超天才現る!芸人が本気でアニメを作ったら?8ヵ月に渡る魂の記録『芸人アニメ監督』

公開: 更新: フジテレビュー!!

お笑い芸人が本気でアニメーションの監督に挑戦したらどんな作品が完成するのでしょうか。

芸人アニメ監督』(6月11日放送/フジテレビ)は、サーヤラランド)さん、上田航平ゾフィー)さん、いおりさんという芸人3人が、東映アニメーション全面協力のもと、5分の短編アニメ作品の監督に挑戦。

その様子に密着し、スタジオで、その完成作品を披露&鑑賞するという番組です。

フジテレビュー!!では、スタジオ収録に密着。3人の“監督”の様子を取材しました。

各界のアニメ好きゲストたちの反応に緊張!

左から)ラランド・サーヤ、いおり、ゾフィー・上田航平©フジテレビ/東映アニメーション 左から)サーヤいおり上田航平
©フジテレビ/東映アニメーション

スタジオには、各作品に登場するキャラクターのパネルがずらりと並び、それを見た3人の監督たちは「すごい!」と大喜び。サーヤさんは「全部事務所に飾りたい」と、冒頭からテンションを上げます。

今回、番組からのオファーを受けた3人が、脚本作り、キャラクターデザイン、コンテチェック、声優キャスティング、アフレコに至るまで、アニメ監督として心血を注いだ日数はなんと8ヵ月。

紆余曲折を経て作品を完成させ、その表情は晴れ晴れとしていますが、初お披露目で、各界のアニメ好きゲストたちと一緒に鑑賞するとあって緊張感も漂います。

左から)向井慧、山田玲司
©フジテレビ/東映アニメーション

ゲストには、アイドル界屈指のアニメ好き・宮田俊哉Kis-My-Ft2)さん、アニメやマンガ、映画にも造詣が深い宇垣美里さん、エンタメの批評考察が大人気のマンガ家・山田玲司さん、向井慧パンサー)さんといった面々が並びます。

アニメ好きが集結したということもあり、収録が始まる前から、わいわいと話が弾みます。まずは、あいさつ代わりに「今期見ているアニメ」を紹介し合い、楽しげな雰囲気の中、収録がスタート。

番組の主旨が説明されると、“あの”東映アニメーションが制作に携わった舞台裏も見られるということで、ゲストたちも大興奮。

特に宮田さんは「東映アニメーションですよ!僕の日曜は、東映アニメを見ることから始まるんですよ!」と歓喜し声を上げました。

サーヤは「芸人の出待ちファン同士のバトル」をアニメに

サーヤ ©フジテレビ/東映アニメーション

まずは、サーヤ監督の8ヵ月に密着したドキュメンタリーを鑑賞。実は、サーヤさん、普段あまりアニメは見ないながら、ネタ作りのセンスを買われてのオファーを快諾し、アニメ制作に初挑戦することに。

所属事務所の社長を務め、芸人の傍らバンド活動も行うなどマルチな才能を発揮しているサーヤさんですが、アニメ制作ではまた違った一面が。番組スタッフも引くほどの、こだわりぶりを炸裂させたのです。

東映アニメーションのスタッフに対しても一切妥協を見せないその姿勢に、スタジオがざわつく場面も。

そんなサーヤさんが手がけたのは、芸人の“出待ち”をする女性ファンたちのマウントバトルを描いた「DEath MAtCH~リアルに恋してる~」。

ラランド・サーヤが手がけたアニメ ©東映アニメーション

こだわりぬいたキャラ造形、盛り込まれた「芸人の出待ちあるある」、そして東映アニメーションならではの迫力ある戦闘シーンが混然一体となった作品です。

ドキュメンタリーを見た宮田さんは、「まるで庵野秀明監督を映したドキュメンタリーのよう」と評しましたが、映し出された自分を見たサーヤさんは、「東映アニメーションのスタッフさんに対して、相方のニシダに注文するくらいの熱量で強く出てた…」と苦笑。

ラランド・サーヤが手がけたアニメ ©東映アニメーション

それでも出来上がった作品を見て「感動しました。すごい細かいところまで制作していただいて。本当に描いていた通りがそのまま(アニメ)になって。すごいうれしいです」と感激。

ゲスト陣からも「面白い!もっと見たい」という感想が飛び交いました。

『DEath MATCH』©東映アニメーション 「DEath MAtCH~リアルに恋してる~」
©東映アニメーション

上田航平は「童話の見方を変える」作品に挑戦

©フジテレビ/東映アニメーション

続いては、さまざまな芸人にネタを提供し、コント師としても定評のある上田監督。年間100本のコントを制作するそうですが、「コントとは違うアプローチをしたい」と、大のアニメ好きならではのこだわりを見せていきます。

最初の顔合わせで、東映アニメーションのプロデューサーから「周りの迷惑を顧みず、自分のやりたいことを徹底的に意思表示して」と監督としての心得をもらい、やる気満々。

作品は、誰もがよく知る童話「うさぎとかめ」をベースにした「うさぎ」。

「童話の見方を変えたい、ダメキャラのアナザーストーリーにしたい」と脚本に着手するも、盛り込みたい要素が多すぎて、尺に収まりません。悩みに悩み、脚本に費やした日数は115日。

ゾフィー・上田が手がけたアニメ ©東映アニメーション

さらに、あるシーンの描き方で、アニメ制作のプロと意見が食い違うも、それを一蹴。プロたちを困らせます。そうなれば当然、進行が遅れ、そこをプロデューサーから指摘される、といったシビアな場面も映し出されます。

それでも、プロたちに支えられ、プレスコという制作の最終段階であるナレーション収録までこぎつけます。ところがここで、監督最大のこだわりが炸裂。

スタジオで自身のVTRを見た上田監督は「覚えてない…」というものの、その異常なまでのこだわりぶりに、スタジオから悲鳴にも似たどよめきが上がりました。

そして、3時間にも及んだナレーション収録を終え、ついに作品が完成。

ゾフィー・上田が手がけたアニメ ©東映アニメーション

スタジオで鑑賞した上田監督は、「いいアニメでした」と感慨深そうに感想をもらしました。

山田さんは、作品に上田さん自身が投影されていると指摘し、「『俺って何なんだ?』ってことに深く入り込んでいった結果、あれほど時間がかかったんだろう」と分析。

さらに「後半の方の畳みかける演出がよかった」と評価。VTRについても「ガチなドキュメンタリーを見ました」と称賛しました。

『うさぎ』©東映アニメーション 「うさぎ」
©東映アニメーション

驚異の新人監督!1人で全キャラデザ、声優も担当

いおり©フジテレビ/東映アニメーション ©フジテレビ/東映アニメーション

そして3人目の監督は、オーディションによって選ばれた、若手芸人・いおりさん。

いおりさんは、独特のキャラクターと美大出身という経歴を活かしたフリップ芸で注目されている若手芸人。紹介されるやいなや、自作の動物キャラクターを紹介し、その独特なキャラと雰囲気ですっかりスタジオを「いおりワールド」に染めてしまいます。

百戦錬磨の東映アニメーションスタッフ陣も「理解できるかどうかは置いて、人にはない発想」と絶賛するその世界観。

いおりさんが頭の中に描く世界を、制作陣に伝えてアニメーションを作り上げていくのは困難を極めるのでは、との大方の予想に反して、意外にスムーズに進んでいきます。スタッフからの「キャラはあなたの分身」という意見を受けて、声優もいおりさん自身が務めることで決定。

その様子に、向井さんも「最初の2人が、嫌な人に見えるくらいスムーズ(笑)」と驚きます。

そんないおり監督の作品は、「変わった動物たちが住む世界」をテーマに、キャラクターデザインと7体のキャラクターの声もすべて1人で担当した「Over The Rainbow」。

いおりが手がけたアニメ ©東映アニメーション

もっともこだわった「カニが泡を出すときの音」も、自身の手で音を奏で完成させました。

いおりさんは、上機嫌で「なんだ、このエキサイティングなアニメは!って、ニューヨーカーたちがひっくり返りますわ」と手応えを明かします。

スタジオで初お披露目されると、その独特過ぎる世界観に、ゲスト陣も釘付け。カオスと思いきや、普遍的なテーマが織り込まれ、感心させられたり、はたまたラストのぶっ飛び展開に「え~!!」と驚いたり、楽しそうに鑑賞。

いおりが手がけたアニメ ©東映アニメーション

作品を見終わったあと、いおりさんは「うふふふ~♪最高ですね!」と満面の笑みを浮かべました。

ゲストからは、「いや~すごいものを見た。もう一回見たい」(宮田さん)、「圧倒されました」(宇垣さん)、「これは、ニューヨーク行けますね」(山田さん)と驚き&称賛の声が続々。

上田さんも「こういう天才がいる。めちゃくちゃ面白かった」と絶賛しました。

『Over The Rainbow』©東映アニメーション 「Over The Rainbow」
©東映アニメーション

それぞれの個性と熱い思いが詰まった、三者三様のアニメ作品。果たして、その出来栄えは?また、スタジオのゲストたちはどの作品を推すのでしょうか。

芸人アニメ監督』は、6月11日(土)16時30分より、フジテレビで放送されます。

サーヤ&上田航平&いおり インタビュー

『芸人アニメ監督』が放送に ©フジテレビ/東映アニメーション

――番組からオファーを受けたときの気持ちは?

サーヤ:アニオタキャラじゃない私に監督のオファーがきたのでびっくりしました。

上田:コントと違ってアニメは無限にやりたいことができるので、「めちゃくちゃアイディアの在庫ありますよ!」という気持ちでオファーを受けました。

いおり:東映さんとアニメを作るというのは、美大生だった私にとっては夢で、芸人として何の偉業も成し遂げていないのに、こんなご褒美みたいな企画をやらせてもらって裏口から入学したような気分です。

――ドキュメンタリー&作品のお披露目はいかがでしたか?

サーヤ:やっぱりネタを見てもらうのとは違いますよね。アニメってこう作るんだという驚きの連続でした。密着映像を見たら、あんなに悩んであんなに東映さんに注文してたんだって…。普段、相方のニシダが受けていることだと思うんですが、ニシダってこういう気持ちなのかなって(笑)。

上田:がっつり密着していただくということがなかったので、自分を見ていて「早く決めろよ!」という気持ちになりました(笑)。自分の頭の中にあるものを人に伝えるというのは、自分が思っている以上に長い時間かかっているんだなと思いました。

いおり:頭の中にあるイメージを共有してもらって一緒に作っていくって難しいことじゃないですか。でも、難しいはずなのに全部くみ取ってもらえて、スムーズに進んだので良い経験でした。自分の想像以上のことができました。

いつも「動けばいいのに」って思いながら手動でフリップを動かしてネタをしていたので、今回、自分の絵が動いて、全部の夢が叶ったみたい。

――作品のセールスポイント、見どころを教えてください。

サーヤ:媚びてない作品です(笑)。私たちには、出待ちしてくれる人はいなかったんですが、ファン同士お互い争っているけど、応援してくれているだけで芸人としてはうれしいんだよっていうのが表現できたかな。

上田:自分のコントは、何の良い影響も与えないので、今までこんな気持ちになったことはなかったんですが、子どもたちに見てもらいたいです。見てもらえたら、ちょっとキャパシティの広い大人になってもらえるんじゃないかと思います。

いおり:先品の中に「はひふへほ」が隠れています。それを見つけられたらラッキーって思ってもらえたら。

今回制作したアニメは、東映アニメーションのYouTubeチャンネルで見られるほか、監督3人のアニメ制作密着VTRの完全版は、TVerで配信されます。

『芸人アニメ監督』公式サイト

PICK UP