Kis-My-Ft2が見据える未来とは?個々の武器を磨きさらなる高みへ

公開: 更新: フジテレビュー!!
Kis-My-Ft2が見据える未来とは?個々の武器を磨きさらなる高みへ

Kis-My-Ft2が抱える不安と葛藤。その先の未来への決意を明かします。

<『連続ドキュメンタリー RIDE ON TIME』の関連記事>

3月18日(金)の『連続ドキュメンタリー RIDE ON TIME』(フジテレビ)は、デビュー10周年を迎えたKis-My-Ft2特集の第3話が放送されます。

番組は、一人ひとりが自分の武器を磨くことで、グループとしてさらなる高みを目指す姿を追いました。

玉森裕太の衣装へのこだわり「“あの衣装かっこいいよね”って思ってくれるような衣装づくりを」

デビュー10周年を迎えた今の思いを問われた玉森裕太さんは、「やってる以上は売れなきゃっていう気持ちが強い。やるからにはもちろん上を狙っていかないといけない。もっと強いグループにならなきゃなっていう気持ちでやっています」と決意を語ります。

そんな玉森さんは、アリーナツアーでステージ衣装を担当。今回目指すのは、スタイリッシュな7人を見せること。「ジャニーズぽい衣装っていうのも、あれは王道で素晴らしいけど、キスマイが大人っぽく、見ている人も“あの衣装かっこいいよね”って思ってくれるような衣装づくりを心掛けています」と明かしました。

二階堂高嗣の演出のこだわりは、自分の見せ場がなくなっても「ファンの見たいものを」

ツアーのステージ演出を担う二階堂高嗣さんは、演出を考えるときに大事にしていることがあるそう。「考えているときはファンになっています。ファンが見たいもの、ファンが喜ぶものと考えて、別の人になってる。だから自分の見せ場がなくなっちゃってる」と笑いながら語ります。

そこには、ある人への思いが。「毎年ライブをやるときは、ジャニーさんだったら、っていうのは考える。“Youたちはちゃんとお客さんを楽しませてあげられているの?”って言われるのかなと思う」と明かしました。

“アニヲタ”宮田俊哉の葛藤とメンバーの理解

キスマイのムードメーカー宮田俊哉さんは、個人活動で新境地を切り開いていました。2020年にはアニメ好きが高じて映画で声優デビュー。また師匠と仰ぐ声優の浪川大輔さんに個人レッスンを受け、その技術に磨きをかけています。

そんな宮田さんですが、デビュー当時は葛藤を抱えていました。「オタク=キモい、みたいなのが世の中にすごくあって。だからって、俺は(アニメが)好きじゃないよっていうほうが気持ち悪いというか」と。本当の自分を偽りたくはないと思いながらも、しかしそれをさらけ出せないジレンマがあったそうです。

そんな宮田さんを救ってくれたのは、他でもないメンバーでした。過去、ライブで“ヲタ芸”をしたいと提案した宮田さんに賛同、一緒になってヲタ芸を披露したそう。以降、宮田さんのアニメ好きは広く知られることとなり、仕事にもつながっています。

「自分が夢に向かって頑張っているのが、グループにもつながることだと思っていて。キスマイの宮田俊哉原作アニメみたいなのっていいじゃないですか。主題歌もKis-My-Ft2みたいな。そういうのができたらいいな」と笑顔で語りました。

横尾渉が料理の道を突き進む理由は?

横尾渉さんもまた、独自の道を突き進んでいました。料理好きの彼は、1級マグロ解体師の資格を取得。レギュラー番組で実際にマグロをさばいてみせ、周りを驚かせました。最近では料理雑誌での連載も始まり、ますます活動のフィールドを広げています。

これらの活動はすべて、これから先もアイドルとして活躍していくためだといいます。「自分で考える力、行動する力が大事ってことですよね。誰かに言われるがままに行動していると、その人がいなくなった瞬間に何もできなくなる。やっぱり自分たちで、ある程度は動けるようにしとかないといけない」と語りました。

それぞれが不安や葛藤を乗り越え培った強みを糧に、その先の未来を見すえるKis-My-Ft2。さらなる飛躍への決意を映し出します。

左から)北山宏光、玉森裕太、千賀健永、二階堂高嗣、藤ヶ谷太輔、宮田俊哉、横尾渉

PICK UP