4月スタートの井ノ原快彦主演『特捜9 season7』、“十人十色”のポスタービジュアル解禁!

公開: 更新: テレ朝POST

この春、season7に突入する、井ノ原快彦主演の人気シリーズ特捜9

初回は4月3日(水)から拡大スペシャルで放送されることも決定した同ドラマのポスタービジュアルが解禁された。

「season7」のひとつのテーマに挙げられるのが“多様性”。

班長・国木田誠二(中村梅雀)、主任・浅輪直樹(井ノ原快彦)のもと、小宮山志保(羽田美智子)、青柳靖(吹越満)、矢沢英明(田口浩正)、新藤亮(山田裕貴)、高尾由真(深川麻衣)ら個性強めで一見バラバラな特捜班メンバーが、多様性を増す犯罪とその背景に秘められたさまざまな人間ドラマに全力で向き合う姿を1話完結形式で描いていく。

そんなテーマを反映して、ポスタービジュアルは“十人十色”をコンセプトに制作。特捜班メンバーのほか、向井康二演じる捜査支援分析センター(SSBC)所属の若き分析官・三ツ矢翔平、中越典子演じる直樹の妻・浅輪倫子、原沙知絵ふんする監察医・早瀬川真澄らが一堂に集結する。

『特捜9』こそ多様性を体現するドラマであることを伝えるべく、『警視庁捜査一課9係』以来、18年間にわたって築いてきた個性バラバラゆえの“強み”を色とりどりの背景で表現している。

また、中央の真っ白な帯のうえに置かれたロゴは“7”が右肩上がりに配置されており、まるで上向きの矢印のよう。このロゴにはこの春、気分を上げて始動しようという“勢い”が込められている。

そして何より目を引くのが、弾けるようなメンバーの笑顔。これまでのビジュアルよりも強めの笑顔を見せることで、彼らが集まることで生まれる“明るさ”や、見れば前向きな気持ちになれる『特捜9』の魅力を伝えている。

◆主題歌は20th Century!

さらに、「season7」主題歌は20th Centuryが担当することが決定。

新主題歌のタイトルは、『旅立ちの鐘』。THE ALFEE・高見沢俊彦が作詞作曲を手がけたミディアムロックバラードで、春に訪れた仲間との別れを前向きに描いたエモーショナルなナンバーだ。この音源は「初回拡大スペシャル」放送内で解禁される。

気になる初回、直樹たち特捜班はマンションの管理人が殺害された事件を追うが、捜査線上に浮かぶ住民たちは年齢も職業もライフスタイルもさまざま。しかし、住民たちよりも個性バラバラで何もかも食い違っているのが、特捜班メンバーだ。

直樹はどうやってメンバーの意見をまとめ、真実を突き止めるのか。主題歌『旅立ちの鐘』が優しくも力強く盛り上げるエンディングまで目が離せない。

※番組情報:『特捜9 season7
2024年4月3日(水)スタート!【毎週水曜】よる9:00~9:54、テレビ朝日系24局
(※初回は拡大スペシャル よる9:00~10:00)

PICK UP