大富豪になるヒントが続々!かまいたち「ゼニメンタリーという新しいジャンル」

フジテレビュー!!
大富豪になるヒントが続々!かまいたち「ゼニメンタリーという新しいジャンル」

“お金大好き芸人”かまいたちがMCを務める、経済バラエティが放送されます。

かまいたちのこっそり大富豪TV』(4月20日放送/フジテレビ)は、2021年7月に放送『オーナーになろう!小金持ちTV』、同年12月放送『かまいたちの小金持ちになりたいTV』(ともに関東ローカル)に続く、待望のシリーズ第3弾。

満を持してゴールデンタイムに進出し、初の全国放送を果たします。

番組では、世の中に潜む、実はこっそり稼いでいる人々=「こっそり大富豪」を徹底調査。個性あふれる、こっそり大富豪たちの知られざる日常に迫り、彼らのお金の稼ぎ方や人生観を通じて、お金持ちになるためのヒントを学んでいきます。

「お金稼いで人生をよりハッピーに!」を応援する、新経済バラエティです。

MCは、自他ともに認める“お金大好き芸人”かまいたち(山内健司濱家隆一)。

スタジオには、アンミカさん、大久保佳代子さん、君島十和子さん、陣内智則さん、土屋太鳳さんを招き、調査VTRを鑑賞。番組のナレーターは、前回に続いて阿佐ヶ谷姉妹が担当します。

アイデアの勝利!在宅仕事で月に数百万円を稼ぐママたち

「こっそり大富豪クイズ」は、独自のアイデアを盛り込んだ新しいスタイルの在宅ワークで高収入を得ている人々を、クイズ形式で紹介。

1日のうち、わずか2時間程度働くだけで、お金を気にしない生活を手に入れたという東京都在住の主婦。子どもを寝かしつけたあとでも働けるという、その意外な仕事内容とは…。

また、オンラインの料理教室を開講している兵庫県在住の主婦は、調理にあるモノを使うことで人気を博し、収入アップに成功。食べても痩せられると評判の、あるモノとは?

『かまいたちの こっそり大富豪TV』のアンミカ アンミカ

エルメスのバーキンを持つ女性は一体何で稼いでる?

高級ブランドのバッグや腕時計を身につけ、スーパーカーでお出かけ…時折、見かけるそんなこっそり大富豪たち。一体彼らは、どのようにしてそれだけの大金を稼いでいるのでしょうか。

そんな疑問を解明するべく、新企画「銭ゲバインタビュー戦隊!山内仮面」が始動。

山内隊長の指示のもと、人々の警戒心を解くために(?)山内さんの顔とそっくりのリアルマスクをつけた番組スタッフが街へと繰り出し、高級品の持ち主を捜索し、どんな仕事に携わっているのかを調査します。

『かまいたちの こっそり大富豪TV』の大久保佳代子 大久保佳代子

すると、六本木の自宅から高級外車で表参道へ買い物にやってきた女性や、年商数十億円を上げているという、4000万円の外車に乗る女性など、超ド級のお金持ちが続々登場。彼女たちの職業は…。

バッグや時計の値段、自宅の家賃、さらには年収に至るまで、まさにケタ外れの数字を、こともなげに口にする彼女たちに、スタジオも騒然となります。

こうして見つけ出したこっそり大富豪の中から、銀座にビルを持っているという女性社長と、買い物だけで年に1億円以上を使っているという、個性的すぎるサングラスをかけた女性の親友2人組に注目した山内隊長は、自ら彼女たちのもとへ赴き、直撃インタビューを敢行。

女性社長から、お金の稼ぎ方の極意を聞いたあとは、サングラス女性が運転するフェラーリに乗せてもらい、自宅にお邪魔することに。

フェラーリの助手席で、早くもテンションが上がりまくる山内さんでしたが、その豪華絢爛(けんらん)な暮らしぶりに、さらに仰天。

クローゼットには、ブランド物がずらり。総額なんと2億円。「私は、シャネルの“強お客さん”(上顧客)だから」という言葉に、もはや笑うしかない山内隊長。

その様子をスタジオで見守っていた君島さんが、女性社長に断捨離を勧める一幕も。

『かまいたちの こっそり大富豪TV』の君島十和子 君島十和子

夢を追いかけて奮闘する新人オーナーに密着

過去の2番組でも好評を博した、“新人オーナー”への密着取材。

今回は、それぞれに事情を抱え、一念発起してフランチャイズ店のオーナーをめざすことになった2人の女性が登場。企業との契約から始まり、店舗の物件探し、オーナー研修といった苦難を乗り越え、ついに自分の店をオープンするまでの汗と涙の日々を追います。

岡山県在住の39歳の主婦は、夫が経営する会社で働いていましたが、コロナ禍による経営の悪化を受けて、フランチャイズオーナーへの転身を決意。

全国で400店舗を展開する海鮮丼チェーン「丼丸」と契約を結び、地元での開業を目指すことに。

そんな彼女を待っていたのは、東京で行われる13日間のオーナー研修。彼女はたった一人で上京し、研修を受け始めますが、70種類もの海鮮丼メニューをすべて暗記したり、素早くたくさんの海鮮丼を作ったりと、数々の課題に直面し、身も心もボロボロに。

しかし、電話で応援する家族に励まされながら見事課題をクリアし、研修を終えた彼女は、岡山に戻って開店の準備を進めます。

そして迎えたオープン初日、彼女自身も予測しえなかった事態が次々と発生します。

『かまいたちの こっそり大富豪TV』の陣内智則 陣内智則

二人目は、話題のスイーツ“わらびもちドリンク”を生み出し、創業からわずか2年で90店舗を出店した「とろり天使のわらびもち」のフランチャイズオーナーをめざす、36歳の女性。

40歳を目前に控え、自立したいと考えた彼女は、オーナーになるために10年以上勤めた化粧品会社を退職。わらびもちで、こっそり大富豪を狙う“わらび姫”です。

かまいたち、特に濱家の大ファンだという彼女は、その持ち前の明るさで、店舗選びや求人募集、さらに広告活動の一環としてインスタグラマーへの呼び掛けなど、着々と開業の準備を進めていきます。

しかし、思わぬ出費と疲労が重なり、突如、孤独感に襲われ…自宅で一人、悔し涙。不安を抱えたままプレオープンを迎えますが、そんな彼女のもとに、なんと濱家からのうれしいエールが。

憧れの人からの応援に、大喜びの“わらび姫”。そして、気になる初日の売り上げは?

番組では、オーナーになるまでにかかる費用の内訳や、実際どのくらい儲かるのかといったノウハウも詳しく紹介します。土屋さんも、思わず「私も挑戦してみようかな…」と興味津々。

『かまいたちの こっそり大富豪TV』の土屋太鳳 土屋太鳳

『かまいたちのこっそり大富豪TV』は、4月20日(水)19時より、フジテレビで放送されます。

<かまいたち コメント>

『かまいたちの こっそり大富豪TV』のかまいたち かまいたち

――収録はいかがでしたか?

濱家:いや~、お金の話って、やっぱり楽しいですね(笑)。特に今回は、いろんなお金もうけの情報を知ることができたので、番組が放送されてみんなが知ってしまう前に、自分が動き出さなければと。だいぶ今、たぎっております(笑)。

山内:今回で3回目ですけど、本当に毎回、体が熱くなる番組で(笑)。もうギンギンの状態で収録を駆け抜けたんで、熱くてしょうがないです。やっぱりね、こういうゼニメンタリー系の番組は…。

濱家:銭のドキュメンタリーってこと?聞いたことないわ(笑)。

山内:もはや、ゼニメンタリーという新しいジャンルに踏み込んでますから。みなさんにもぜひ見ていただいて、熱くたぎっていただきたいですね(笑)。

――特に印象に残った企画やシーンは?

山内:番組全体を通して、今一番頭に残ってる言葉は、「シャネルの強お客さん」(笑)。たぶん、今後番組のキーワードになっていくんじゃないかなと。

濱家:(笑)。ほんまに「山内仮面」は面白かったですね。見た目が派手なお金持ちの方をたくさん見ることができて、めっちゃ楽しかったです(笑)。

なんか、見てると気持ちいいんですよね、ド派手なお金持ちって。大阪の田舎から出てきた僕からすると、「そうそう!お金持ちって、こうじゃないと!」って思うんで。

山内:僕も、スケールが違うお金持ちの人に対しては、ずっと見ていたい、この人のことをもっと知りたい、という気持ちになりますね。VTRがどれだけ長かろうが、眠気が一気に吹っ飛びます。ほかの番組だと、VTRを見てるときは、だいたい眠いんですけど…。

濱家:おい(笑)!

山内:この番組は、全然そんなことなかったです。もう、冴(さ)えに冴えわたってましたから。いつワイプで抜かれても大丈夫っていう。

濱家:当たり前や!自分のゴールデンの特番で眠くなったら終わりやろ(笑)。あとは、オーナーを目指す方々のVTRも、相変わらず面白かったですね。

山内:そうですね。今、勝負をかけてるんだっていう、新人オーナーさんの覚悟が伝わってきて、めっちゃ見応えがありました。

濱家:「自分でもやってみたいな」っていう気持ちにもなりましたし。

山内:確かに、オーナー業に興味はあるけど具体的にどうしたらいいかわからないっていう人が見たら、かなり参考になるんやないかなと思いますね。

実際、フランチャイズのオーナーになったからといって、100%成功が約束されることはありえないと思うんですけど、この番組で紹介するケースは、かなり成功率の高いものをチョイスしてると思うんで。逆に、オーナーの仕事の大変さとか、つらさもわかりますし。

――お二人は、お金もうけのために最も必要なことは何だと思いますか?

濱家:今回の収録でつくづく思いましたけど、やっぱり“行動力”やないですかね。「これ、行けるんとちゃうん?」って思った瞬間に、動けるかどうか。

山内:そうですね、思いきって勝負に出る行動力と覚悟は、やっぱり必要なのかなと。もじもじして何にもしないのが、一番もったいないと思うんですよ。

自分も、高校生のころはずっと「俺はおもろいねん!」と思いながら過ごしてましたけど(笑)、そういう人はけっこういると思うんですね。

で、そこから実際に芸人になれるのは、そのときに一歩を踏み出すことができた人だけですから。

――では最後に、視聴者のみなさんにメッセージをお願いします。

濱家:これは第1弾、第2弾のときから毎回言ってるんですけれども、お金もうけをしたいなって思ってるけど、まだ動けていない人は、この番組を見て動き出してほしいなと。ただ、結果がどうなっても責任は持てません(笑)。

山内:あと、たまに「俺は。お金に興味ない」とか言う人がいるでしょ?そういう人にこそ、この番組を見ていただきたいですね。「興味がないのはわかったから、とりあえず一回見よう」と(笑)。とにかく見てもらえたら、それで十分です。

公式HP:https://www.fujitv.co.jp/b_hp/daifugo/

PICK UP