一流シェフが注文を聞かずに、寺島しのぶの食べたいものを調理!?

公開: 更新: フジテレビュー!!
一流シェフが注文を聞かずに、寺島しのぶの食べたいものを調理!?

ゲストの注文を一切聞かずに、料理を作る番組が誕生します。

『絶対シェフ~注文のできない料理店~』(8月2日放送/フジテレビ ※関東ローカル)は、ゲストの注文を一切聞かずに、3人のシェフがゲストの「今、食べたいもの」をスタジオトークやアンケート、表情から感じ取り、その感じるままに料理を作り、どのシェフの料理を気に入ったかを選ぶ番組。

今回のお客さまは、寺島しのぶさん。

寺島さんの舌を満足させるべく、番組が用意したのが3人のシェフ。

8年連続ミシュラン1つ星獲得、東京・白金台「ルカンケ」オーナー、フレンチの創作芸術家・古屋壮一(ふるや・そういち)シェフ。

京都の名店「祇園 さゝ木」で4年修行し、一流ホテルの日本料理店で若くしてシェフに就任。現在は、日本料理の真髄(しんずい)を突き詰めるため、日々研究を続けている流浪の和食料理人・楠修二(くすのき・しゅうじ)シェフ。

元日本ラーメン協会理事、信州ラーメン界のカリスマであり、パイオニアである塚田兼司(つかだ・けんじ)シェフ。

『絶対シェフ~注文のできない料理店~』放送! 左から)古屋壮一シェフ、楠修二シェフ、塚田兼司シェフ

3人のシェフが、寺島さんが「いま食べたい一品」を作るべく、一切の注文なしで料理を作ります。

その様子をリポートするのは、狩野英孝さん。寺島さんの反応によって、臨機応変に対応するシェフを、臨場感たっぷり&独特なリポートで盛り上げます。

『絶対シェフ~注文のできない料理店~』放送!

しかし、シェフたちのテクニックにあっけに取られ、全然リポートにならず、進行の伊藤利尋フジテレビアナウンサーから「狩野さん!僕がリポートしてますよ」と、ツッコまれる場面も。

味覚をチェックする 「ファーストディッシュ」

最高の一品を作るために、 まずは寺島さんの本日の味覚のコンディションをチェックする、ファーストディッシュを提供。

この試食を受けて、味の好みや今日の気分、コンディションを推察し、メインディッシュのメニューを確定させます。

ラーメンの塚田シェフは、食前酒として日本酒を用意し、それを飲む“おちょこ”を寺島さんに選んでもらい、寺島さんの気分を判定。

メニューは、当日朝採ってきた、朝採れのとうもろこしの擦り流しと、ウニを使ったかき氷。

寺島さんは「普通のコーンスープじゃない」と、ラーメンの域を大きく超える塚田シェフの料理を絶賛します。

フレンチの古屋シェフは、緑色をした料理を提供。寺島さんは、思わず「何かわからない」と一言。

最後に液体窒素を目の前でかけ、パリパリ食感の新感覚カキフライに仕上げますが、「ちょっと食べづらい」と評されます。

和食の楠シェフは、いかそうめんを抹茶オイルでアレンジ。

ひと口食べた寺島さんは、「好きですね!暑い夏に、最高の一品な気がする」と絶賛。実は楠シェフ、この「いかそうめん」で、寺島さんの好みの“酸度”を探っていました。

このファーストディッシュは、勝敗には関係ないものの、楠シェフが優勢!?戦いは、いよいよメインディッシュへ。

勝負を決める「メインディッシュ」

いよいよメインディッシュの戦い。

ファーストディッシュを受け、それぞれ食材を手に調理を始めるシェフたち。

ここからは、特別に料理と直接関係のないことに関して、寺島さんに質問することができます。

楠シェフは、「小さいころの家族の団らんの思い出は?」と質問。その回答を聞き、メイン食材を魚から豚肉へ急きょ変更します。

古屋シェフも、寺島さんの「今年パクチーが好きになった」というコメントを受け、急きょオマール海老とパクチーを使った料理に変更。

急な変更に、狩野さんが驚いて、伊藤アナの「どんな海老なのですか?」という質問をスルーしてツッコまれるという一幕も。

さらに、歌舞伎の家に生まれながら、かつては女子プロレスラーになりたかったという寺島さんは、同世代の伊藤アナとクラッシュギャルズの話で大盛り上がり。

塚田シェフの「女子プロレスと男子プロレス、どっちが好きですか?」という質問には、「昔は女子プロですが、全日か新日か?って言ったら新日の方を見てた」という返答が。

それを受け、メイン食材を決めた塚田シェフ。一体何がわかったのでしょうか?

さらに、あるネット情報の真偽を寺島さんに質問するも、「それはないです!」と一蹴される場面も。

スタジオでは、事前アンケートで聞いた「好きなレストランの料理を、女子プロレスラーに例えてください」という質問の回答を紹介しますが、寺島さんは「これ、誰かわかる人いますかね?」と苦笑い。

「名店のスペアリブのイメージが、なぜジャガー横田なのか?」を、アツく語る寺島さんの「女子プロ愛」が炸裂(さくれつ)します。

また、そのアンケートであがってきた料理が、すべて中華という結果に関しても「そのときは、中華の舌だっただけ。今は、別に中華じゃない」とあっけらかんと答えます。

果たして、どのシェフが寺島さんの「いま一番食べたいもの」を作ることができるのでしょうか。

『絶対シェフ~注文のできない料理店~』(関東ローカル)は、8月2日(火)26時05分より、フジテレビで放送されます。

<寺島しのぶ コメント>

いい番組だと思いました。シェフがおっしゃっていましたが、何日間もずっと私のことを考えてくれて、料理を作ってくれるなんて、こんな贅沢(ぜいたく)なことはないですね。

特に今のコロナ禍で、(飲食店は)お客さんも入らなくて大変だったなかで、そんな状況でもお客さま一人ひとりのことを考えて、お料理を提供するって、ものづくりの基本ですよね。

「シェフって、本当にかっこいいいなぁ」と思いました。まさに、ものづくりの現場。

何かを作って人を喜ばせようという、各シェフの心意気を見てほしいです。私は、おいしいものを食べるだけで、いい思いばっかりさせていただきました。

PICK UP