感動のスポーツ70年史を振り返る!テレビが見た“決定的瞬間”を『タモリステーション』で徹底解剖

公開: 更新: テレ朝POST

2024年2月1日(木)、開局65周年を迎えたテレビ朝日。

その節目を記念して2月10日(土)に放送される大型特番タモリステーションでは、“スポーツ×テレビ”という壮大なテーマをもとにテレビ朝日が総力を結集したプレミアム企画をお届け。

テレビ放送が日本で産声を上げて70年――これまでテレビは数多の名勝負を伝えてきたが、番組では“テレビが見つめた決定的瞬間”の数々を、貴重な証言をもとに徹底解剖。

“夢、希望、勇気、感動のスポーツ70年史”を綴っていく。

スタジオゲストには、日本サッカー協会相談役/日本トップリーグ連携機構会長の川淵三郎氏、“侍ジャパン”前監督で北海道日本ハムファイターズのチーフ・ベースボール・オフィサー(CBO)の栗山英樹氏、トリノ五輪フィギュアスケート女子金メダリストの荒川静香氏、新日本プロレス代表取締役社長兼プロレスラーの棚橋弘至氏を迎え、激動のスポーツ史について熱く語り合う。

◆伝説の試合&時代を彩ったヒーローたち!

2023年、日本中を興奮の渦に巻き込んだワールド・ベースボール・クラシック(WBC)。

大谷翔平が二刀流で先発した準々決勝「日本VSイタリア」の平均世帯視聴率は、実に48.0%を記録。WBCは全7試合40%台の視聴率を叩き出し、年間の世帯視聴率トップ10をWBC関連が独占した。

このWBCに代表されるように、テレビ70年の歴史は常にスポーツとともにあった。

振り返ればテレビは黎明期からさまざまな競技を中継しており、「東京五輪女子バレー・日本×ソ連」(1964年/66.8%)、「ミュンヘン五輪・男子バレー」 (1972年/58.7%)、「FIFAワールドカップ・日本×クロアチア」(1998年/60.9%)、「FIFAワールドカップ・日本×ロシア」(2002年/66.1%)など歴代高視聴率番組の上位にはスポーツ中継がズラリ並んでいる(※視聴率はすべてビデオリサーチ調べ。関東地区・世帯視聴率)。

今回『タモリステーション』では、1950年代の街頭テレビ時代を起点に、時代ごとに盛り上がったスポーツの名シーンを総ざらいするとともに、当時を知る人物や選手本人にインタビュー取材。

テレビ黎明期を支えた格闘技ブームや、王貞治・長嶋茂雄の“ON砲”からはじまったプロ野球全盛時代、さらには2000年代に入り、一躍国民的関心事となったサッカー日本代表の活躍を振り返っていく。

また、2000年代以降、世界の頂点に立ったアスリートたちの躍動や、昨年のWBC、バスケットボール日本代表をはじめ世界の強豪と互角に戦う新時代の日本選手たちもクローズアップ。

さまざまな証言から浮かび上がる真実、そして感動とは?

◆2024年のスポーツ界も展望!

このほか、昨シーズン、2度目のア・リーグMVPに輝いたドジャース・大谷翔平選手をはじめメジャーリーグの最新情報など2024年のスポーツ情報もたっぷり。

テレビ朝日が総力取材でテレビ×スポーツの歴史に迫る『タモリステーション』。色褪せない感動や知られざるドラマが次々とひも解かれていく放送に注目だ。

※番組情報:『タモリステーション』テレビが見た決定的瞬間 感動のスポーツ70年〜夢、希望、勇気〜
2024年2月10日(土)よる8:54~10:42、テレビ朝日系24局

PICK UP