阿久津仁愛、SNSに「BL漫画が出てくるようになりました(笑)」<『BLドラマの主演になりました』SPインタビュー>

公開: 更新: テレ朝POST

すずり街による人気BL漫画BLドラマの主演になりましたがドラマ化。

人気No.1イケメン俳優・赤藤優一郎(阿部顕嵐)と、元売れっ子子役だが、今はパッとしない地味系俳優・青柳萌(阿久津仁愛)。

対照的な2人が、超人気BL漫画の実写化でW主演することに。緊張しつつも一生懸命コミュニケーションをとろうとする青柳に対し、赤藤は終始そっけない態度。なぜなら、実は赤藤は青柳の“ガチオタ”だったのだ…!

青柳への重すぎる愛ゆえに塩対応をとってしまう赤藤と、そんな赤藤に嫌われていると勘違いし、ますます落ち込む青柳。そんな2人のピュアすぎる“すれ違い”と“キュン”をコミカルに描いていく。

本作は、《地上波×TELASA》の完全連動企画となっており、2023年12月24日(日)より動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」にて『クランクアップ編』EP.01「キス練してもいいですか?」を配信。さらに2024年1月1日(月・祝)には『クランクイン編』を地上波にて放送する。

本記事では、青柳萌役の阿久津仁愛にインタビュー。自己肯定感低めの青柳に対して共感したポイントを語ってもらった。

<取材:横川良明>

◆XのおすすめにBL漫画が出てくるようになりました(笑)

――これまでBLドラマや映画に触れたことは?

以前、『around1/4 アラウンドクォーター』(ABCテレビ)というドラマで同性愛者の役をやらせてもらいました。そのときの役はわりと“攻め攻め”で、むしろ今回の役のほうが等身大に近い感じだったので、自然に入っていくことができました。

――実際に演じてみて、BLドラマならではと感じたところはありますか?

原作が若い女性向けというのもあって、少女漫画のような場面が結構あるのが面白かったです。ドラマでも原作の面白いところをさらに膨らませていて。

僕はBLというジャンルは全然詳しくなかったんですけど、素敵だなって興味を持ちはじめて。自分で検索してるからなんでしょうね。最近はX(旧Twitter)のおすすめにBL漫画がよく出てくるようになりました(笑)。

――わかります。検索してると、おすすめ表示されるようになりますよね(笑)。

そうなんです。で、流れてくるから気になって読むようになって。何コマか面白いところがXにアップされているじゃないですか。今までは全然見たことがなかったのに、つい読んじゃって。この作品に携わらせてもらって、ちょっと興味を持ちはじめたというのはあります。

――きっと本作でもいろんな“キュン”シーンがあるんでしょうね。

距離感が近いシーンがたくさんあるんですよ。顔と顔の距離が近くて、(阿部)顕嵐くんのファンに見せたいくらい美しい光景でした(笑)。顕嵐くんは、ゼロ距離イケメン。本当にカッコよくてキュンとします。僕が女の子だったら、絶対好きになっちゃうなっていうくらい心を動かされましたね。

――このドラマの取材の写真撮影でも、何度も阿部さんからバックハグされていますね。

たまにこっそり体をくすぐられたりしていました(笑)。それくらい仲良くしていただいて、めちゃめちゃうれしいですね。

――ドラマ公式Xアカウントで2人がバックハグしている動画がアップされていましたが、阿部さんが阿久津さんの耳元で何かささやいているのを見て、ファンのみなさんが「どんな話をしているんだろう」とウワサしていました(笑)。

全然くだらないことです。みなさんにお聞かせするようなことでもない(笑)。なんなら鼻息かけてきたりとかもありましたからね。

 

◆“あかゆー”みたいな人がいてくれたら「めちゃくちゃ心強い」

――そんな阿部顕嵐さんの“ガチ推しポイント”はどこですか。

顕嵐くんは、夢中になれるものに対するこだわりがすごい! 好きなことの話になるとバーッてしゃべるんですよ。そこが可愛らしくて、いいなと思いました。

――どんなことについて話していたんですか。

サウナのこととか。あと、物件についてめちゃくちゃ詳しいんです。ロケの最中に、あのビルいいなって話をしたら、建物の名前とか、物件情報を全部教えてくれるんですよ。どこからその知識を集めているのか興味がありますね。不思議なぐらい、いろんなことに詳しいんです。

――阿久津さんにも、阿部さんに負けないくらい“ガチオタ”なところはありますか?

僕、マジでないんですよ。結構わりとミーハーというか。何に対しても浅い感じなんで、ガチと呼べるものがない。だから、そういう好きなものがある人は素敵だなと思います。

――本作で演じている青柳萌は、自己肯定感低めのキャラです。阿久津さん自身は、自己肯定感は高いほうですか?

ちょっと考えすぎるところはあるかもしれないです。帰り道に「あれは言わない方が良かったかな」とか、自分の発言を後悔することがよくあるので。でも、寝たら全部忘れます(笑)。萌みたいに1人で悩むことはないので、逆と言えば逆かなあ。

ただ、SNSに自分の悪口を書かれているのを見て落ち込むところは、演じながら僕も結構刺さりました。スタッフさんが撮影用にSNSの画面をつくってくださったんですけど、本当のコメントじゃないのに「めっちゃ悪く書かれてる! 最悪!」ってなったので、そういうところは結構共感できたかもしれないです。

――阿久津さんも、情報解禁のときはSNSの反応をチェックするタイプですか。

しますね。原作ものをやるときとか、「何だ、こいつ」みたいなことを書かれていると、「見てから言えよ!」とは思います(笑)。今回のドラマでも、そのあたりの反応はリアルな感じで表現できたんじゃないかなと。

――そんな青柳を、赤藤は全力で肯定してくれます。

あかゆー(赤藤)みたいな人がいてくれたら、めちゃくちゃ心強いですよね。しかも、同じ職業をやっていたらより自分に自信が持てそうだなと思うので、萌が羨ましいです。

もし自分だったら、めちゃくちゃ甘えたい。甘えたいし、同じ俳優としていいところをいっぱい盗みたくなるだろうなと思います。

◆“推し”のリアルは「知りたくない」

――もしドラマみたいに推しと同棲できることになったらどうしますか?

住みたくないです! 推しとですよね? 絶対無理です。推しは遠くから見ているからいいみたいなところありません? リアルは知りたくない。夢を見せてくれているからいいんですよ(笑)。

――阿久津さんは、推しから認知されたくないタイプなんですか?

え〜、されたいですよ。されたいですけど、一緒に住むのは…。

――寝顔とか見られますよ。

寝顔は見たい…かもしれないけど(笑)。やっぱり何事も程よい距離感がいちばんなんで。近すぎると幻滅することもあるかもしれないじゃないですか。みんな、そんなクリーンじゃないですしね(笑)。

――では、他人と一緒に住んだときのルールはありますか?

僕はないですね。自分が何も気にしないから、逆に相手につくってほしいくらいです。そうしないと、知らない間に失礼なことをしちゃうかもしれないので。

――部屋のドアを閉める音がうるさい、とか気になりませんか?

全然。わりと図太いのかもしれない。家事についても何もこだわりがないんですよね。これをやりたいとか、これをやりたくないとか一切ない。ただ、分担についてはあらかじめルールを決めておいた方がいいかな。そうしないと、グダッてやらなくなっちゃうとかありそうだから。

――帰ったら食べようと思っていたプリンが食べられてたら…どうします?

そのときは次の日に倍にして買ってきてもらいます(笑)。でも、それもお腹が空いていたのかなと思うくらいで、怒ったりはしないかな。基本的に、自分のものを他人と共有するのも平気というか、むしろしたいぐらいの人なので。ルールとかこだわりとか何にもないです。

――そのあたりは阿部さんとは逆かもしれないですね。阿部さんは、物の置く場所とか生活のペースとか、わりとこだわりがあるみたいでした。

確かにそういうところはあるかも。じゃあ、一緒に住んだら、僕は顕嵐くんのこだわりにはついていけないかもしれないですね(笑)。

※放送情報:『BLドラマの主演になりました
「クランクイン編」
2024年1月1日(月・祝)深夜0:25~1:25、テレビ朝日系(※一部地域を除く)

クランクアップ編
2023年12月24日(日)より第1話をTELASAで独占配信中。第2話、第3話は今後配信予定。

●ヘアメイク:箙あおい
●スタイリスト:北島早智
●衣裳
[阿部顕嵐]
トップス¥37,400/ANCELLM 086-280-0325
パンツ¥5,390/ZIP FIVE(ブリックスカスタマーセンター 0166-74-5560)

[阿久津仁愛]
カーディガン¥11,999、シャツ¥11,999、パンツ¥12,999/すべてコムサコミューン(ファイブフォックス カスタマーサービス 0120-114563)

PICK UP