空気を読まない女・瀬古凛々子が、ネットニュースサイト「カンフルNEWS」の立て直しに挑む!

フジテレビュー!!
空気を読まない女・瀬古凛々子が、ネットニュースサイト「カンフルNEWS」の立て直しに挑む!

ゴシップ#彼女が知りたい本当の○○』第1話完全版

大手出版社「クスノキ出版」の経理部に所属する瀬古凛々子(黒木華)は、他人の気持ちを理解したり、場の空気を読んだりすることは苦手だが、この世界や他者を知りたいという欲求は強く、優れた洞察力を生かしてちょっとした矛盾や誤りを見抜く能力に長けた女性。

<ドラマ『ゴシップ#彼女が知りたい本当の○○』の関連記事>

経理部では、その厳しいチェックぶりから地獄の番犬・ケルベロスとも呼ばれている。そんな凛々子の能力を認め、彼女の協力で同期のライバルを蹴落として執行役員となった仁和正樹(安藤政信)は、凛々子にある仕事を命じる。それは、クスノキ出版が運営するニュースサイト「カンフルNEWS」の立て直しだった。

カンフルNEWSには、温厚で争いごとが苦手な放任主義の編集長・山田礼二(生瀬勝久)以下、凛々子と同期で、ひねくれていて口も悪いが人を丸め込むのが上手い根津道春(溝端淳平)、さまざまな女性と広く浅く付き合い、仕事は早いが中身の薄い男・下馬蹴人(野村周平)、「週刊カンフル」の元エース記者だったシングルファーザーの椛谷静司(野間口徹)、少年マンガ誌「ジャンクス」の編集部志望だった一本真琴(石井杏奈)が所属している。

だが、その仕事ぶりはといえば、他社のニュースやブログ記事のコメントをコピペしただけの“コタツ記事”ばかりを発信しており、PVは月間50万程度、広告もろくにつかないというお荷物部署状態だった。

編集部にやってきた凛々子は、月間5000万PVという目標を掲げ、そのために「ゴシップで攻める」という戦略を立てる。そんななか行われた編集会議で、アイドルと人気声優の交際がうわさされるきっかけとなったあるクリスマスパーティーが話題に上がった。

そこで、そのパーティーにはゲーム・アプリ会社「グリフィン・ラボ」の代表や社員たちも出席しており、彼らをパワハラ企業として告発するというSNSの投稿があることを知る一同。グリフィン・ラボは、美少女女子高生キャラたちと新幹線で全国を旅しながら疑似恋愛体験ができる“萌えゲー” 「おとめドキッ♡ラブトレイン」で急成長した会社だった。

下馬は、情報の裏取りもしないで記事を出すのは危険だという凛々子の反対を無視し、このパワハラの件で1本記事を書くよう真琴に告げる。

あくる日、携帯電話を紛失してしまい部内を探し回っていた山田のものに、1本の電話が入る。慌てて、ワイドショー番組の「ハヤミミ」にチャンネルを変えるよう指示する山田。するとそこでは、グリフィン・ラボ代表の松永大吾(古澤蓮)が、カンフルNEWSのパワハラ記事を事実無根だと訴えていた。名誉棄損での訴訟も考えていると怒る松永。それを受けて、番組のMC・竹富喜一郎(大鶴義丹)もカンフルNEWSを厳しく非難していた。

その夜、凛々子は、行きつけの薬膳カフェ「黄実子」を訪れる。凛々子の顔を見た店主の黄実子(りょう)は、疲れているという凛々子に、無理をしないでなるべく頑張ろうという気持ちで臨めばいいのでは、と声をかけた。すると凛々子は、「そうはいかない。約束したから」と返す。それは、カンフルNEWSを潰すな、凛々子があの部署を特別な場所にできればその時にきっとわかることがある、という仁和との約束だった。

翌日、本社から呼び出された山田は、記事内容に事実誤認があったとする謝罪記事を出すよう命じられる。もし廃部になったら、と後のことを気にする部員たちを尻目に、その記事を書くと自ら名乗りを上げたのは凛々子だった。

凛々子は、謝罪文を出すにあたり、事の経緯を説明するとして、グリフィン・ラボのパワハラを最初にSNSに投稿したアカウント「鉄ちゃん55号」に注目する。鉄道ファンらしい鉄ちゃん55号の投稿をさかのぼると、グリフィン・ラボの「おとめドキッ♡ラブトレイン」のサービス終了を非難する投稿とともに、「自分が作ったキャラクターをパクった」という訴えもあった。

鉄ちゃん55号は、2年ほど前のゲームの配信開始当初から、キャラクターの盗作を訴えていたのだ。鉄ちゃん55号の趣味がNゲージだと知った山田は、あることを思い出す。山田は、カンフルNEWSの前身である雑誌の週刊カンフルがあったころ、男性の趣味を紹介するコラムを担当しており、Nゲージの店もやっている鉄道マニアに取材したことがあったという。

鉄道ファンは繋がりがある可能性が高いことから、その人物なら何か知っているかもしれないというのだ。だが、その人物の連絡先は、無くしてしまった携帯電話に入っているらしい。

夜、凛々子と山田がNゲージの店を調べていると、そこに重そうなカメラバックを背負った男・笹目虎太郎(寛一郎)がやってくる。笹目は、近くの公園で携帯電話を拾い、一番新しい発信履歴に電話をして、この携帯電話が山田のものだと知って届けに来てくれたのだ。

笹目は、お礼がしたいという山田の申し出を固辞して帰ろうとする。そこで、山田と一緒にいる女性が瀬古という名字であることを知ると、驚いた表情を見せ、彼女の顔をじっと見つめた。が、すぐに昔の知り合いに似ていると思った、と言って去っていく。

山田が取材したというNゲージの店主は金子京平(原金太郎)という男だった。山田は、つい最近、金子から送られてきたというメールを凛々子に見せた。それは、店を閉めることにした、という内容で、山田が書いた記事の写真も添付されていた。

その記事に使われていた写真の中に、小さくピンク、イエロー、ブルーの何かが映っていることに気づいた凛々子は、「ザワザワする…」とつぶやき…。

凛々子は、山田とともに、地下の備品倉庫で週刊カンフルのバックナンバーを調べ始める。そんな2人のことが気になる根津や下馬たち。やがて2人は、ついに金子の記事を発見する。

凛々子は、山田とともにさっそく金子の店を訪ねた。金子に名刺を渡すと、「あなたがこのアカウントの持ち主ですね」と鉄ちゃん55号のSNSを見せる凛々子。金子の記事を見た凛々子は、店内で撮影された金子の写真の背景に、女の子3人のイラストを使ったポップがあることに気づいたのだ。

「おとめドキッ♡ラブトレイン」のキャラクターが金子のイラストに酷似していると推察したのは、グリフィン・ラボのゲーム・クリエイターのSNSだった。松永とそのクリエーターたちは、金子の店の近くにあるラーメン店を訪れていた。そこには、次作のアイデアを探す旅の中で良いアイデアが見つかり、すぐに近くのラーメン店で会議をしたことも記されていた。

金子は、一連の投稿の経緯を話し始めた。10年ほど前、自ら新幹線の名前をつけた3人の女子高生のイラストを描いたこと。ところがある日、「おとめドキッ♡ラブトレイン」にそのイラストをブラッシュアップしたキャラクターが使われていることを知り、グリフィン・ラボに抗議したこと。だが相手にもされずに悔しい思いをしていたが、ゲームを見ているうちに自分が作ったキャラクターが楽しそうに笑ったり、動いたりしているのを見て父親のような気持ちになり、ゲームにハマっていったことを。

そんな折、突然サービス終了がアナウンスされ、当時の怒りを思い出した金子は、注目を集めるためにパワハラをでっち上げた投稿をしたのだという。金子の話を聞いていた凛々子は、その話をすべて記事にする、と告げた。根拠もなくグリフィン・ラボをパワハラ企業だと書き込んだことも、キャラクターを盗作されたこともありのまま記事にする、というのだ。

編集部に戻った凛々子は、記事を仕上げ、最後に自分の名前を記載した。カンフルNEWSはこれまで書き手の名前は載せていなかったが、それでは顔を隠してネットの掲示板に書き込む人たちと同じだというのだ。

凛々子が書いた記事は、それほど取り上げられることはなく、PVもそれほど伸びていなかった。だが、凛々子の記事を受けて決意したという、グリフィン・ラボの元社員クリエーターが、松永代表のパワハラを告発する記事が出ていた。

金子の店には、記事を読んだ鉄道ファンが集まっていた。ネットで、「おとめドキッ♡ラブトレイン」の生誕地のことを知って訪ねてきたらしい。ファンたちに囲まれた金子は、戸惑いながらも記念撮影に応じて…。

グリフィン・ラボの訴状は取り下げられたものの、クスノキ出版の上層部は今回の一件を問題視し、カンフルNEWS存続を主張していた仁和も責任を追及される。仁和はそれを認め、しかるべき人間に責任をとってもらう、と発言した。

凛々子は、山田が早期退職することを知る。「あとはよろしく」。山田は、凛々子にそういって去っていく。

ある夜、いつものように編集部で寝ていた根津は、物音に目を覚ます。凛々子が編集部内を片付けていたのだ。凛々子は、「編集長になったので、環境を整える」と根津に告げ…。

<ドラマ『ゴシップ#彼女が知りたい本当の○○』はFODでも配信中(最新回は期間限定で無料)>