千鳥・大悟の“ボートの流儀”に一同うんざり。確率を上げるには…「いかに逃げるか」

公開: 更新: テレ朝POST

千鳥がMCを務めるバラエティ『チャンスの時間』(ABEMA SPECIALチャンネル)。

2023年最後となる12月24日(日)は、「年末欲望大爆発2時間スペシャル」を放送。ボートレースに人生をかける人々の流儀に密着する「フナフェッショナル ボートの流儀」最新作では、大悟への密着がついに実現した。

©AbemaTV,Inc.

密着VTRでは、スタジオゲストのベッキーが「なんの話?」「長い…」とゲンナリし、ノブも「めんどくさいわ」「知らんわ」とうんざりするほど、ボートレースついて延々と語る大悟。

しかし、舟券購入の締め切りに間に合わず、1レース目の舟券を買い損ねた大悟は、次に「今までの経験上でわかっていること、“5レースやって1回当たるかな?”やねん」と語り出す。

©AbemaTV,Inc.

「今日5回やるとしたら当たって1回やん。でも実はわし(1レース目)買ってないねん。だから外してないのよ。でも、さっきまで5分の1だったのが1個終わったから今もう4分の1になってる。これをもう1回やれば3分の1、33%で当たる。いかに逃げるか、ボートレースから」と持論を展開。

「先に言っておくけど、次のレースも逃げる。逃げまわる」と宣言し、あの手この手で“ボートレースから逃げる”大悟に、ノブとベッキーのツッコミは止まらない事態に。

©AbemaTV,Inc.

さらに、自身のマネージャーを巻き込んで「外れたらあいつのせいや。当たったらわしのおかげ」などと語る大悟に、ノブは「こいつがいる世界で生きたくないわ」とコメントし、笑いを誘った。

そして、最後のレースで大悟がとったまさかの行動にはノブも「うわ、情けなっ」と呆れツッコミ。最終的にはなりふり構わずレースにかける大悟の姿にスタジオは爆笑となっていた。

※番組情報:『チャンスの時間
番組の模様は、「ABEMA」にて配信後1週間無料で視聴可能

PICK UP