アンジャッシュ渡部、永野とバトル勃発!因縁をつけられ「共演NGです」

公開: 更新: テレ朝POST

千鳥がMCを務めるバラエティ『チャンスの時間』(ABEMA SPECIALチャンネル)。

3月31日(日)は、同番組の放送7年目突入を記念し、「春のブチギレスペシャル」と題した90分拡大版が放送された。

©AbemaTV,Inc.

番組では、現代社会において“キレたくてもキレられない人”のため、最強の“ブチギレ軍団”がベストなキレ方をアドバイスする企画「第4回 行列のできるブチギレ相談所」を実施。

大悟が相談所所長を務め、ひな壇にはノブと菊地亜美、Aマッソのむらきゃみ、そいつどいつの市川刺身が登場した。

相談員の最強“ブチギレ軍団”には、お馴染みのメンバーである永野、COWCOWの多田健二、Aマッソの加納のほか、アンジャッシュ渡部建が新たに参加し、“キレたくてもキレられなかった”エピソードについてそれぞれの見解を示した。

©AbemaTV,Inc.

飲み会で無茶ぶりをしてくる社長にキレられなかったというリンダカラー∞のDenのエピソードに、“キレない”とした渡部は「露出を増やして頑張って売れた後に、もう一度その社長を『飲みましょう』と呼び出して相手をどんどん持ち上げる。その社長が気持ちよくなって『お会計』って言ったときに、黒服さんに『お会計渡部さんにもらってます』となるように、奢るんです」と自身もしたことがある解決法を伝授。

「TBSの日曜劇場みたいな仕返しをするんです。とんでもない空気になる」と力説し、自分に奢られたときの相手の顔を見たときに「本当にざまあみろって思った」と振り返ると、「ただ、僕の騒動を見てその社長は『ざまあみろ』と思ってるでしょうね」とオチをつけ、笑いを誘った。

©AbemaTV,Inc.

しかし、その後永野は渡部の見解に「ただの夜の話」「誰でも思いつく復讐。それで復讐したって言ってるけど今は慣れの果て」と激しく噛みつき、永野自身がテレビに出はじめた頃の渡部の立ち居振る舞いに因縁をつけた。

独自の視点と言葉選びで渡部に攻撃を仕掛ける永野に千鳥は終始爆笑の展開となった。

◆「このコンビは今後もいける」

また、番組中盤、永野からの猛攻を受けた渡部は、「相談員を安請け合いしたことをすごく後悔してる」と発言。

これに「安請け合い?」と食いついた永野は、「安請け合いって言いましたよ。これしか呼んでもらってねえじゃねえかよ、これでしか見ねえぞ」とヒートアップする。

©AbemaTV,Inc.

苦笑しながら「言葉を間違えました。安易に受けたことを後悔してる」と言い直した渡部だったが、これにも永野は「まだプライドがあるよな」と因縁をつけた。

2人のやり取りに千鳥は「このコンビは今後もいける」と期待したが、渡部は「大変生意気なんですが、共演NGです」とそれを拒否し、スタジオの笑いを誘っていた。

※番組情報:『チャンスの時間
番組の模様は、「ABEMA」にて配信後1週間無料で視聴可能

PICK UP