対に覚える、しみこませた方が、自分の中でより良くなるというか。ただ、絶対にカンペを置いてほしいと思う。

村上&オダギリ:(笑)。

村上:早くない?

浅野:冗談じゃなくて、ふと忘れるときってあるじゃん?

村上:あるあるある!

浅野:俺だけじゃなくて、共演者もみんなあるじゃん?

村上:あるある(笑)。

オダギリ:気持ちはわかります(笑)。

そこから、村上さん、浅野さんは「台本は、老眼鏡なしでは読めない」と盛り上がりました。

『ボクらの時代』に出演する(左から)浅野忠信、村上淳、オダギリジョー

ひとしきり語り合ったあと、「3人で話すって面白いですね」とオダギリさん。

プライベートでは、同業者とはほとんど会わないという3人は、お互いを「共鳴、共感できる存在」と言い「友だちというより、シンプルに、好きな人」と、改めてその関係性を語りました。

最新放送回は、TVerFODで無料配信中!

PICK UP