福田雄一『志村けんとドリフの大爆笑物語』は「志村さんが大好きだった自分が、間違いなく見たかったもの」

公開: 更新: フジテレビュー!!

福田雄一が『志村けんとドリフの大爆笑物語』への思いを語った。

志村けんさんの半生を描いたドラマ『志村けんとドリフの大爆笑物語』(12月27日放送/フジテレビ)は、山田裕貴が志村けんさん役を演じ、脚本・演出を、福田雄一が手がける。

また、いかりや長介さん役を遠藤憲一加藤茶役を勝地涼高木ブー役を加治将樹仲本工事役を松本岳荒井注さん役を金田明夫、志村けんさんの父・憲司(けんじ)さん役に渡辺いっけい、志村さんの母・和子(かずこ)さん役に宮崎美子、また、ムロツヨシもある役で出演することが発表されている。

<『志村けんとドリフの大爆笑物語』のフジテレビュー!!関連記事>

このたび、脚本・演出を務めた福田が本作に対するコメントを寄せた。

『志村けんとドリフの大爆笑物語』は、12月27日(月)21時より、フジテレビで放送される。

<福田雄一 コメント>

『志村けんとドリフの大爆笑物語』の福田雄一監督福田雄一

——今回の話が来たときはどう思いましたか?

この企画のお話をいただいたときは、とてもうれしかったです。ただ、次の瞬間、とてつもないプレッシャーにさいなまれました。ザ・ドリフターズの歴史の一端を担うことができるだろうかという不安と、僕自身、志村けんさんへの思い入れがとてつもなく強かったので。

何しろ、志村さんは少年時代からずっとテレビの前で見てきた大スターでしたから。引き受けさせていただく覚悟をしたのには理由があって、『となりのシムラ』(2014~2016年/NHK) でご一緒させていただいたときに、志村さんも会議から参加してくださり、一緒にコント作りをしながら笑いを生み出す志村さんの姿勢や笑いへのこだわりを間近で感じさせていただき、やっぱり大好きで、また一緒に作りたいという思いがあったからです。

——志村さんにお会いしたときのことを教えてください。

『となりのシムラ』の構成会議で志村さんにお会いしました。憧れの方を目の前にして、発言をするのに、とても緊張したのですが、いざ発言してみると、「お、それいいね~」などと言っていただいたり、志村さんの気さくさに、すぐに緊張がほぐれました。

そのときは、いくつかのコントについて皆で話し合ったのですが、笑いを生み出すアプローチがとてもロジカルで、自分が子どもの時に楽しんでいたコントも、志村さんが、笑いに真剣に向き合って作ってこられていたことを知って、より感激しました。

自分自身がコントを作るきっかけがザ・ドリフターズだったのは間違いない

——福田さんご自身の子どものころの志村さんやザ・ドリフターズの思い出は?

「ひげダンス」と「牛乳コント」が好きでした。『ドリフ大爆笑』のコントも、テレビを録音して、お楽しみ会でまねをしてました。

自分自身がコントを作るきっかけがザ・ドリフターズだったのは間違いない、それくらい好きでした。

——今回、ドラマを演出するにあたり、気をつけた点、苦労したところは?

誰もが知ってる志村さんのイメージとは逆に、知らない部分、テレビに映らないところの志村さんを描くのは大変だと感じました。ですから、みんなが知らないところにリアリティをしっかりもたせて描くことに気をつけました。

——志村さんを演じた山田裕貴さんの印象は?

本人はプレッシャーだったと思うんですが、志村けんさんの役、本当にピッタリで、山田裕貴くんにやってもらえて良かったと思ってます。コント練習は、異常なほどしていました(笑)。しっかり準備してくれていたんだと思います。アドバイスいらずでした。

——ザ・ドリフターズのメンバーを演じた、勝地涼さん、加治将樹さん、松本岳さん、遠藤憲一さんはいかがでしたか?

ザ・ドリフターズのメンバーは、基本的に似せるということが大前提にあったので、そこをリアルに演じていただけて、本当にありがたかったです。

遠藤さんのいかりやさんも本当に素晴らしくて、声を寄せるか寄せないかは、演技を優先することを選択されたのですが、それも、リアリティを追求してこそで、本当にハマっていました。

『志村けんとドリフの大爆笑物語』の(左から)山田裕貴、松本岳、遠藤憲一、勝地涼、加治将樹左から)山田裕貴、松本岳、遠藤憲一、勝地涼、加治将樹

——福田組ではおなじみのムロツヨシさんの出演もありました。

テストから本番まで、全部違うことをやっていて、面白かったです。

——印象に残ったシーンやエピソードはありますか?

志村さん役の山田裕貴くんが、実家にザ・ドリフターズのメンバーになったことを伝えるシーン。涙を潤ませながら、電話するのが、印象的でした。思わず泣きそうになりました。

——この作品で監督が一番伝えたいことは?

志村けんさん、ザ・ドリフターズが、笑いのために真剣に取り組む姿、志村さんが、それを望んでいるかはわからないけれど、僕は、見てもらいたいと思って、この作品を作りました。

——視聴者のみなさんにメッセージをお願いします。

志村けんさんのことがあれほど大好きだった自分が、間違いなく見たかったものなので、ぜひ、みなさんに見ていただきたいです。

公式HP:http://www.fujitv.co.jp/shimuradorifu/

公式Twitter:https://twitter.com/shimuradorifu?s=20

PICK UP