1日3800万円のバカ売れ!80年代を席巻したブランド「セーラーズ」伝説のデザイナーが語る誕生秘話

公開: 更新: テレ朝POST

2月5日(月)放送の『激レアさんを連れてきた。』は、塚地武雅(ドランクドラゴン)と ヒコロヒーをゲストに迎え、「偶然見つけた看板をヒントに服を作ったらわずか9坪のお店で1日3800万円のバカ売れ! 年商28億円を売り上げた伝説のデザイナーさん」を紹介する。

1980年代に一世を風靡した伝説のアパレルブランド「セーラーズ」。シズカさんはそのデザイナーを務め、最高年商28億円を達成した激レアさんだ。

「セーラーズ」がここまでのブームを巻き起こした背景には、シズカさんの日本トップクラスともいえる“人たらしパワー”と人柄があった。数々のピンチをチャンスに変えてきた彼女の衝撃の半生を追う。

シズカさんが自身の洋服店を出したのは、19歳の頃。その若さでお店を出す行動力がまず驚きだが、当初経営は決して順調とは言えなかった。

自転車操業を繰り返し、極貧生活が7年ほど続いていたある日、街を歩いていると運命の出会いが訪れる。それは、「セーラーズ」のキャラクターとして有名な水兵さんのロゴが入ったトイレの看板だった。

その看板が縁である奇跡を呼ぶことに…。はたして――!?

水兵さんのキャラをモチーフにデザインした洋服を販売するようになったシズカさんは、常人では考えられない行動力で渋谷に「セーラーズ」を開店。すると、売れっ子芸能人たちと奇妙な縁で繋がり、その極太の人脈によってオープンから2ヶ月で4000万円を売り上げる。

そして、当時大人気だったおニャン子クラブへの衣装提供で人気が爆発し、9坪のお店に大行列が! やがてはマイケル・ジャクソンからマイク・タイソンまでが「セーラーズ」を愛するようになる。

そんな一大ブームを築き上げた「セーラーズ」だが、シズカさんは2000年に閉店を決意。はたしてその理由とは――?

番組情報:『激レアさんを連れてきた。
2023年2月5日(月)午後11:15~深夜11:45、テレビ朝日系24局(※⼀部地域を除く)

『激レアさんを連れてきた。』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)
動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」では過去回も含めて配信中!

PICK UP