須田亜香里、“パートナーに求める年収”を告白!話題になった森香澄と比較し「私には言えない」

公開: 更新: テレ朝POST

MC・千原ジュニアが切り込むABEMAの報道情報番組『ABEMA的ニュースショー』(ABEMA NEWSチャンネル)。

1月21日(日)放送の同番組では、女性がよく聞かれる質問「パートナーに求める年収はいくら?」における“理想の返答”を考えた。

©AbemaTV,Inc.

まずは自身が考える「パートナーに求める年収」を聞くと、須田亜香里は「正直に言っていいんですよね?」と前置きした上で、「2000万円」と笑顔で回答。

これを受けて、千原ジュニアは「スゴいね」とニヤリと笑うと、須田は「だって、お金はあったほうがいいでしょ!?私のことを頼らないで!」とリアルな意見を打ち明ける。

続けて、「私の年収を考えた上で、相手の金額がそれよりも安心するくらい多い人がいいな」と話すと、自身の年収を匂わせる発言に共演者は「わぁ!スゴい話…!」と呆気にとられた。

©AbemaTV,Inc.

また、進行を務める田中萌アナウンサーは「超リアルな話をすると、1000万円」と明かし、その理由を「私は社長でもなく、俳優でもなく、大手企業のサラリーマンが好き。“大卒・大手企業サラリーマン・年収1000万円”の人、お願いします(笑)」とぶっちゃけトークを披露。

脚本家で演出家のマンボウやしろは「めちゃくちゃな話をしてますね!すごいことを言ってる」と猛ツッコミすると、ジュニアは「ええやんか!こんなドすっぴん女子アナはおらんで!」と田中アナの赤裸々話に釘付けとなっていた。

また、田中アナは「私たちにとって、どのように答えるのが正解だったんですかね?」と尋ねると、ジュニアは「自分が求める数字をそのまま言うのがいいんじゃないの?」とストレートに伝えた。

©AbemaTV,Inc.

さらに、バラエティ番組でフリーアナウンサーの森香澄が「最低いくらまでの年収の男性と付き合えるか?」と問われた際に、「103万円」と回答したことが大きな話題になっていることを紹介。

須田は「私の“2000万円”という回答が惨めになっていく!」と嘆き、「『103万円』と答えることでユーモアを交えつつ、高い好感度を得られていてスゴい。それに、常に第一線で活躍する自信と向上心がないとこの発言はできない。私にはなかなか言えないです」と脱帽した。

また、森が自身のSNSで「皆様の年収がDMでたくさん送られてきます」と報告したことに触れると、ジュニアは「須田さんのもとにも、年収が書いてあるDMが来るかも(笑)。年収2000万円の方は、ぜひDMお願いしま~す」と呼びかけて笑いを誘っていた。

©AbemaTV,Inc.

※番組情報:『ABEMA的ニュースショー
毎週日曜ひる12:00~ひる2:00、ABEMA NEWSチャンネルで生放送

PICK UP