プロが選ぶ“J-POP史に大きな影響を与えた1曲”発表!ヒャダイン「音楽業界をゲームチェンジした」

公開: 更新: テレ朝POST

今さら人に聞けないような“音楽の基本”から、制作の裏側や専門テクニックなど“マニアックな知識”までを掘り下げていく関ジャム 完全燃SHOW

2月25日(日)の同番組に、ヒャダインとatagi(Awesome City Club)が登場。新企画「平成J-POP史 プロが選ぶあの年のあの1曲」が放送された。

平成のヒットチャートには、後の時代にも残る名曲がズラリ。しかし、プロたちによると、ランキングの順位にかかわらず、その後のJ-POP史に大きな影響を与えた大事な曲があるという。

そこで今回は、ヒャダインとatagiが数ある平成J-POPの中から実は重要だという“ある1曲”を選出。プロ目線でそのスゴさを解説した。

ヒャダインが注目したのは1998年。年間ランキングにはL’Arc〜en〜CielやGLAYなどが名を連ねるこの年、「1999年以降のJ-POP史を変える1曲」がリリースされた。

それが、編曲家として知られるダンス☆マンのデビュー曲『背の高いヤツはジャマ』だ。

アメリカのソウル/R&Bシンガー・Carl Carltonの『She’s a Bad Mama Jama』をオマージュして作られたこの曲。

ヒャダインは「2000年代の日本の音楽業界を愉快方面にゲームチェンジした源泉」と熱弁。「この曲は80年代アメリカのディスコソングの替え歌カバーソングで、いわゆる冗談音楽でありながら、替え歌のクオリティを凌駕する編曲面が秀逸でした」と絶賛する。

さらに、この曲がキッカケとなり、誰もが知るモーニング娘。の大ヒット曲『LOVEマシーン』が生まれたとのこと。

「70~80年代サウンドをリスペクトしつつ、日本人好みの当時最新のサウンド感にアップデートして、明瞭かつグルーヴ感に満ちたアレンジに仕上げた内容は、つんく♂さんとのコラボレーションで爆発!」(ヒャダイン)

ここから、つんく♂とダンス☆マンの最強タッグが誕生。『恋のダンスサイト』『ハッピーサマーウェディング』など、数々の大ヒット曲が世に送り出された。

このほか、ヒャダインが「今の令和に必要」と話す、ダンス☆マンが作曲・編曲を手掛けた大ヒット曲とは?

さらに、渋谷系ブームの1990年、「他のアーティストとは異なる革新的なことを行っていたバンドが発表した1曲」とは一体?

※『関ジャム 完全燃SHOW』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」でも配信中!

※番組情報:『関ジャム 完全燃SHOW
毎週日曜 午後11:00~、テレビ朝日系24局(※一部地域を除く)

PICK UP