ななまがり森下、“逮捕ドッキリ”で放心状態…。ニセ警官の突入に千鳥ノブ「おもしろすぎる」

公開: 更新: テレ朝POST

千鳥がMCを務めるバラエティ『チャンスの時間』(ABEMA SPECIALチャンネル)。

12月17日(日)は、芸人が過去に犯した“罪に問われるかもしれない”事案でニセ警官に逮捕されるドッキリを仕掛け、どんな反応をするのかを見ていく企画「年末やらかし芸人一斉検挙SP 逮捕の瞬間5連発」が放送された。

©AbemaTV,Inc.

スタジオでは、このドッキリ企画のきっかけを作ったマユリカが、千鳥とドッキリの模様を見届けた。

今回ドッキリのターゲットとなったのは、ななまがり森下直人、トム・ブラウンの布川ひろき、ラブレターズの溜口佑太朗、キュウのぴろ、ニッポンの社長のケツの5人。

ななまがりの森下へのドッキリでは、森下がネタで扮するキャラクター“キモお兄さん”のライブで、「自分の汗で作ったおにぎりを嫌がるスタッフに保管させた」と、“強要罪”の疑いをかけられることに。

マネージャーから知らせを受けた森下は「いや、やばいって」と放心状態となり、仕掛け人である相方の初瀬悠太が席を外し1人になると奇声を発して椅子から崩れ落ち、そのまま床に寝転がってしまう。

©AbemaTV,Inc.

さらに、「嫌やって、ずっと『M-1』とか『キングオブコント』とかテレビとか頑張ってさ…。キモお兄さんの塩おにぎりで人生終わるの」と項垂れる森下に追い討ちをかけるように、マネージャーから「逮捕の方向」で進んでいるとの連絡が…。

「終わった、ごめん」と初瀬に謝罪しながらも、「やっちまったのか、そんなに悪いことしたか」と憤っていると、混乱状態の森下のもとにニセ警官が突入する。

しかし、突然やってきたニセ警官を対して森下が発した言葉に、ノブも思わず「おもしろすぎる」とコメントするほどスタジオでは笑いが起きる展開となっていた。

※番組情報:『チャンスの時間
番組の模様は、「ABEMA」にて配信後1週間無料で視聴可能

PICK UP