土屋太鳳&松下洸平『やんごとなき一族』ビジュアル撮影現場に潜入!初対面とは思えない“わちゃわちゃ”も

フジテレビュー!!
土屋太鳳&松下洸平『やんごとなき一族』ビジュアル撮影現場に潜入!初対面とは思えない“わちゃわちゃ”も

土屋太鳳さん、松下洸平さんが出演する新ドラマ『やんごとなき一族』(4月14日(木)22時〜/フジテレビ)。

原作は講談社『Kiss』で連載中の、こやまゆかりさん作の同名コミック。庶民の家庭から上流社会の一族に嫁ぐことになった主人公・篠原佐都(土屋太鳳)が、理不尽な一族のしきたりや親族内の複雑な人間関係に翻弄(ほんろう)されながらも、夫・深山健太(松下洸平)とともに真正面から立ち向かう“アフター・シンデレラ・ストーリー”です。

土屋さんはフジテレビ系連続ドラマ&木曜劇場初出演にして初主演。また、松下さんと共演するのは今作が初となります。

フジテレビュー!!では、同作の宣材ビジュアル撮影の現場を取材しました。

この日は、土屋さん・松下さんの両キャストおよびほとんどの制作スタッフが、ここで初めて一堂に会して顔合わせ。一通り挨拶を終え、ビジュアル撮影へと移りました。

カメラの前に立った2人。スタッフが機材のセッティングを最終調整しているなか、2人はさっそく雑談で盛り上がっているようで、現場は穏やかなムードに包まれました。

スタッフから説明された作品のイメージを踏まえ、まずは松下さんが土屋さんの頭にティアラを“載せようとしている”パターンの撮影へ。

松下さんの手指のポージングや、ティアラを持つ角度が非常に重要なポイントとなります。

松下さんはスタッフと細かい確認を重ね、モニターを見ながら何度も微修正して撮影にトライ。「健太」としてもっとも美しく見える瞬間を追求していました。

一方、主人公を演じる土屋さんは、穏やかで美しい微笑みを披露。撮影中は静かにまっすぐカメラを見据えながら、目線や口元の動き、顔の角度をわずかに変え、ヒロイン「佐都」を繊細に表現していました。

その後も撮影を重ね続け、スタッフから「はい、OKです!」と声がかかると、2人はほっとした表情に。笑顔を見せてスタッフへ拍手を送っていました。

最後は土屋さん・松下さんのソロショットの撮影へ。2人は凛(りん)としたクールな表情でカメラの前に立ち、スタッフから「ばっちりです!」と声があがって撮影は終了しました。

土屋太鳳のひとことで現場が穏やかな空気に

初共演を控え、土屋さんは松下さんの印象について「大人の懐の深さと、少年のような明るさを持ち合わせた方だなと感じました!」とベタ褒め。松下さんは「めちゃくちゃうれしいですね。ありがとうございます!」とにっこり笑顔を見せました。

一方、松下さんは土屋さんについて「“イメージそのまま”というか、とても明るくて、一緒に芝居するのが楽しみになりました!」とコメント。

さらに松下さんが「もしかして、人見知りなタイプですか?」と聞くと、土屋さんは「その…“明るい人見知り”です!」と独自の表現で切り返し、現場は大爆笑。

「どういうことですか!?ちょっと詳しく聞いてもいいですか?」と松下さん。土屋さんは「基本的には大丈夫なんですけど、誰か親しい人が現れると、その人のほうに意識が集中してしまって。例えば家族が来てしまったら、家族と話すことに集中してしまって、ほかの方が目に入らなくなってしまいます」と明かしました。

土屋さんの話をうなずきながら聞いていた松下さんは「…じゃあ、家族の方々を現場に呼ばないようにしてください(笑)」とツッコみ、土屋さんは「わかりました(笑)」と返して2人は“わちゃわちゃ”モードに。

松下さんは「今日が初対面ですけど、とても楽しかったですし、これから一緒に作品を作るのがすごく楽しみです!」と改めて意気込み、土屋さんとすっかり打ち解けあっていたようでした。

土屋さん&松下さんは「ありがとうございました!これからよろしくお願いします!」とスタッフに向けて何度も挨拶し、笑顔を見せながらスタジオを後にしてこの日の撮影は終了。

新ドラマ『やんごとなき一族』は、4月14日(木)22時よりフジテレビにて放送されます。

番組概要

タイトル:『やんごとなき一族』

放送日時:4月14日(木)スタート/毎週木曜22時〜 フジテレビ

出演者:土屋太鳳、松下洸平、尾上松也松本若菜渡邊圭祐松本妃代馬場ふみか倍賞美津子木村多江石橋凌 他

公式HP:https://www.fujitv.co.jp/yangoto

公式Twitter:https://twitter.com/yangoto_fuji

公式Instagram:https://www.instagram.com/yangoto_fuji/

PICK UP