長谷川京子 上流社会に大きな影響力を持つマダムキリコ役で出演!

公開: 更新: フジテレビュー!!

『やんごとなき一族』第4話に、長谷川京子さんが出演します。

やんごとなき一族』は、講談社「Kiss」で連載中の、こやまゆかりさん作の同名コミックが原作。

庶民の家庭から上流社会の一族に嫁ぐことになった主人公・篠原佐都(しのはら・さと/土屋太鳳)が、理不尽な一族のしきたりや親族内の複雑な人間関係に翻弄(ほんろう)されながらも、夫・深山健太(みやま・けんた/松下洸平)とともに真正面から立ち向かい奮闘する“アフター・シンデレラ・ストーリー”です。

5年ぶりに木曜劇場に出演!

長谷川さんが演じるのは、年齢、国籍、さらには性別までも不詳の、通称“マダムキリコ”。

上流社会で生きるキリコですが、“キリコベイビーズ”と呼ばれる若い男性をはべらせているという話をはじめ、さまざまなうわさが飛び交うなど、その素顔はベールに包まれています。

キリコは上流社会において大きな影響力を持っており、深山グループで働く健太にとっては、圭一圭一(石橋凌)から命じられた新たなプロジェクトを成功させるために必要不可欠な存在となります。

しかし、キリコは深山家に対して距離を置いている様子。そこには、キリコが忘れられない“ある出来事”が関係しているようで…。

長谷川さんが木曜劇場に出演するのは、『セシルのもくろみ』(2017年)以来、5年ぶりとなります。

『やんごとなき一族』第4話は、5月12日(木)22時より、フジテレビで放送されます。

キリコをもっともっと知っていきたい

<長谷川京子 コメント>

――出演が決まったときはどう思いましたか?

原作も読ませていただきました。一人ひとりのキャラクターがしっかりあり、とても楽しく、またキリコがとても迫力のある役柄だったので、正直わたしにできるのか…。

でも、やらせていただけるなら、思いきり楽しみたいな、と思っています。

――台本を読んだ印象は?

何者か得体が知れず、意地悪もする。でも、本当の彼女は?と考えると、とても興味深いです。現場でお芝居しながら、キリコをもっともっと知っていきたいと思います。

――視聴者のみなさんにメッセージをお願いします。

すべてがぶっ飛んだ存在のキリコを、私なりにどう演じさせていただくか、佐都と健太にどのような影響を及ばすか、楽しみにしていただけるとうれしいです。

<第4話あらすじ>

深山佐都(土屋太鳳)は、大介(渡邊圭祐)とリツコ(松本妃代)の離婚に加担したと、圭一(石橋凌)の怒りを買い、深山家から追い出されようとしていた。

圭一は健太(松下洸平)に離婚届を渡すが、健太は何があっても佐都とは別れないと答える。すると佐都は、もう一度チャンスが欲しいと圭一に頼み、健太と二人で頭を下げる。

圭一は、新たに建てる商業ビルにパリの有名レストラン「ソリマチ」を招聘(しょうへい)できたら先の件は不問にすると佐都と健太に言い渡す。だが、そこにはある思惑が…。

一方、健太に代わり福岡のホテルを任されることになった明人(尾上松也)は、圭一からホテル事業を行う新会社社長の椅子をほのめかされる。美保子(松本若菜)は今度こそ佐都、健太夫婦を叩き潰そうと明人を焚きつける。

佐都と健太は「ソリマチ」の反町シェフを探す。経歴を必死に調べ、健太はようやく会うことに成功するが、反町の返事は芳しくない。

だが、健太は反町のバックに“マダムキリコ(長谷川京子)”という人物がいるとの情報を得る。しかし、年齢、国籍、性別まで不明とキリコは謎だらけ。佐都と健太が考えあぐねていると、そこに大介が現れる。大介は、佐都たちが見ていたキリコの情報に反応し…。

『やんごとなき一族』は、TVerFODで無料配信中!

公式HP:https://www.fujitv.co.jp/yangoto

公式Twitter:https://twitter.com/yangoto_fuji

公式Instagram:https://www.instagram.com/yangoto_fuji/

PICK UP