ウィル・オスプレイ、新日本プロレスでのラストマッチ!オカダ・カズチカvs棚橋弘至の“黄金カード”も実現

公開: 更新: テレ朝POST

本日2月11日(日)、新日本プロレス『THE NEW BEGINNING in OSAKA』が大阪府立体育会館(エディオンアリーナ大阪)で開催。

メインイベントとなる第8試合では、遺恨深まるUNITED EMPIREとBC WAR DOGSが、5vs5の金網マッチで雌雄を決する。

事の始まりは、1.5墨田区大会。UNITED EMPIREとBC WAR DOGSは10人タッグマッチで対戦し、両軍入り乱れる超大荒れとなり試合はノーコンテストに。

試合後、怒り心頭のウィル・オスプレイが5vs5の完全決着戦を要求。「ルールはお前が決めるがいい」とBC WAR DOGSリーダーのデビッド・フィンレーにマイクを向ける。

これを受けたフィンレーが、「オマエの新日本プロレス最後の大会が、オマエのキャリア最後の大会になるぜ…そうだ、金網マッチはどうだ!」と金網戦を提案。さらに試合ルール自体もWAR DOGS側に一任された。

ルールに関してフィンレーは、「(1vs1でスタートして)2分経ったら、俺のWAR DOGSから1人送る。そうすればお前は一度に2つ不利になる。それからまた2分経過後に、オッズをイーブンにさせてやる。さらに2分後に、俺たち全員がリングに上がるまでに、オッズをイーブンにさせてやる。わかったか?」と宣言。

さらに「お前のケツを蹴り飛ばし、お前ら全員を血まみれにしてボロボロにしてやる!オスプレイ、お前がこの会社で最後に目にするのは、俺のヒザがお前の顔に入り、そのあとで見上げるライトだ!」と自信たっぷりにコメントした。

最初は両軍が「1vs1」でスタートするも、2分経過するとWAR DOGS有利の「2vs1」、そこから2分後に「2vs2」、さらに2分後には再びWAR DOGS有利の「3vs2」…と、UNITED EMPIRE側は5人全員が揃うまで繰り返し不利な状況がやってくる非情ルール。

逃げ場のない鉄柵のなか、反則裁定なしの“ノーDQルール”も加わって、泥沼の怨念抗争劇の行方は、まさに予測不可能に。

はたして、オスプレイの新日本プロレス所属ラストマッチでどんな闘いが繰り広げられるのか?

◆急遽実現した“黄金カード”

第5試合は、かつてIWGPヘビー級王座を懸け、何度も名勝負を重ねてきた新日本プロレスの“黄金カード”オカダ・カズチカvs棚橋弘至のシングルマッチが実現。

真の意味でレインメーカーが誕生した場所で行われる、新日本プロレスマットでの最後のオカダvs棚橋戦。先輩後輩であり、良きライバルであり、そして同志でもあった二人の感情が交錯する特別な一戦となりそうだ。

そのほか、セミファイナル(第7試合)では、スペシャルシングルマッチとしてザック・セイバーJr.とブライアン・ダニエルソンが激突。第6試合では、IWGPタッグ王者のヒクレオ&エル・ファンタズモ組が、KENTA&チェーズ・オーエンズ組を相手に初防衛戦を敢行する。

第4試合は、L・I・J(内藤哲也&鷹木信悟&辻陽太&高橋ヒロム&BUSHI)と、Just 5 Guys(SANADA&タイチ&上村優也&DOUKI&TAKAみちのく)による10人タッグマッチ。

第3試合は、海野翔太&エル・デスペラード&本間朋晃&タイガーマスク組と、H.O.TのEVIL&SHO&成田蓮&高橋裕二郎組が対峙する。

第2試合は、毘沙門(後藤洋央紀&YOSHI-HASHI)がUNITED EMPIREのグレート-O-カーン&カラム・ニューマンと対決。第1試合は、矢野通&YOH組と田口隆祐&ボルチン・オレッグ組が対戦する。

◆対戦カード

・第1試合
矢野通&YOH vs. 田口隆祐&ボルチン・オレッグ
・第2試合
後藤洋央紀&YOSHI-HASHI vs. グレート-O-カーン&カラム・ニューマン
・第3試合
海野翔太&エル・デスペラード&本間朋晃&タイガーマスク vs. EVIL&SHO&成田蓮&高橋裕二郎
・第4試合
内藤哲也&鷹木信悟&辻陽太&高橋ヒロム&BUSHI vs. SANADA&タイチ&上村優也&DOUKI&TAKAみちのく
・第5試合
オカダ・カズチカ vs. 棚橋弘至
・第6試合 IWGPタッグ選手権試合
ヒクレオ&エル・ファンタズモ(王者) vs. KENTA&チェーズ・オーエンズ(挑戦者)
・第7試合 スペシャルシングルマッチ
ザック・セイバーJr. vs. ブライアン・ダニエルソン
・第8試合 金網マッチ
ウィル・オスプレイ&ジェフ・コブ&HENARE&TJP&フランシスコ・アキラ vs. デビッド・フィンレー&アレックス・コグリン&ゲイブ・キッド&クラーク・コナーズ&ドリラ・モロニー
※金網マッチ対戦ルール
・最初は1対1でスタート。
・2分経過したらWAR DOGS側から1人追加し、そのあと2分経過したらUNITED EMPIREから1人追加。
・これを繰り返し、全選手が金網に入ったら鍵を施錠。
・いずれかの1選手が勝利した時点で決着とする。
・反則裁定無しのノーDQルールとする。

※大会情報:『THE NEW BEGINNING in OSAKA』
2024年2月11日(日)午後3:30開場 午後5:00開始
大阪・大阪府立体育会館(エディオンアリーナ大阪)

※放送情報:『ワールドプロレスリングLIVE2024 THE NEW BEGINNING in OSAKA』(生中継)
2024年2月11日(日)午後5:00~、CSテレ朝チャンネル2

◆公式動画配信サービス「NJPW WORLD
2024年2月11日(日)午後5:00~

PICK UP