YOASOBI 酔い止め必須!すごすぎて“やばい”初有観客ライブの舞台裏

公開: 更新: フジテレビュー!!
YOASOBI 酔い止め必須!すごすぎて“やばい”初有観客ライブの舞台裏

フジテレビ『めざましテレビ』のテーマソング「もう少しだけ」を手がけるYOASOBIが、初めての有観客ライブを日本武道館で12月4日(土)、5日(日)の2日間開催した。

その興奮冷めやらぬ中、結成から2年で大舞台まで駆け上ったコンポーザーのAyaseとボーカルのikuraに『めざましテレビ』が単独インタビューを行った。待ちに待ったファンとの初対面の心境からライブの裏話まで、12月8日(水)の放送では伝えきれなかった未公開部分も含め掲載する。

<めざまし連続ドラマ『めぐる。』の放送が決定!YOASOBI「もう少しだけ」原作を題材に、井ノ原快彦主演でドラマ化>

YOASOBI 初有観客ライブ 『NICE TO MEET YOU』についてインタビューに答えるikura 初有観客ライブの思い出を語るYOASOBIのikura

星空サプライズにすごすぎて「やばい」と声漏れる

――(鈴木唯アナ)初めてのお客さんを入れてのライブはどうでしたか?

Ikura:本当に楽しかったですね!お客さんを前にして音楽を届けることができたので、いろんな愛を感じながら満たされました。

Ayase:緊張もしていたんですが、本当にあっという間で「一瞬で終わった」という感じでした。でも1個1個がとても濃く全部覚えているので、また早くやりたいです。

――やはりお客さんが目の前にいると違いますか?

Ikura:そうですね。どんなにリハーサルをしても、実際にステージに上がったらテンションがバーンと上がってイェーイ!!となったので、「みんないるの楽しいー!」ってなりました。

Ayase:武道館は大きい会場なんですけど、2階席の1番奥までしっかり見えましたよ!グッズTシャツを着てくれていたりタオルを振ってくれていたりと生のコミュニケーションがとれるのは楽しかったです。

スマホのライトによる観客の星空サプライズ カメラマン:Kosuke Ito

――ライブでは何が1番印象に残っていますか?

Ikura:なかなか選べないですけど、私はやっぱり「怪物」から「優しい彗星」を歌ったところです。皆さんが振って下さったスマホのライトが、ステージに立っているこちら側からも星空のように見えて一生の思い出になりました。ずっと目に焼き付いています。

Ayase:僕も一緒で「優しい彗星」です。今回写真OKでスマホを手元に持っている可能性か高かったので、事前にスタッフと一緒に「スマホのライトを振ってもらったら綺麗だよね!」と話していたんです。でも、見上げたときにはすでにお客さんがやって下さっていて。もちろん初めてのライブなのでお約束のことでもなく、事前にアナウンスしていた物でもないのでめちゃめちゃ感動しました!

Ikura:サプライズという感じでした。

Ayase:すごすぎて「やばい!」って言っているのが配信のカメラで抜かれていて、あれは声漏れちゃいましたねー。本当に感動しました。

酔い止め必須のライブ!?

2人の思いと観客の思いが重なった瞬間に、思わず声が漏れてしまうほど感動したというYOASOBI。今回のライブでは360度見渡せるステージに1682枚のLEDパネルを設置し、幻想的な空間を演出した。その特徴的なステージについて聞いてみるとこんなこだわりが…。

1番こだわったというLEDパネルの演出 カメラマン:Kato Shumpei

Ikura:360度どんな席にいる人も楽しんでもらえるライブを目指していたので、2階席から見ても床のパネルで楽しんでもらえるなど、全方向を意識していました。

Ayase:どうしても360度見えるようにするとなると機材の問題などで難しかったのですが、スタッフさんと議論した結果、スピーカーなど重たい機材をステージの下に敷いてしまえば設計できるということだったんです。LEDにすればどこから見ても美しい映像演出も見てもらえるし、誰も見切れることのない空間が作れるということで実現できてうれしいです。

――演出の1番のこだわりはどんなところでしたか?

Ayase:LEDに映像が映し出されて、同時にステージが動くというのがポイントです。「もう少しだけ」ではお客さんに近づけるようにステージを階段状に上げ下げして、「怪物」では炎も使い立体的にステージが動き続けるなど、曲ごとに演出を全部変えていたのがこだわりです。1番心配していたのは、床に映像が移し出されるので平衡感覚がなくなることでした(汗)。さらにステージが上下に動くので酔う可能性がありましたが、練習のしようもないので心配なバンドメンバーは酔い止めを飲んでから挑んでいましたよ。

炎を使った演出もこだわりの1つ カメラマン:Kosuke Ito

「これまでの日々が走馬灯のようにフラッシュバックした」

――緊張はしましたか?

Ikura:めちゃめちゃしましたよ!本番皆さんの前に立つまでは正直怖さと楽しさが半分半分くらいだったんですけど、驚くことにいざお客さんの前に立つと全部が楽しいものとになることを確信しました。緊張はありましたけど、皆さんの前に立ってからは「楽しい!」しか感じませんでした。

Ayase:やってきたことに対してすごく自信がありましたし、「はじめまして」するという意味で心地の良い緊張をしました。でも皆さんの顔を見た瞬間には緊張は消えていて、走馬灯のようにこれまでの日々がフラッシュバックして、「とうとうここまできたか」という感動が大きかったですね。

念願の大舞台に上がっていくYOASOBIの2人 カメラマン:Kosuke Ito

ヒット曲を連発、2021年も目覚ましい活躍を見せてくれたYOASOBIに今年を振り返ってもらった。

――2年連続紅白出場も決まり忙しい毎日だと思いますが、改めて2021年はどんな年でしたか?

Ikura:オンラインライブ2回に、待ちに待った有観客ライブも2日間、そして音源もたくさんリリースしてと、数々の新たな挑戦をした1年だったので、走り抜いたなという感じがしています。年末まで頑張ります!

Ayase:いろんなチャレンジを無邪気にさせていただいた1年でした。1年前に2021年の目標として「より自分たちのパーソナルな部分を知ってもらえる年にしたい」と言っていましたが、パーソナリティを務めるラジオが始まったり有観客のライブも開催できたりと、2021年はYOASOBIの実態に触れることができる機会を作れたのではないかなと思います。

来年挑戦したいのは「水族館に行くこと」!?

――来年挑戦してみたいことはありますか?

Ayase:ライブは楽しすぎたのでまたやりたいですし、ツアーもやりたいです。今回来たくても来られなかった人も多いと思うのでもっと皆さんの前に出られる機会を増やしたいです。

Ikura:私もライブやりたいですねー!まだまだ会えていない人がいるので全員1人残らず会うくらいの気持ちで行きたいです。

―――プライベートではどうでしょう?

Ayase:水族館に行きたくて…。

――え!?挑戦してみたいことですが(汗)?

Ayase:なかなか行くタイミングがなくて。上京した頃から言っているんですが水族館に行きたいです。小さい頃から好きで地元にいるときはよく行っていたんです。

Ikura:行きたい所で言うと、ディズニーランド行きたい!いろいろ新しいアトラクションができてから全然行けていないです。プライベートも充実させたいです!

PICK UP