『顔だけ先生』がオールアップ!神尾楓珠「貫地谷さんでなかったら、こんなに面白い遠藤にはなっていなかった」

公開: 更新: フジテレビュー!!
『顔だけ先生』がオールアップ!神尾楓珠「貫地谷さんでなかったら、こんなに面白い遠藤にはなっていなかった」

顔だけ先生』全シーンの撮影が終了した。

これでもか!と続く予測不可能な展開で、SNSでは「意外と深い」「まさか泣かされるとは…」と話題の、神尾楓珠主演『顔だけ先生』(東海テレビ・フジテレビ系)が、12月18日(土)に最終回を迎える。

このほど、約4ヵ月におよぶ期間を経て、全シーンの撮影が終了した。この日は、親から見合いを進められた亀高先生(貫地谷しほり)から、相談をもちかけられるという状況を遠藤(神尾楓珠)が想像するシーンの撮影。

神尾は、肩パット入りスーツに興味津々で「遠藤っぽくないシーンだけど、これがラストカットというのも『顔だけ先生』っぽいですね」。スタイリストによれば、神尾の衣装は、1986年の大ヒットドラマ『男女7人夏物語』(TBS)からインスピレーションを受けたものだそう。

『顔だけ先生』の(左から)遠藤一誠(神尾楓珠)、亀高千里(貫地谷しほり) 左から)遠藤一誠(神尾楓珠)、亀高千里(貫地谷しほり)

今作で初の教師役に挑戦した神尾。好きなことに全集中で、教師らしいことを一切しないものの、何気ない遠藤の言葉が次第に生徒たちのココロを開いていく…という難しい役どころを演じた。

『顔だけ先生』の遠藤一誠(神尾楓珠)

クランクアップ後、スタッフから花束と共に惜しみない拍手が贈られた神尾。「寂しいですね。正直セリフ量も多かったですし、スケジュールも大変でしたが、この現場を本当に楽しんでいて、視聴者の方はもちろん、現場を笑わせるにはどうしたらいいのかが、やりがいになっていました。遠藤役を楽しんで4ヵ月間できたと思います」と挨拶した。

貫地谷にもお辞儀をすると、再び現場に拍手が響いた。

クランクアップを迎えた(左から)貫地谷しほり、神尾楓珠

<神尾楓珠コメント>

——クランクアップを迎えた今の心境は?

心にぽっかりと穴が開いたような、ついにこの現場が終わると思うと寂しいです。とても楽しくて、きっと何年後かに振り返っても楽しかったなと思える現場でした。

監督と話し合い、僕の提案も受け入れていただきました。それを貫地谷さんがすべて返してくれたおかげで、僕は何をしても大丈夫と思えるようなりました。演技をいろいろと試すことができたのは、貫地谷さんのおかげです。

貫地谷さんでなかったら、こんなに面白い遠藤にはなっていなかったと思っています。

『顔だけ先生』の(左から)亀高千里(貫地谷しほり)、遠藤一誠(神尾楓珠)
『顔だけ先生』の(左から)遠藤一誠(神尾楓珠)、亀高千里(貫地谷しほり)

——初めての教師役はいかがでしたか?

生徒たちとどう接しようかとか、先生らしくしないとなど、最初はいろいろな心配をしましたが、遠藤を演じているうちに、そんなことを考えなくてもいいんだと思いました。

遠藤も徐々に先生らしくなっていきましたし、自分の中でもどんどん楽しさを生み出していく感じで、自分と遠藤がシンクロしていたような気がします。

『顔だけ先生』の遠藤一誠(神尾楓珠)
『顔だけ先生』の遠藤一誠(神尾楓珠)

——印象に残ったシーンは?

本当にたくさんあります。意外だったのは、第7話のホームレス時代のシーン。自分では、最終的には笑えるシーンになっていると思っていたんです。でも、あれを見て泣いてくださったという人が、結構いて驚きました。貫地谷さんも、ドラマを見て「泣いた」と言ってくださって。

『顔だけ先生』の遠藤一誠(神尾楓珠)

この作品は、何が面白いとなるのか、どのセリフが響くのか、まったく予想できなかった。でも、それが遠藤らしいんだなというふうに思いました。

セリフでは、「死にたいと思いながら生きる。それでいいじゃないですか」(第5話)。あのセリフが、いいなと思いました。

——キュートな仕草も話題になりました。

遠藤は下手したら、ウザいというか、あまり関わりたくないと思われがちなタイプですよね。屁理屈を言って、自分ファーストで。

「亀高先生、ひどい」とか、少しぐらい可愛らしさを見せないと、誰も応援してくれないから、可愛らしさみたいなものは意識しました(笑)。

『顔だけ先生』の(左から)遠藤一誠(神尾楓珠)、亀高千里(貫地谷しほり) 「亀高先生、ひどい」

——最終回の見どころを教えてください。

終わり方が、すごく『顔だけ先生』らしいなと。「えっ!?そういう終わり方なんだ」って。だから、ちゃんとラストまで見届けてもらえたらうれしいです。

しかも、遠藤がここにきて壁にぶち当たって悩むんです。そこが注目だと思います。

『顔だけ先生』の遠藤一誠(神尾楓珠)

<最終話あらすじ>

教室に入ってきたのは、学生服に身を包む遠藤(神尾楓珠)、亀高(貫地谷しほり)、川相(八嶋智人)…。蓮(小宮璃央)が、由希(あかせあかり)を人質に学校に立てこもったのだ。

『顔だけ先生』の(左から)川相公二郎(八嶋智人)、遠藤一誠(神尾楓珠)、亀高千里(貫地谷しほり) 左から)川相公二郎(八嶋智人)、遠藤一誠(神尾楓珠)、亀高千里(貫地谷しほり)

3人の教師を、涼介(林タケル)、彩美(崎本詩織)、葵(上乃爽)、りん菜(城所茉莉花)が取り囲む。 蓮たちが3人を学生服に着替えさせた理由とは?そもそも立てこもってまで蓮たちが主張したいこととは何なのか―――。

公式HP:https://www.tokai-tv.com/kaodakesensei/

公式Twitter:https://twitter.com/tokaitv_dodra

公式Instagram:https://www.instagram.com/dodra_tokaitv/

PICK UP