お互いを褒めちぎる!「藤原紀香は、男前で気風がいいので“のりお”です」(久本雅美)

フジテレビュー!!
お互いを褒めちぎる!「藤原紀香は、男前で気風がいいので“のりお”です」(久本雅美)

1月18日、ブロードウェイの傑作「毒薬と老嬢」の製作発表記者会見が行われ、久本雅美藤原紀香、演出の錦織一清が出席した。

本作は、アビー(久本)とマーサー(藤原)の老姉妹が振る舞う“ぼけ酒”によって巻き起こる衝撃的な物語で、安楽死や高齢化社会への風刺を含んだブラックコメディ。今回、セリフをすべて関西弁に脚色し、舞台初共演となる久本と藤原の丁々発止のやりとりが見どころとなる。

久本雅美&藤原紀香が舞台で初タッグ!演出・錦織一清は「3人で『若草物語』でもやりたいね!」

2人はお互いを、普段から“のりお”(藤原紀香)、“姉さん”と呼び合うほどの間柄。

藤原は、久本について「一緒にいたら、その空間がパーッと明るくなるようなきっぷがいい人です。なんでも笑い飛ばせるところが似てますね」と語った。

久本は「この人『姉さん!姉さん!」って言ってくるんですよ。芸人やないんやからって言ってるんですけど、ありがたいことに、呼んでいただいてます」と恐縮。

「紀香ちゃんは、私のことをきっぷがいいと言ってくれましたけど、(逆に藤原の方が)すごくきっぷがいい男前ですから。それで、時々、紀香ちゃんじゃなくて“のりお”っていうことになるんですけども。素晴らしい根性の座っている方なので、本当にいいものを一緒に作っていければと思っております」と抱負を語った。

記者が、プライベートでの交流について聞くと、藤原が「まだ、この舞台が決まる前の話なんですが、京都の祇園で、ちょっと離れたところから『のりお〜!』ていう声が聞こえて…」と、久本と遭遇したエピソードを紹介。

酒に酔った久本は、「私な〜めっちゃ楽しみにしているからな〜」と藤原に声をかけたが、男性マネージャー2人から「まだ言ったらあきまへ〜ん!」と制止され、藤原は「祇園の街が騒然となりました」と明かした。

久本は「あの時は本当に失礼しました。こっちは、ベロ酔いですから、『のりお〜!』って叫んだことは直していきたいと思います」と謝罪。

「紀香ちゃんが、本当に旦那さんのそばで甲斐甲斐しく尽くしてらっしゃって、京都の松竹新喜劇さんに出させていただいたときにも、ちゃんとお正月の挨拶をお着物を着て来られるんですよ。本当に素晴らしい奥さんであり、女優さんですね」と称賛した。

さらに、2人の共通点について質問が及ぶと、久本は「高知に行ったときに、深く帽子を被っていたのに、タクシーの運転手さんから『藤原紀香さんですか?』って間違われたんですよ」と振り返り、「共通点は何かわからないですけど、言えることは、生まれ育った場所の雰囲気とか、考え方や感じることは、お互いに理解できるものがあるんじゃないかと思っています」とコメント。

タクシー運転手に間違われたことについては、「そのまま一切、否定せずに藤原紀香の真似をしましたよ」と語り、会場から笑いが起きた。