「田中絹代」を腕に!スコットランド人映画監督が激賞する日本映画とは?

公開: 更新: フジテレビュー!!

365日欠かさず新たな映画を視聴し、これまで鑑賞した総本数は1万6000本超。

究極の“映画オタク”ともいえるスコットランドのマーク・カズンズ監督が、選りすぐりの111本をひも解く、フィルムドキュメンタリー「ストーリー・オブ・フィルム 111の映画旅⾏」が6月10日に公開されます。

111本は、めまぐるしい社会の変化、テクノロジーの進化とともに、映画を取り巻く環境や表現手法が劇的に変わった2010年~2021年の11年間にスポットをあて、ハリウッド・メジャー大作からアートハウス系、知られざる日本未公開作まで、多種多様な中から厳選。

愛にあふれた独自の批評的視点を披露し、これから映画を観る人には知的好奇心を、かつて観た人にはさらなる探求心をかき立てる構成で話題を呼んでいます。

このたび、カズンズ監督の特別動画インタビューが公開。大好きな日本映画のことや俳優たち、そして世界のおすすめ映画スポットなど盛りだくさんに語っています。

なぜ今、海外で人気?外国人マニアに聞く40年前の日本のシティ・ポップがバズる理由

おすすめの日本映画は3本とも「大胆で独創的な作品」

⽇本から約1万キロ離れたスコットランドに住むカズンズ監督。「とても離れた距離にいますが、⽇本の皆さんと映画愛を共有することができ、とてもうれしいです」と述べたあと、「これだけは観てほしい」という⽇本映画3本を紹介します。

最初に挙げたのが、今村昌平監督の「にっぽん昆⾍記」(1963年)。「叙事詩的で⽣命⼒に満ちたすばらしい映画で、視覚的にも美しい作品」と絶賛。

2本目は、⼩津安⼆郎監督の「⻑屋紳⼠録」(1947年)、3本目には、塚本晋也監督の伝説的⾁体ホラー映画「鉄男」(1989年)を「パンクな映画」として紹介。これらの3作はどれも、「大胆で独創的な作品」だと称賛します。

さらに、好きな日本人俳優として「並外れた伝説的な存在」だという三船敏郎さん、「史上最高傑作を含む126本の映画に出演している」という香川京子さんを挙げました。また、東京で香川さん本人に会えたことも報告しています。

来日した際、憧れの香川京子さんに会えたマーク・カズンズ監督 憧れの香川京子さんとマーク・カズンズ監督

続けて、「対談してみたい日本人監督や俳優は?」との質問には、俳優であり監督でもあった田中絹代さんの名前を推挙。そして、「田中さんの名前を腕に掘るほど好きです」と自身の腕に掘ったタトゥーを紹介。

ほかにも、「薔薇の葬列」を演出した松本俊夫監督の名前を挙げました。

マーク・カズンズ監督の腕に入った「田中絹代」という入れ墨 カズンズ監督の腕に入った「田中絹代」のサインを模したタトゥー

動画ではさらに、「ぜひ訪れてみてほしい、世界の映画ロケスポットや映画館は?」といった質問に答えたり、これから映画を⾒る⽇本の観客へメッセージも。

さらに、全ての映画を「⼦供のように⽬を⾒開き⼼を開いて、先⼊観を持たずに⾒てほしい」「本作も⼼を開いてみてくださることを願います」と思いを語りました。

「ストーリー・オブ・フィルム 111の映画旅⾏」はどんな映画?

劇中に登場する111本の映画は、受賞歴や興⾏成績といったありきたりな選択基準にはまったくそっていません。「ジョーカー」「アナと雪の⼥王」という⼀⾒何の関係もない2作品が、実は“解放”という意外なキーワー ドで共通していることを指摘するオープニングからしてサプライズの連続。

そして、「映画⾔語の拡張」「我々は何を探ってきたのか」という2部構成で、既成概念にとらわれず、⾰新的な映像表現を実践した映画を検証していきます。

本作の魅力は、引用されたタイトルを紹介するだけでも伝わるでしょう。

コメディのジャンルからは「ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー」「デッドプール」、アクションからは「マッドマックス 怒りのデス・ロード」、ホラーからは「ミッドサマー」「イット・フォローズ」をセレクト。

さらに、「光りの墓」「ムーンライト」「ゼロ・グラビティ」「コロッサル・ユース」「象は静かに座っている」「アンダー・ザ・ スキン 種の捕⾷」「サウルの息⼦」「リ ヴァイアサン」「タンジェリン」「猿の惑星:聖 戦記」「アイリッシュマン」といった作品を振り返ります。

フィルムドキュメンタリー「ストーリー・オブ・フィルム 111の映画旅⾏」が6月10日に公開されます。

詳しくは、公式サイトまで。

PICK UP