加藤諒が美術部の部長に!「みなさまの癒やしになるようなシーンを」

フジテレビュー!!
加藤諒が美術部の部長に!「みなさまの癒やしになるようなシーンを」

ナンバMG5』に、加藤諒さんが出演します。

4月13日スタートの新“水10”ドラマ『ナンバMG5』は、小沢としおさんの「ナンバMG5」&「ナンバデッドエンド」(秋田書店)(※)を映像化。筋金入りのヤンキー一家「難破(なんば)家」の次男・剛(つよし/間宮祥太朗)が、実は「ヤンキーをやめたい」「普通の高校生になりたい」と、家族に内緒で健全な高校に入学するという、高校“逆”デビュー物語です。

(※)「ナンバMG5」は、2005年~2008年まで「週刊少年チャンピオン」で連載。「ナンバデッドエンド」は、続編として2008年~2011年まで同誌で連載された。

<『ナンバMG5』がクランクイン!>

ちょっとクセが強めのお調子者

加藤さんが演じるのは、剛(間宮)が家族に内緒で通う“真面目な”白百合高校3年生の美術部部長・東ミチル。

副部長・西田リョウ(にしだ・りょう/藤田真澄)とともに、小気味よいかけ合いを披露しながら部員を盛り上げる、ちょっとクセが強めのお調子者です。

当初、剛が入部を希望していると聞いたときは「男か…」と残念がるも、入部テストで剛の描いた絵を見ると、その才能を評価。

剛に的確なアドバイスをしながら、創作意欲を刺激する良き先輩となっていきます。しかし、剛の怪しい行動には気づいており、何かを隠して生活していることを気にかけるように。

『ナンバMG5』は、4月13日スタート(初回15分拡大)!毎週水曜22時より、フジテレビで放送されます。

枠の復活とともに出演が決まり、うれしかった

加藤諒 コメント>

『ナンバMG5』に出演する加藤諒 加藤諒

――出演が決まったときはどう思いましたか?

『ショムニ』(1998年、2013年)、『お水の花道~女30歳ガケップチ~』(1999年)、『リーガルハイ(第2シーズン)』(2013年)などの“水10ドラマ”が大好きでしたので、今回その枠の復活とともに出演が決まり、大変うれしかったです。

「久しぶりに不良の役かぁ~、楽しみだなぁ」と思ったら、まさかの美術部の部長・東ミチル役でした!!みんなに愛される部長になろうと思いました。

――撮影で楽しみにしていることはありますか?

素直に、撮影現場に行くのが楽しみです。本広(克行)監督のもとで『ナンバMG5』の世界に浸り、間宮祥太朗さん、森川葵さん、藤田真澄さん、そして部員のみんなで楽しい美術部の活動をしたいです。

――視聴者のみなさんにメッセージをお願いします。

今回、ヤンキーの方々がたくさん出てきて、熱い物語が繰り広げられる中、美術部はみなさまの癒やしになるようなシーンを作り上げたいと思っております。

水曜日22時に『ナンバMG5』を見て、次の日からまた学校やお仕事頑張ってほしいなと思います。

公式HP:https://www.fujitv.co.jp/nanbaMG5/

公式Twitter:https://twitter.com/nanbaMG5_

公式Instagram:https://www.instagram.com/nanbaMG5_/

PICK UP