相葉雅紀、藤井流星の何とも言えない結果に「こういうとこあるんです、うちの子」とフォロー

フジテレビュー!!
相葉雅紀、藤井流星の何とも言えない結果に「こういうとこあるんです、うちの子」とフォロー

1月13日に放送された『VS魂』では、相葉雅紀藤井流星ジャニーズWEST)がパラアーチェリーの上山友裕選手が見守る中、アーチェリー対決を敢行。また、魂メンバーが2021年の下半期の反省点を振り返る一幕があった。

『VS魂』は、キャプテンの相葉、キャプテン補佐の風間俊介をはじめ、佐藤勝利Sexy Zone)、藤井、岸優太(King & Prince)、浮所飛貴美 少年ジャニーズJr.)の6人が、趣向を凝らした対決企画に挑戦していくゲームバラエティ。スタジオでは、魂メンバーが山崎弘也アンタッチャブル)、ゲストのDAIGOとともに対決を振り返った。

『VS魂』に出演するDAIGO DAIGO

岸優太、藤井流星のドヤ顔を見て「右の口角が上がるの、カッコいい」

今回、東京2020パラリンピックでも大活躍を見せた、日本を代表するパラアーチェリーの上山選手をアドバイザーに迎えて、「アーチェリー対決」を開催。吉村崇平成ノブシコブシ)の進行のもと、相葉&藤井の2人が、吉田沙保里谷まりあの“チーム吉田”と熱戦を繰り広げた。

オープニングで、相葉が藤井に「オリンピックやパラリンピックで最も注目していた競技がパラアーチェリーで、俺、アーチェリーやりたいのよ!」と力説。「今日、特別に“カミヤマ”さんが来てくれてる」とボケると、上山選手がすかさず「ちょっと待って!“ウエヤマ”です」とツッコむなど、相葉と息ぴったりの掛け合いを披露し、藤井も「(相葉と上山の)関係性、めっちゃ出来上がってるじゃないですか!?」と驚いた。

上山選手は、相葉とパラリンピックの取材を通じて意気投合したそうで、今回のアーチェリー対決にアドバイザーとして出演を快諾してくれたそう。

『VS魂』に出演する左から)谷まりあ、吉田沙保里、吉村崇(平成ノブシコブシ)、上山友裕 左から)谷まりあ、吉田沙保里、吉村崇(平成ノブシコブシ)、上山友裕選手

そんな上山選手が見守る中、20m先の的を狙う「20mアーチェリー」では、藤井は「(的の中心に設置された)GoPro(カメラ)をぶち抜きたい」と宣言し、見事、中心に近い7点(最高点数は10点)のエリアに的中。4人の中で一番高得点となり、ドヤ顔を見せた。

スタジオでその対決のVTRを見ていた岸は、「流星くん、(ドヤ顔のとき)右口角が上がるの、カッコいいんすよね。必ず右口角が上がるんです」と褒めるも、藤井は「絶対思ってない!」と言いつつも照れ笑いしていた。

次に挑戦した相葉は、4人の中で一番低い3点となり、「俺、一番ダメじゃん…」と苦笑。また、「左目で(的を)見ちゃったからかな」と弁明するも、上山選手から「ただのミスやと思います」と冷静にツッコまれ、爆笑していた。

『VS魂』に出演する左から)相葉雅紀、上山友裕 左から)相葉雅紀、上山友裕選手

2回目はチーム吉田がミスする中、高得点が期待された藤井が4点という微妙な得点で辛くも勝利し、番組的な盛り上がりを作れずガックリ。落ち込む藤井を見て、相葉は「こういうとこあるんです、うちの子」と爆笑。吉村からは「外すなら外す。入れるなら入れる。4点はだめよ」と厳しいツッコミが飛び、藤井は「今日寝られへんかも…」と嘆いていた。

特製の矢を放ち10m先にあるボウリングのピンを倒す「アーチェリーボウリング」では、チーム吉田が勝利。両チームはがっぷり四つの名勝負を展開する中、最終対決となる10m先を横に向かって転がっていくボールに矢を貫通させる「シューティングボール」へ。

同ゲームでは、あまりの難易度の高さに、出場者の4人だけでなく上山選手も大苦戦。吉村も「テレビ史上1番難しいゲーム」と恐れおののき、最終的には全員一丸となり、ひとまずクリアしようという流れに。そんな中、最後は谷がボールを見事に射抜き、全員が歓喜する展開となった。

『VS魂』に出演するDAIGO

スタジオでは、そんな「アーチェリーボウリング」のセットを再現し、ゲストのDAIGOが挑戦する一幕も。DAIGOは秘技(?)“ロックアーチェリー”で日本新記録を目指したが、結果は6本で「やっぱロックアーチェリーだから6本だわ」と上手くまとめ、笑いを起こしていた。

相葉雅紀、岸優太の木村拓哉との共演に衝撃

また、「下半期反省会」も開催。MCを務める岸が、「前回の反省会から約半年が経ちまして。去年の下半期も反省することがたくさんありましたよね?」と魂メンバーに問いかけると、相葉らは爆笑。すかさず山崎弘也が「そんなに反省がたくさんある番組なの?なんとなくだけど、1番反省の多い人がMCってこと?」とツッコむと、岸は「反省多くないですよ!」と否定するも、笑いが起こっていた。

岸は、お台場・ヴィーナスフォート内のカジノで行った、張り巡らされた糸をくぐり抜け、金庫にタッチできるかという対決で、素早い動きでミラクルを期待させるも、速攻でミスした失態を反省点に挙げ、「自分で『イケるイケる』と言っていたのに、ダサい姿を見せてしまった」としょんぼり。

そんな岸に、相葉は「僕が印象的だったのは、木村(拓哉)さんと岸くんと僕と3人でやった回。(岸を見て)人ってこんなに緊張するんだって思いましたね」と振り返ると、岸は同意して「多分、本当これからもないくらい緊張した回」としみじみ。相葉が「あれを乗り越えたから、もう強くなったってことだな?」と岸に優しく聞くと、岸は「強くなりました」と凛々しい表情を見せた。

風間は、相葉から英語対決「English Quiz Show」で「Ginger(しょうが)」という単語が出なかった件をいじられ、「反省会って言われた瞬間に、『その話でてこないで!』って思ったんだけど、言ってくるよね…」と苦笑いしていた。

また、先日放送された『VS魂 2022超豪華新春3時間スペシャル』で開催された「BABA魂」の名場面の数々や、「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)」対決の未公開映像も。

USJ対決について、岸が「反省することとかありましたか?」と聞くと、対決に参加した相葉は「あれはもう反省だね。負けたのもそうだし、もっといろんなゲームやったんだけど、全部カットされてる。盛り上がんなかったのかな?」とぶっちゃけ、その未公開映像が公開された。

相葉、藤井、岸の魔法を練習するシーンや、TikTokで人気の映り込みチャレンジに挑んだシーンが紹介されたが、その映像を見た相葉は「でも(放送されなくて)よかったね。カットされたのを今見るとひどいね」と苦笑し、笑いを誘っていた。

次回1月20日(木)の放送は、相葉らが爆破対決を展開。また、永瀬廉 (King & Prince)と池田エライザの映画「真夜中乙女戦争」ペアとスタジオゲームを繰り広げる。

オフィシャルサイト:https://www.fujitv.co.jp/vs_damashii/

公式Twitter: https://twitter.com/vs_damashii