中村勘九郎、亡き父・勘三郎さんとの思い出。その型破りな行動に衝撃「ポーンって壁を殴って…」

公開: 更新: テレ朝POST

1月25日(木)に放送された徹子の部屋に、中村勘九郎が登場。2012年に亡くなった父・十八代目中村勘三郎さんとの思い出を明かした。

「反抗してもしょうがない人だったんで、もうなんか反抗する気にもなれないというか。あまりにもすごすぎて…」と、父の存在の大きさを語った勘九郎。

幼少期、反抗期はなかったというが、父から芝居に関して理不尽な注意を受けた際に、一度だけ反発したことがあったそう。

悔しさのあまり壁を殴って穴をあけてしまったという勘九郎は、「これはもっと輪をかけて怒られるな」とヒヤヒヤしていると、父の型破りな行動に驚かされたと話す。

「(父が)『こんなことは俺だってできるんだよ』って言って、ポーンって壁を殴って穴をあけたんです。どこに対抗心を燃やしているのかって。それを見たときに、この人に何を言ってもしょうがないって思いました。(父は)おもしろかったですね」(勘九郎)

また、今年で十三回忌を迎える勘三郎さん。

父がこの世を去ったのはちょうど勘九郎襲名中のとき。「なんだかたまらなかった。僕たちも子どもの頃から勘九郎の父に憧れていて、その憧れた名前を襲名させていただいたときに逝っちゃったんで…」との無念さもある一方、「逆に襲名中でよかったのかもしれない」とのこと。

「襲名があったから、まだ(気持ちを)保っていられたのかな。何にもないときに逝っちゃったら、ちょっと精神が追いつかなかったかも」と振り返った。

このほか、12歳と10歳の息子たちの成長ぶりを語る場面も。

さらに、長男の運動会ではまさかの姿で登場!? 「一番目立たせていただいた」というその行動とは?

※『徹子の部屋』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」では過去回も含めて配信中!

※番組情報:『徹子の部屋
毎週月曜~金曜 午後1:00~午後1:30、テレビ朝日系列

PICK UP