有馬記念の優勝馬は「この一頭しかいない」 “サイン理論”で導き出した予想に千鳥ノブも感心

公開: 更新: テレ朝POST

千鳥がMCを務めるバラエティ『チャンスの時間』(ABEMA SPECIALチャンネル)。

12月17日(日)の同番組では、12月24日(日)に開催される「有馬記念」の結果を予想する年末のお馴染み企画「世相を読めば優勝馬がわかる 有馬記念 大予言SP」が放送された。

©AbemaTV,Inc.

今回はゲストに岡野陽一、元テレビ東京アナウンサーの森香澄を迎え、大悟と3人でその年の世相から答えを導き出す“サイン理論”で2023年の優勝馬を予想した。

©AbemaTV,Inc.

なかでも「サインって基本プレゼンターからくる」とし、収録時にまだ2023年のプレゼンターが発表されていなかったことから「まずプレゼンターを予想しました」とはじめた岡野。

はじめは「めんどくさいな」と聞いていたノブだったが、最終的にズバリ「この一頭しかいない」と言い切った岡野の予想にノブは「よくここまで辿り着いたな」と感心していた。

©AbemaTV,Inc.

※番組情報:『チャンスの時間
番組の模様は、「ABEMA」にて配信後1週間無料で視聴可能

PICK UP