<高校バスケ>前年王者と優勝候補、東と西の2年生スーパースターは「親友でありライバル」

公開: 更新: テレ朝POST

2023年12⽉23⽇(⼟)〜29⽇(⾦)にかけて行われる「SoftBank ウインターカップ2023」(令和5年度 第76回全国⾼等学校バスケットボール選⼿権⼤会)。

この“高校バスケ冬の風物詩”にして日本一を決める最高峰の大会で連覇を目指すのは、昨年初優勝した新潟県の開志国際高等学校(新潟)だ。

夏のインターハイでは3位に終わった開志国際だが、11月には「U18日清食品トップリーグ2023(男子)」で初優勝。今年のウインターカップでもやはり、優勝候補の筆頭に挙げられている。

その開志国際の注目選手といえば、2年生エースの平良宗龍(しゅうたつ)だ。

昨年のウインターカップ決勝、当時1年生ながら4本連続3ポイントを決めるなど優勝に大きく貢献し、一躍ヒーローになった平良。

勢いそのままに、今年1月には昨シーズンのBリーグ王者・琉球ゴールデンキングスにて特別指定でBリーグデビューも果たす。

日本代表・河村勇輝(横浜ビー・コルセアーズ)でさえBリーグデビューは高校3年時だったことを考えれば、1年生でBリーグのコートに立った平良のスーパールーキーぶりは説明の必要がないだろう。

今年のウインターカップでも最も注目すべき選手のひとりである平良だが、そんな彼には“絶対的なライバル”がいる。

東山高等学校(京都)の2年生、瀬川琉久(りく)だ。

◆優勝候補の2年生エースたち。“親友でありライバル”

(左:瀬川琉久、右:平良宗龍)

センス抜群で、どこからでも点を決める。緩急つけたクロスオーバーからのドライブ、ダブルクラッチなど、そのプレーで観客を魅了する瀬川琉久。他校の選手からも「とにかくめちゃ上手い!止められない!」と認められる世代別エースのひとりだ。

平良とはミニバス時代からポジションも一緒のため仲が良い友人で、互いに意識するライバルでもある。

2年前、中学時代の「Jr.ウインターカップ」2回戦で対戦していた2人。このときは瀬川が勝利したが、同試合で瀬川は31得点、平良は30得点。ともに飛びぬけた活躍をみせていた。

また、高校1年秋の対戦時には、

平良:「ライバルは、東山の瀬川です。去年のJr.ウインターカップで僕が30点、琉久が31点で負けたので、今度は絶対に負けたくない!」

瀬川:「ライバルは、開志国際の平良です。去年のJr.ウインターカップで僕が31点、宗龍が30点でしたが、完全に負けた感じがしたので、今度は絶対に負けたくない!」

と、試合前のインタビューで偶然にもまったく同じことを話していた2人。冬のウインターカップに向け、スーパールーキー同士のライバル争いに注目が集まっていた。

◆高校に入りひっくり返った“注目度”

しかし、昨年のウインターカップ京都予選。瀬川擁する東山高校は県予選で負けてしまい本選出場を逃す。

夏のインターハイにも出られず、全国デビューが叶わなかった瀬川。ミニバス時代から順風満帆だった彼にとって、人生で初めてともいえる“敗北”の1年となった。

一方、開志国際に入った平良は、スタメンで出場したインターハイでは準優勝、そしてウインターカップでは初優勝をもたらすなど、1年生にしてスタープレーヤーに。

Jr.ウインターカップのときには、チームが優勝も果たした瀬川のほうが一躍注目を浴びたが、高校に入ってからはその関係がひっくり返ったともいえる。

1年前、ウインターカップ京都予選で敗退したことに関して瀬川は、「今までJr.ウインターカップとか全国大会に出るって当たり前だったんですけど、こうやって予選で負けるってのが本当にめちゃめちゃ悔しくて…。やっぱり全国大会で活躍したいっていう風に思っていて、それに出られないっていうのは本当に悔しい」とコメント。

ウインターカップ決勝は、テレビ越しで平良の優勝シーンを見ていたという。

「本当に悔しくて、画面越しでずっと見てて、感情も何もないまま悔しいなって。今度こそ、チームも勝って、初めて僕が宗龍に個人的に勝ったと思えるので、そこは楽しみしかない。絶対勝利に導きたいと思います」と並々ならぬ思いを口にしていた瀬川は、今年夏にはインターハイに出場。

率いる東山高校は準優勝の好成績を残し、全国デビューした瀬川にはふたたび大きな注目が集まっている。

◆11月の激闘…試合後には涙

そんな瀬川と平良は、今年11月の「U18日清食品トップリーグ2023(男子)」でウインターカップ前に直接対決を果たした。

ともにリーグ戦無敗同士という状況で戦った東山と開志国際。

序盤、波に乗ったのは東山。瀬川も得点を重ね、13点差をつけ優位にゲームを進める。一方の平良は、この日序盤は不調。すると平良は、ディフェンスのスイッチをオン。瀬川を徹底的にマークするフェイスガードを始めた。

試合後に平良は、「あの時は本当に調子が悪くて、オフェンスの部分で貢献できていなかったので、その分ディフェンスとかリバウンドで貢献しようと思って。瀬川に乗られたら厄介だったので、そこは絶対止めるぞっていう意識でやってました」と振り返ったが、監督やチームメイトにも言わず、いきなり瀬川に対して徹底マークを仕掛けたのだ。

その後試合は一進一退が続き、平良も後半からは調子を取り戻し、第3クォーターでは開志国際が逆転に成功。試合終了残り1分7秒で81‐81の同点という激闘だったが、最終的には開志国際が86‐81で勝利を収めた。

ライバル同士の個人成績では、瀬川15得点、平良10得点。

数字で上回った瀬川だが、試合後には涙を流し、「自分の勝負どころの弱さ、自分の弱いところが試合を通して分かったので、それが本当に悔しかった」と話す。

また平良については、「1年生の頃はシューターとして任せられてたと思うんですけど、2年生になってチームのエースとしてゲームメイクだったり勝負所で決めるってのはすごいなと思いました」と称え、

「今回は自分のせいで負けてしまったんですけど、やっぱりウインターカップは絶対勝利に導きたいと思います。まだ1回も宗龍に勝ったっていう気持ちにはなっていないですね。開志国際とやったときも、得点では毎回勝ってるかもしれないけど、チームを勝たせられていないというのは、いても意味ないと思っているので。最後は準決勝でしっかりやっつけて、僕が上に行きます」

と冬のリベンジをあらためて決意していた。そして一方の平良も、

「いやぁ、本当に琉久に勝っているイメージは全然なくて、チームとしても負けることはありますし、高校入ってからは開志国際が勝ってるんですけど、その中でも琉久のプレーに勝ったっていう実感はまだ本当に1回もないので、そこは勝ちたい気持ちはあります。まずはチームの勝利が優先ですけど、個人としても勝ったっていう気持ちになれるくらい,、自分でもやりたいと思います」

と話し、瀬川とのマッチアップについては、「やっぱうまかったですね(笑)。持たれたら止められなくなっちゃうので、その前で抑えることを意識しました」と、こちらも友でありライバルのプレーを称えた。

成績で上回っても、試合に勝利しても、つねにライバル対決では「負けている」という感覚をもつ瀬川と平良。そこには飽くなき向上心と、お互いへのリスペクトがあるのだろう。そしてだからこそ、直接対決では互いに力が存分に引き出される。

「SoftBank ウインターカップ2023」では、勝ち進めば準決勝で当たる予定となっている2人。最高峰の舞台での対決が実現なるか、注目だ。

(取材:青木美詠子)

※関連番組・放送情報:

・『SoftBank ウインターカップ2023』
<男子決勝>
2023年12月29日 (金) 午後1時~、テレビ朝日系列にて生中継
<女子決勝>
2023年12月28日 (木) ひる12時~、BS朝日にて生中継

・『熱冬!高校バスケ デイリーハイライト ~SoftBank ウインターカップ2023~
テレビ朝日にて放送(関東地区)
12月23日(土)深夜1時00分~1時15分
12月24日(日)深夜1時10分~1時25分
12月25日(月)深夜0時15分~0時30分
12月26日(火)深夜0時15分~0時30分
12月27日(水)深夜0時15分~0時30分
12月28日(木)深夜0時15分~0時30分
12月29日(金)深夜0時04分~0時19分

・『熱冬~高校バスケSoftBankウインターカップ2023~』
2023年11月5日(日)スタート、毎週日曜日よる10:54~11:00(全8回)、テレビ朝日(関東地区)

・『バスケ☆FIVE 日本バスケ応援宣言』
毎週金曜深夜1:15~1:30、テレビ朝日(一部地域のみ)

PICK UP