『アメトーーク!』に阪神ファン集結!岡田監督に“巨人ファン”のゲストも思わず「カッコイイ」

公開: 更新: テレ朝POST

1月18日(木)のアメトーーク!では、「阪神タイガース芸人」が放送される。

2023年、38年ぶりに悲願の日本一の座を手にした阪神タイガース。

番組には、そんな阪神の熱狂的ファンたちが集結。

陣内智則、小籔千豊、千秋、遠藤章造(ココリコ)、増田英彦(ますだおかだ)、恋さん(シャンプーハット)、中岡創一(ロッチ)、新山(さや香)が、選手たちの魅力やファンの絆など、阪神愛さく裂の熱いトークを繰り広げる。

「ダメ虎からの復活…球団ヒストリー!!」では、阪神タイガースの設立から昨年の日本一までの歴史をおさらい。

1985年、3番:ランディ・バース、4番:掛布雅之、5番:岡田彰布がバックスクリーン3連発のホームランで初優勝を飾った名シーンをはじめ、そこから長きに渡る暗黒時代に突入、そしてカムバックした岡田監督のもと若虎たちが覚醒し、38年ぶりの日本一に輝くまでを紹介する。

また、「岡田監督の魅力」では、1985年は選手として、2023年は監督として、2度の日本一を経験した岡田監督のスゴさが大連発。

流行語大賞に輝いた「アレ(A・R・E)」をはじめとする独特の表現力、選手たちとのコミュニケーション能力、そしてここぞというときのリーダーシップなどについて、芸人たちが熱弁を振るう。

巨人ファンの井森美幸が思わず「カッコイイ!」と叫んだ“選手たちを守る姿”のほか、実はお茶目で天然? そんなかわいらしい素顔も次々に飛び出す。

さらに、芸人たちは“どうしても語りたい選手”を紹介。

最強の1番&2番コンビ・近本光司選手&中野拓夢選手、悲劇のドラフトからなくてはならない4番に進化した大山悠輔選手、次世代のミスタータイガース・佐藤輝明選手らチームを支える最強の選手たちのスゴさを芸人たちが猛烈プレゼン。

また、千秋が「優勝に貢献したと思う」と語った岡田監督の右腕・平田勝男ヘッドコーチの話題になった途端、中岡と遠藤が「平田さんに謝らないといけないことがある…」と言いはじめて…。

そして、ラストは阪神の名場面をVTRで紹介。名プレーの数々とともに、暗黒時代を抜け出し栄光の黄金時代へと踏み出した阪神の軌跡に芸人たちは大興奮だ。

※番組情報:『アメトーーク!』「阪神タイガース芸人」
2024年1月18日(木)午後11:20~深夜0:21、テレビ朝日系24局(※一部地域を除く)

※『アメトーーク!』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

PICK UP