堀未央奈、夜のイチャイチャ対決で“わんこ系年下夫”の胸にダイブ!

公開: 更新: テレ朝POST

3月29日(金)に「ABEMA SPECIALチャンネル」で放送されたABEMAオリジナルの結婚モキュメンタリー番組『私たち結婚しました 5』

第3話では、堀未央奈と百瀬拓実の“みおたく夫婦”が念願の韓国旅行を楽しんだ。

©AbemaTV, Inc.

買い物デートを楽しんだ後、堀おすすめの韓国料理ヤンニョムケジャン(ワタリガニの辛味噌漬け)を食べることに。

しかし、百瀬は初めてのヤンニョムケジャンを前に、どう食べていいのかわからず困った様子を見せる。

©AbemaTV, Inc.

そんな様子を見た年上妻・堀は、「これを吸ってほしいんだけど、吸った後にご飯を口に入れるから一緒に食べて、わかった?」と百瀬を積極リード。

百瀬は突然の指示に困惑した様子を見せつつも「わかった!」と元気よく返事をし、堂々と蟹にしゃぶりつき「うま!」と感動した様子でつぶやいた。

©AbemaTV, Inc.

また、堀は食事の最中、キムチを食べやすいサイズに切ろうとするも苦戦。

「もー!」とつぶやく姿を見かねた百瀬は「貸してみ」と、自身の握力が弱いことを明かしていた堀に「さすがに握力9キロの人に切らせるわけにいかないからね」と、普段年下夫っぷりを炸裂している姿とは打って変わって男らしい一面を覗かせる。

©AbemaTV, Inc.

この百瀬のギャップを見せたシーンに、スタジオMCの河北麻友子も「あーやってくれるんだ、優しい!」と興奮した様子で語った。

◆引きこもりだった過去

食事を楽しんでいる2人は芸能界入りのきっかけを語り出す。

©AbemaTV, Inc.

百瀬は芸能界入りを志した理由について、高校時代、学校には通っていたものの家に引きこもっていたことを明かす。

「ずっと家にいたから暇で、ドラマとか見ていたんだけど、こっち側の世界(芸能界)楽しそうだなっていうのと、同じような人たちを救う側になりたいなって勝手に思って」と、学生時代や芸能界を志した理由を打ち明けた。

©AbemaTV, Inc.

それを聞いた堀は、その後のインタビューにて「意思っていうか、目標があってはじめて今もずっと頑張っているんだなと思うとすごい尊敬」「ただただ可愛くて癒される存在というだけではなくて、強さみたいなものを感じました」とグッときた様子で語る。

スタジオで見ていた河北も「えー素敵」と語り、サバンナ・高橋茂雄も「真面目な話、初めてじゃない?」と2人の良い雰囲気に目を細めた。

◆堀未央奈が夫の胸にダイブ!

とある夜、自宅にて堀はソファで趣味のプロレス観戦を楽しむ“ダラダラモード”の百瀬を発見する。

その後、一緒に夜食を作ることになると、堀は百瀬に背後から近づき「髪の毛、濡れているの?」と髪をわしゃわしゃと触り、まるで子犬のように可愛がった。

©AbemaTV, Inc.

また、学生時代陸上部だった堀が「競歩もめっちゃ早いの、私」と明かすと、百瀬は「競争しよ」と提案。急遽家の中で競歩対決を繰り広げることに。

初の競歩に挑んだ百瀬を見た堀は「ちょっと前屈みになっちゃっているかもね」と姿勢についてアドバイスを送りつつ、元陸上部としてお手本を見せることに。

すると、堀の予想以上に素早い競歩を見た2人は爆笑。続いて、堀は「自分が風になる」「重力に負けちゃダメなんだよ」と指導に熱が入った様子を見せ、百瀬も負けじと練習に打ち込む。

©AbemaTV, Inc.

しばらくの間、夫婦の仲睦まじい“競歩対決”を静観していた三浦翔平はしびれを切らし、「ごめんなさい、我々は今何を見せられているんですか!」とツッコミ。スタジオは笑いに包まれていた。

※番組情報:『私たち結婚しました 5』
番組の模様は、「ABEMA」にて視聴可能

PICK UP