“ポツンと一軒家”で亡き妻との思い出と暮らす男性。移住したわずか2年後…最愛の妻が病に

公開: 更新: テレ朝POST

日本各地の人里離れた場所になぜだかポツンと存在する一軒家と、そこに住まう人物の人生にも迫っていく番組ポツンと一軒家

1月28日(日)は、ゲストに福士蒼汰と竹内由恵を迎えて放送される。

愛媛県・瀬戸内海に近い山の中で、ポツンと一軒家を発見。母屋らしき建物と、道を挟んで大きな畑が確認できる。

実は今回発見したのは、以前愛媛県のミカン農家を捜索した際に、地元の方々から情報を得ていた一軒家だった。その情報では、移住してきた男性が1人で暮らしているのだという。

地元の方々の厚意で一軒家まで案内をしてもらうことになった捜索隊。ただ、その道のりは断崖絶壁が続く険しい山道だった。

「なぜこんな山奥へと移住してきたのか?」と捜索隊でさえ疑問に感じながら、ひたすら山道を向かうとようやくポツンと一軒家が見えてくる。

そこは山の頂が連なる急斜面に残るかつての集落。今は消滅した集落の一番高台にある一軒家に76歳の男性が1人で暮らしていた。

話を聞くと、男性が大阪からこの地へと移住してきたのは18年ほど前のこと。かつては30~40軒ほどの集落だったそうだが、移住してきたころには、ほとんどの住人が山を下りた後だったという。

「ここから見渡す瀬戸内海の絶景をいっぺんに気に入って移住を決めたんです」と、移住したときは、同い年の妻と二人で「理想の環境でのんびりと暮らそう」と話していたのだとか。

しかし、移住して2年後、最愛の妻が病によって他界。わずか2年ほどの夫婦水入らずの暮らしだった。亡き妻の思い出とともに語られる、この地での男性の暮らしぶりとは?

※番組情報:『ポツンと一軒家
2024年1月28日(日)午後7:58~午後8:56、ABCテレビ・テレビ朝日系列にて全国ネット

PICK UP